アパレル業界業種ガイド決定版

ひとくちにファッション・アパレル業界といっても、さまざまな業種が存在します。

この記事では、ファッション・アパレル業界の業界構造から、代表的な業種やその役割までを詳しくご紹介いたします。

まず、ファッション・アパレル業界では、服の原料となる糸や生地の生産から商品が消費者の手元に届くまでの業界の構造を、川の流れに例えて「川上」「川中」「川下」と3つの区分で分類しています。

それぞれ、川上:原料や材料を生産する業種、川中:原料や材料から商品をつくる業種、川下:商品を消費者へ販売する業種を指します。

具体的に、川上・川中・川下にはどんな業種があるのか?

川下から川上にのぼっていく流れでご紹介します。

1.川下の業種

アパレル業界の川下の業種

アパレルを消費者に販売する業種を区分して、「川下」と呼びます。

小売業段階の業種を指す言葉ですが、川中から川下までの機能を持つSPAなどの業種も現れているため、その区分は年々曖昧になっています。

アパレル小売

アパレル小売は、メーカーなどから仕入れたアパレルや服飾雑貨を消費者に販売する業種です。

百貨店、量販店、専門店、総合スーパー、ファッションビル、ショッピングセンター、セレクトショップ、ECなどが小売企業にあたります。

大きく分けて、リアルで店舗を運営する店舗小売業と、通信販売や訪問販売を主な販路とする無店舗販売小売業の2種類があります。

店舗小売業は、実店舗の運営や接客それに伴うサービスの展開を行います。

近年はEC領域の発展により無店舗販売小売業が好調です。

オムニチャネル・コマースという実店舗とECを越境した販売施策も盛んに取り入れられ始めているため、店舗小売業と無店舗販売小売業の境界は徐々に薄れています。

また、中にはアパレルメーカーの機能を持ってSPAに業種を転換する企業も増えています。

アパレル小売の企業の例

大丸、丸井、イオン、しまむら、東急、ZOZO、MAGASEEKなど

2.川中の業種

アパレル業界の川中の業種

アパレルを生産・流通する業種を区分して、「川中」と呼びます。

1970年代頃まではアパレルの生産のみを行う業種を指していましたが、現在では生産に加えて商品企画も行う業種という認識が一般的になっています。

繊維二次産業とも呼ばれることもありますが、この表現はあまり定着しているとは言えません。

アパレル商社(繊維商社)

そもそも商社とは、あらゆる分野の商品やサービスを取り扱い、企業間で取引を行なう流通を主とする大型卸売業を指します。

扱う商品の種類によって総合商社と専門商社に分けられており、アパレル商社は特定の分野に特化した専門商社に当たります。

国内外から商品を仕入れますが貿易業の比率が高く、インポートブランドの輸入や海外ブランドのライセンス権を取得して展開するライセンスビジネスなどがその業務内容となります。

主な収入源は、企業間での取引で発生する手数料です。

アパレルメーカーと混同しやすいですが、アパレルメーカーは衣料品の企画・生産を中心に行う企業のことであり、生産された商品は販売を目的に商社へ卸されることもあるため、アパレル商社の方がより幅広い業務内容になっています。

アパレル商社(繊維商社)企業の例

スミザック、伊藤忠商事など

アパレルメーカー

アパレルメーカーは、商品の企画・生産をしてアパレル小売に商品を流す業種です。

本来は自社生産の製造業のみを指す名称でしたが、国内では卸売までを行う製造卸売業である場合が多いため、それらも含めてアパレルメーカーと呼びます。

婦人服や子供服などの特定ジャンルに絞った専業型のアパレルメーカーも多く存在します。

似ている業種としてSPAが挙げられますが、SPAはアパレルメーカーが担っている商品の企画・生産の機能に加えて、自社で販売までを手掛けている点が大きく異なります。

ただし、直接消費者の声を聞くことで企画力は高まるため、自社ブランドの直営店を出すなどしてアパレル小売同様、SPAに業種を転換する企業も年々増えています。

アパレルメーカー企業例

ワールドプロダクションパートナーズ、DAYSなど

OEM

OEMとは、「Original Equipment Manufacturing(Manufacturer)」を略語で、製造の発注を依頼された企業の名義やブランド名で販売される商品を製造する業種のことです。

発注側の企業によるデザインや仕様に基づいて商品を製造します。

一般的に「相手先商標製造」「相手先ブランド製造」などと訳されます。

OEM企業の例

華和紡商事、サンローレル、ティーオーなど

ODM

ODMとは、「Original Design Manufacturing(Manufacturer)」の略語で、OEM同様に発注をうけて商品を製造する代行業です。

商品の製造だけを代行するOEMとは異なり、ODMではデザインなどの企画や設計から行って商品を製造するため、OEMの発展形態と考えることもできます。

製造のプロセスを発注側が省略できることが、発注側にとってODMへ依頼するメリットになります。

また、デザイナーやパタンナーなどの企画開発担当などを社内に置かなくてもいいため、人件費削減にも繋がります。

他業界ではOEMがODMに発展したように、ODM企業が自社ブランドの商品の企画や設計から販売までを行うOBM「Original Brand Manufacturing(Manufacturer)」という業種に発展するケースも一部あります。

ODM企業の例

ルックモード、MYKなど

SPA(川中〜川下)

SPAとは「specialty store retailer of private label apparel」の略称で、一般的に製造小売業と訳されています。

アパレル小売とアパレルメーカーそれぞれの機能を併せ持つ業種で、商品の企画から生産、販売までを一貫して行います。

卸売業者などの流通の中間段階を必要としないためコストの削減ができ、値段を抑えて消費者に商品を提供できる点も特徴です。

利益幅が大きい点や移り変わる消費者の嗜好を迅速に商品に反映させることができる点などのメリットもあります。

ただし、工場に商品の生産を発注するには一定量の生産ロット(生産数)が必要になるため、その分を売り切るだけの販売ルートと販売スケールが求められます。

ちなみに、アメリカのギャップ(GAP)がその原型であり、「SPA」という略称は、アパレル業界紙「繊研新聞」編集部による造語だと言われています。

SPA企業の例

ファーストリテイリング(「UNIQLO(ユニクロ)」)、インディテックス(「ZARA(ザラ)」)、 H&Mヘネス・アンド・マウリッツ(「H&M」)ギャップ(「GAP」)など

3.川上の業種

アパレル業界の川上の業種

アパレル素材産業とも言われ、アパレルの素材を生産・流通する業種を区分して、「川上」と呼びます。

川上をさらに大きく分けると、紡績や染色等加工など繊維素材にまつわる業種を繊維素材産業、繊維素材をテキスタイルにする工程を扱う業種をテキスタイル産業と分類できます。

繊維一次産業とも呼ばれることもありますが、この表現は繊維二次産業同様、あまり定着しているとは言えません。

テキスタイルコンバーター

テキスタイルコンバーターとは、生地メーカーとアパレルメーカーとの間に入る生地問屋の中で服地製造卸業を専門とする業種です。

自ら企画・生産のリスクを負って、紡績メーカーや織物メーカー、染色整理加工業といった企業・工場とやり取りを行いながら、原料の仕入れから工場への発注、アパレルメーカーへの卸売を行います。

アパレルメーカーなどから寄せられた要望を受け、トレンドやアパレル業界の動向を分析した上で具現化して納品するため、高い企画力が求められます。

近年はアパレルメーカーやブランドが直接テキスタイルメーカーとやり取りすることも増えていますが、テキスタイルには色や風合いという付加価値がつきものであり、その付加価値を創り上げていくのがテキスタイルコンバーターの役割になります。

ちなみに、アメリカでは生機(製造直後の染色加工などを経ていない織物のこと)を仕入れて、染色やプリントなどの加工をして販売する業種のことを指します。

テキスタイルコンバーター企業の例

東レ、ニッケテキスタイルなど

テキスタイルメーカー

テキスタイルメーカーは、アパレルメーカーが企画生産した商品をアパレル小売等へ卸すのと同様に、アパレル商品に使われる生地(テキスタイル)の企画・生産を行います。

テキスタイルメーカーは、主にテキスタイルコンバーターやアパレルメーカーなどとやり取りを行い、製造した生地を卸売します。

テキスタイルメーカー企業の例

三政テキスタイル、ロベリア、クリーンなど

繊維メーカー

テキスタイルをつくるための糸などの素材を生産する業種です。

繊維素材は綿や麻などの天然繊維と、石油などの原料からつくるナイロンやレーヨンなどの人工繊維の大きくわけて2種類あり、それぞれ専業として生産する企業がいくつも存在します。

アパレルに限らず、自動車業界など幅広い領域で活躍しているケースも多いです。

繊維メーカー企業の例

東レ、旭化成、帝人など

4.その他の業種

アパレル業界のその他の業種

川上・川中・川下とアパレルの流通構造上で区分されるそれぞれの業種を見てきましたが、アパレル産業は当然の事ながら、その周辺領域の業種の企業によって支えられています。

ここではアパレル産業を支える業種のほんの一部を紹介します。

プレス(アタッシュドプレス/PRエージェンシー)

発注側のブランドや企業、プロジェクトなどを対外的にPRする役割を担う業種です。

雑誌などの媒体広告・カタログ作成、ファッションショーや展示会などのバイヤー向けオーダー促進イベントの企画、顧客への販売促進計画、さらにスタイリストを通じてテレビ・雑誌・芸能界へ商品を貸し出してメディア露出を狙うなど、発注側に代わってブランドイメージ戦略を展開します。

プレス企業の例

ifca showroom、T-PLANNINGなど

まとめ

川下から川上にのぼっていく流れで、ファッション・アパレル産業の代表的な業種を紹介してきました。

今回取り上げたのは、ファッション・アパレル産業全体を構成する業種の一部です。

マーケティングを専門とする業種や物流を担う業種など、ほかにも多くの企業がこの業界を成り立たせています。

READY TO FASHIONでは、ファッション・アパレル業界の様々な求人情報を掲載しています。

随時求人情報を更新しているので、興味を持った求人があれば是非応募してみてください。

READY TO FASHIONで求人を見る


【参考文献】
「ファッション辞典(第4版)」(大沼淳、萩村昭典、深井晃子 監修、文化出版局、1999)
「増補新版 図解服飾用語辞典」(杉野芳子 編著、ブティック社、2003)
「1秒でわかる!アパレル業界ハンドブック」(佐山周、大枝一郎、東洋経済新報社、2011)
「ファッション業界大研究[第2版]」(ファッション&ソフトマーケティング研究会 編著、産学社、2019)
「ファッション業界大研究【改訂版】」(オフィスウーノ 編、産学社、2008)
「アパレル素材企画 プロフェッショナルガイド」(野末和志、繊研新聞社、2019)
「役に立つアパレル業界の教科書」(久保茂樹、文芸社、2016)

text: READY TO FASHION MAG 編集部

THEME