職種ガイド

「アパレル業界ってお金を稼げるのか…」「販売職からのキャリアアップって本当にできるのか…」「店頭に立つ販売ではなく本社で働きたい!」「アパレル業界で働いてみたい!」

などなど…アパレル業界でのキャリアアップに対して期待や不安等、思うことが色々あるのではないでしょうか?

そうした将来・未来への不安は業界を知ることで解決できます。

今回の記事を通して、アパレル業界の職種を知り、どうすれば、自分の希望する職種に就くことができるのか、販売職から総合職やその他専門職のキャリアアップができるのか参考になればと思います。

アパレル業界の主な職種

ただ漠然と本社で働きたい、販売職以外で働きたいという前に、まずは実際にどのような職種があるのかを知って、その中で自分が働きたいと思える輝ける職種を見つけてみましょう。

アパレル業界で働く場合に一番最初にイメージするのは販売職ではないでしょうか。

ファッションアイテムを購入する際、お店に足を運べば当然販売員の方と接しているわけですからイメージすることも容易なはず。

ですが、今回の記事では販売職、専門職、総合職の大きく3つに分類した中から紹介していきます。

1.販売職

仕事

販売職は主に店舗などで企業やブランドの売り上げをつくる職種です。

販売員(ショップスタッフ)

販売員(ショップスタッフ)は店頭に立ち商品を販売する人のこと。ただ売るのではなくブランドのコンセプトやイメージをお客様に伝える役割を担う大切な職種です。

ただ販売するだけでなく、自分が広告塔になりお客様にブランドイメージを伝え、ファンを増やしていくことが大切なため、「この人から服を買いたい」と思ってもらえるような、自分自身のブランディングも怠ることができません。

店舗を運営するためには商品を販売する以外にも、在庫の管理や売り場作り、顧客管理などたくさんの仕事があります。

接客力はもちろん、一日を通しての立ち仕事やバックヤード(商品の在庫などを管理するスペース)での仕事は、想像以上に体を使うため、ある程度の体力も必要です。

READY TO FASHIONで販売員(ショップスタッフ)の求人を見る

店長

店長とはその店舗の運営を任された人のことを言います。従って、その店舗での全責任を負う人ということになります。

販売員(ショップスタッフ)になったあと、多くの人は店長を目指して働きますが、店長の仕事は目に見えない仕事も多いため、憧れの店長になれたけれど、想像以上に大変な思いをすることも少なくありません。

店舗での接客はもちろん売上を上げるためにどうすることが最適か考えながら仕事をします。

商品の仕入れを考えたり、在庫を管理しながら、商品の回転が良いお店を目指します。

本社やテナントとの連携も店長の仕事で、店舗の商品動向や来店者動向を把握して本社へ報告したり、本社からの指示を店舗で反映させることも求められます。

READY TO FASHIONで店長の求人を見る

2.専門職

仕事

専門職はその名の通り、専門的な技術を求められる職種です。

デザイナー

服のデザインを行なう専門職で、業界の主役と言っても良いでしょう。

デザイン能力に限らず、素材やパターン、縫製などその他の専門知識も必要になるため、服飾専門学校を卒業した人がこの職種に就くことが多いです。

市場や社会の動き、消費者の嗜好やトレンドなどに敏感なことが求められます。

以下に、エスモード パリ校を首席で卒業後、株式会社エイ・ネットに入社し、2014AWから 「tac:tac(タクタク)」をスタートした、デザイナー 島瀬 敬章さんのパネルディスカッションした際の記事を載せておきますので、そちらもぜひご覧ください。

READY TO FASHIONでデザイナーの求人を見る

パタンナー

デザイナーが描いたデザイン画を元に、洋服の型紙(=パターン)を作成する専門職です。

ほとんどのデザインはデザイナーとパタンナーが協力して作っていると言えます。

デザイナー同様、確実な技術と専門的な知識が必要となる職種です。

READY TO FASHIONでパタンナーの求人を見る

ソーイングスタッフ(縫製作業者)

洋服や小物などの布製品の縫製を手掛ける職種です。

仕上がりの美しさや正確さを求められる技術職で、時間内に商品を丁寧に仕上げる技術力と精神力を必要とされます。

手に職をつけることができる技術職なので、子育てや介護で家にいなければならないときも、自分が歳をとっても続けれる素敵な仕事です。

READY TO FASHIONでソーイングスタッフ(縫製作業者)の求人を見る

テキスタイルデザイナー

テキスタイルデザイナーとはテキスタイルのデザインをメインに行う職種です。

携わる分野はアパレル製品に限らず、ファッション雑貨やインテリア関係などさまざまです。

生地の素材・加工方法・配色など見た目から機能に至るまで、企画から生産を一貫して手掛けるので仕事内容も広く、色彩感覚やコミュニケーション能力など幅広い能力が求められます。

READY TO FASHIONでテキスタイルデザイナーの求人を見る

3.総合職

仕事

ファッション・アパレル業界の総合職は販売職、専門職以外の総称です。

総合職の業務は多岐にわたるので、ここでは主なものだけをピックアップして紹介します。

マーチャンダイザー(MD)

マーチャンダイザー(MD)は、商品販売の戦略を立てる役割を担っている非常に人気の高い職種です。

仕入や価格の計画、数量の設定などを行うため、トレンドや市場の動きをつぶさに観察しながら予測を立てることが求められます。

その判断が会社の利益に大きな影響を及ぼすので、強い責任感が求められる職種です。

過去当サイトで掲載した、三陽商会のタグラインである「TIMELESS WORK. ほんとうにいいものをつくろう。」を反映する「100年コート」でMDを担当する石田和孝さんのインタビュー記事と、株式会社マッシュスタイルラボの取締役MD本部本部長の須藤誠氏のインタビュー記事を載せておきます。

是非、こちらもご一読ください。

READY TO FASHIONでMDの求人を見る

バイヤー

生産元から店舗に並べる商品を買い付ける職種です。

いま消費者がどのような商品を求めているのか?など、常に消費者の嗜好やトレンドに敏感であることが大切になります。

”売れる”モノを見分ける選別眼は一朝一夕に養われるものではないので、その他の職種を経験してから就くことが多い職種です。

下に、株式会社トゥモローランド バイヤー室所属の田辺 雄一郎さん、山野邉 彩美さんによるパネルディスカッションを行っていただいた際の記事を載せておきます。

READY TO FASHIONでバイヤーの求人を見る

マーケター

特定の市場や企業をマーケティングする職業で、アパレル業界に留まらずいろいろな業界で活躍することのできる職種です。

マーケティングとは市場活動や販売戦略を考案して、企業の宣伝活動を行う活動を指します。

企業がターゲットとする顧客層の市場を調査して、自社の強みを発見・構築してから販売戦略を考案していきます。

最近では実店舗のマーケティングだけでなく、デジタル領域のマーケティングがより重要になってきています。

そのため、EC店舗での販売戦略やSNS運用などもとても大切です。

READY TO FASHIONでマーケターの求人を見る

営業

一般的に、アパレルの製造会社や卸問屋で勤務することが多く、自社ブランドを百貨店や専門店などの売り手に売り込むことが営業と呼ばれる職種の主な仕事です。

シーズンごとに行われる展示会の来場者から注文を受けることも重要な仕事です。

READY TO FASHIONで営業の求人を見る

EC担当者

ECサイト・ECモールでの運営業務を行う担当者になります。

EC担当者は、ECで売上を作るための運営業務を行います。

サイトを構築するエンジニアから、撮影業務のみを行う担当者まで幅広い業務があり、ECのなかでも具体的な業務内容は企業・ブランドによって大きく異なります。

一般的には、サイト上で商品を販売するために撮影を行ったり、お客様の対応を行うことを主な業務としている企業・ブランドが大半です。

READY TO FASHIONでEC担当者の求人を見る

生産管理(プロダクトマネージャー)

アパレル企業は工場を持たないところが多いため、商品の生産から流通までの全体を通して管理する人が求められます。

その業務を担当するのが生産管理(プロダクトマネージャー)です。工場の選定から納品までの道筋を作り管理するとても重要な職業です。

READY TO FASHIONで生産管理(プロダクトマネージャー)の求人を見る

ディストリビューター(DB)

発注した商品を店舗に分配ながら、在庫をコントロールする職種です。

店舗一つ一つの特徴や売れ筋を把握して、それぞれの商品の色やサイズの枚数をディストリビューター(DB)が振り分けていきます。

店舗間で在庫を移動させ、売り逃しを防ぐのもディストリビューター(DB)の仕事です。

このことから、ディストリビューター(DB)は“商品の司令塔”と呼ばれています。

表には見えない仕事ですが、企業・ブランドを支える大切な役割です。

READY TO FASHIONでディストリビューター(DB)の求人を見る

スーパーバイザー(エリアマネージャー)

小売業の店舗運営における指導やアドバイス、仕入れの判断などのサポートを行う職種です。

店舗の店長や、販売員(ショップスタッフ)とのコミュニケーションも円滑に行い、会社として売上向上を目指していきます。

複数店舗を巡回しながら、各店舗の売上を伸ばすために問題点・改善点を洗い出し、それを基に改善指示します。

本社と店舗の間に立つ重要なポジションで、それぞれとの間で発生する問題の発見と解決も大切な業務の1つです。

また、スーパーバイザー(エリアマネージャー)は、本社の意向を販売現場である店舗に徹底させながら、店舗からあがる現場の声を本社に届けるパイプ役になるため、会社全体の運営に深く関わることになります。

READY TO FASHIONでスーパーバイザー(エリアマネージャー)の求人を見る

VMD

ヴィジュアルマーチャンダイジングの略称で、店舗の内装やレイアウト、ディスプレイの指示・管理などをして視覚的なMDを行う職種です。

売れ筋の商品を消費者に訴求をするために店頭の一番目につきやすいところに陳列するなど、VMDによる施策は実店舗の売り上げに直結します。

MD同様にトレンドや市場、売り上げの分析をしながら、なおかつそれを視覚的な施策に落とし込む能力が求められます。

視覚情報が重視される昨今において、その職能の重要度は年々高まっています。

READY TO FASHIONでVMDの求人を見る

広報(プレス・PR)

ブランドの商品広報・宣伝の担当者を指します。メメディア媒体などへの商品情報の発信や商品の貸し出し、広告の掲載や商品発表会の企画・実施などなど、かなり業務内容が広い職種です。

ショップへの集客や売上向上のためのイベントの計画から実施までを担当します。

雑誌などのメディアにプレスの方が出ていることもしばしばある会社の顔とでもいえる存在です。

MDと共に非常に人気の高い職種です。

過去当サイトで掲載した、株式会社トゥモローランドに入社してわずか二年目にしてプレスを担当する井上さんと人事部である雫田さんのインタビュー記事を載せておきます。

READY TO FASHIONで広報(プレス・PR)の求人を見る

スタイリスト

スタイリストは案件に対して洋服をスタイリングする仕事で、ファッションコーディネートのスペシャリストと言われています。

テレビや舞台、広告作りの現場で担当者の指示に従い、ファッションコーディネートを考えます。

企業の重役などの専属となりその人の立場とTPOにあったスタイリングをすることもあります。

イベントに特化したスタイリストはブライダルやファッションショーの現場でスタイリングをします。

ブランドが打ち出す新作のコンセプトに合わせて、素材や色などを加味しながらスタイリンをしていくので素材や色の知識も必要とされます。

READY TO FASHIONでスタイリストの求人を見る

4.自分の希望する職種、本社で働くためには?

いきなり自分の希望の職種に就けて、本社でバリバリ働くということはやっぱり難しいのが現実です。

総合職に就きたい人は、まず店頭に立って販売職からのスタートも悪くないのではないでしょうか?

焦らず、与えられた職務を全うし、結果を出しましょう。それが本社で働くための、何よりの近道でしょう。

ただキャリアアップに近道は存在します。

面接や内定者アルバイトの時から常に「自分はこの職種に就きたい!」という強い気持ち、熱量を人事担当の人や店長、そのなりたい職種のマネージャーに伝えておくことは大切です。

また、人当たりが良くて気が遣える、コミュニケーション能力が高いなどの人間力の部分、洋服に対しての意識と知識、ファッションが好きという気持ちも勿論大切です。就きたい職種に就けるように、まずは就活を乗り切りましょう。

これまでご紹介した以外にも、実際に業界の第一線で活躍している方々のインタビュー記事のURLを載せておくので是非読んで参考にしてみてください。

「登壇:シップス/ベイクルーズ」スター販売員の真髄とは?
「仕事とキャリア」いいかげんな旅をするな。
「人事」ファッション業界人になるということ。

READY TO FASHIONでは、ファッション・アパレル業界の様々な求人情報を掲載しています。

随時その情報を更新しているので、自分の就きたい職種に就くために早い段階から業界内でのアルバイト、インターンを経験しておきましょう。


text: READY TO FASHION MAG 編集部


READY TO FASHIONの登録はこちら

THEME