スタイリストはメディアに出る人の服装やファッションショーのコレクションなどで服装をコーディネートをする職種です。

アパレル業界の中でも特に人気や知名度が高く、憧れる人も多い職種です。

ですが、依頼内容が毎回異なることから休みも少なく不定休で規則正しい生活を送るのが難しかったり、衣装の運搬や管理もあるため体力も必要です。

華やかなイメージからは想像も付かないくらい厳しい職種とも言われています。

今回はそんなスタイリストの全貌について詳しく解説していきます。

スタイリストとは?

スタイリスト

スタイリストは案件に対して洋服をスタイリングする仕事で、ファッションコーディネートのスペシャリストと言われています。

テレビや舞台、広告作りの現場で担当者の指示に従い、ファッションコーディネートを考えます。

企業の重役などの専属となりその人の立場とTPOにあったスタイリングをすることもあります。

イベントに特化したスタイリストはブライダルやファッションショーの現場でスタイリングをします。

ブランドが打ち出す新作のコンセプトに合わせて、素材や色などを加味しながらスタイリンをしていくので素材や色の知識も必要とされます。

働き方は多岐に渡り、スタイリスト事務所に所属したり、フリーランスで活躍している人もたくさんいます。

表からは見えない仕事ですが色々な現場で求められる職種です。

最近では一般の方の買い物に同行してその人に合ったコーディネートを提案するという働き方もあります。

スタイリストの仕事内容

スタイリスト

スタイリストはファッションコーディネートをすることが大きな仕事ですが、そのための衣装の管理や確認など、コーディネート以外にも細かい作業も必要です。

事前準備

事前の打ち合わせに参加して仕事の内容を把握します。

誰をどのようにスタイリングするのか、スタイリングするモデルの意向やヘアメイクを確認し、コーディネートするアイテムやアクセサリーなどの小物をブランドの広報担当者と連絡を取ったり、直接お店に出向いたりして集めます。

これらをどこからリースして、いつ返却するのかなどの管理も仕事の1つです。

【関連する職種】
広報(プレス・PR)
・カメラマン
・編集者、ライター

当日の現場に同行

当日の現場では決めたアイテムや小物に間違いはないか、サイズはあっているかなどを確認します。

ほこりを取ったり、アイロンがけをしたり、サイズがあっていないときには縫製で調節したりして、きれいなスタイリングに整えていきます。

【関連する職種】
・カメラマン
・モデル
・芸能人

撮影後の確認・返却作業

撮影が終了したらリースしてもらった衣装に不備がないか確認して返却します。

撮影協力をしてもらったブランドがエンドロールにもれなくのっているかなどを確認したり、雑誌の撮影の場合は原稿をチェックします。

【関連する職種】
広報(プレス・PR)
・カメラマン
・編集者、ライター

スタイリストに求められるスキル・素質

スタイリスト

スタイリストが主に求められるのは現場での行動力や、スタイリングする上での能力です。

特殊なスキルもありますが、努力して身につけられる好スキルもたくさんあります。

情報収集能力

ファッションのトレンドや日々変化します。

スタイリストはそれに対応するため一人前になってからも勉強し、情報を収集し続ける必要があります。

情報収集能力は仕事に良し悪しに直結します。

どこから有力な情報を収集できるか、どのような情報を収集するべきか、常にアンテナを張っていることが重要です。

ファッションセンス

一番に大切なのはファッションセンスと言っても過言ではありません。

案件の意図にそったコーディネートをしつつ、自分の名前を売るために独自のセンスでスタイリングする必要があります。

センスは情報収集能力である程度カバーできる点もありますが、活躍できるスタイリストはそれとは別に独自のファッションセンスを持っている場合が多いです。

柔軟さ

依頼や撮影にはそれぞれテーマがあります。

テーマによりコーディネートするアイテムやテイストは違います。

どんなテーマでもそれにあったスタイリングができる柔軟さと知識が必要です。

また、いざ準備して撮影に挑んでも予定通りに行かないことも多々あります。

そんなときに臨機応変に対応して、変更できる柔軟さが求められます。

フットワークの軽さ

たくさんの数の衣装やアイテムを集めるため、フットワークの軽さも大切な能力の1つです。

現場で急に何かが必要になり、それをすぐに手配し解決できるフットワークの軽さもとても重要です。

スタイリストになるために必要/有利な資格

資格

スタイリストになるために必要な資格はありません。

資格よりも現場での経験やファッションセンスが必要になります。

有利な資格はファッション系のものがいくつかあるので紹介します。

ファッションビジネス検定

一般財団法人日本ファッション教育振興協会が主催するファッションビジネスの知識全般が問われる検定です。

3級から1級まであり、受験資格はそれぞれ特別設けられていません。

ファッションの全体的な幅広い知識が求められます。

【応募サイト】
ファッションビジネス検定

色彩能力検定(AFT)

色彩検定協会主催の色に関する資格です。

カラーコーディネーターとしての知識を身に着け、仕事に活かすことができます。

必須資格ではありませんが、スタイリングする際は着せる人やテーマに合わせた色選びで全体の雰囲気を左右するためとっておくと有利でしょう。

【応募サイト】
色彩能力検定(AFT)

スタイリストになるためのキャリアプラン

採用条件

スタイリストはファッションやアパレル関係の専門学校や学科を卒業している人がほとんどです。

そこからの人脈を生かして仕事につながることもたくさんあります。

転職でスタイリストを目指す場合は、アパレル系の他の職種での実務経験があると採用されますい傾向にあります。

スタイリストはなりたい人が多いのに求人がとても少ないため、他の職種よりも倍率が高くなります。

始めからスタイリストとして働くことは難しく、初めの何年かはアシスタントとしてスタイリストの人に付き、雑務を行いながら業務を学び経験を積みます。

アシスタントのうちは収入が不安定なことも多くあります。

求人がでていなくても働けないかどうかお願いしたり、有名スタイリストにアシスタントとして働けないか直談判できる行動力が必要です。

現在スタイリストを募集中の企業

スタイリストは競争率が高く、大変な仕事ですが、自分のコーディネートしたスタイリングが話題になったり、現場の人に喜んでもらえたりと、目に見えて成果がわかる仕事です。

ファッションが好きならとても喜びを感じることのできる仕事だと思います。

もし興味があれば、READY TO FASHIONでも募集しているので、是非応募してみてください。

READY TO FASHIONで求人を見る


【参考文献】
「ファッション辞典(第4版)」(大沼淳、萩村昭典、深井晃子 監修、文化出版局、1999)
「増補新版 図解服飾用語辞典」(杉野芳子 編著、ブティック社、2003)
「1秒でわかる!アパレル業界ハンドブック」(佐山周、大枝一郎、東洋経済新報社、2011)
「ファッション業界大研究[第2版]」(ファッション&ソフトマーケティング研究会 編著、産学社、2019)
「ファッション業界大研究【改訂版】」(オフィスウーノ 編、産学社、2008)
「アパレル素材企画 プロフェッショナルガイド」(野末和志、繊研新聞社、2019)
「役に立つアパレル業界の教科書」(久保茂樹、文芸社、2016)


text:morinagi
profile:文化服装学院卒業後、勢い余って中国に就職。帰国後にアパレル系商社で生産管理や企画を経験したのち、現在はフリーランスでアパレル系の仕事をする傍ら、ライターとして活動中。就職活動をするときはいつも就職氷河期だったので、試行錯誤しながら戦ってきました。縫製工場が好きすぎて、見学させてもらうのが趣味です。そのためアパレル産業を工業的視点で解釈する癖があります。三種の神器はMacBook AirとJIKI SL-280と日中英服装技術用語辞典。


THEME