ファッション・アパレル業界の販売 / 店長系求人一覧

アパレル販売ってなに?

アパレル販売は店頭に立ち商品を販売する職種です。ただ売るのではなくブランドのコンセプトやイメージをお客様に伝える大切な役割を担っています。

アパレル販売ってどんな仕事?

アパレル販売には、バックヤードで在庫を整理、管理したり、来客促進のためにブランドや店舗について発信したりする他の仕事もたくさんあります。アパレル販売から店長、副店長になれば、店舗全体の考えた管理業務の割合も増え、スタッフの教育などの仕事も大切な仕事です。

アパレル販売ってどんな人?

アパレル販売はお客様に対して丁寧に接客をしたり、商品の説明・提案を細やかにすることが求められる仕事です。 高いレベルのコミュニケーション能力が必要で、消費者のニーズを引き出せるような聞き上手な人が、アパレル店員の適正があると言えるかもしれません。

アパレル店長ってなに?

アパレル店長とはその店舗の運営を任された人のことを言います。従って、その店舗での全責任を負う人ということになります。アパレル店長は店舗での接客はもちろん売上を上げるためにどうすることが最適か考えながら仕事をします。商品の仕入れを考えたり、在庫を管理しながら、商品の回転が良いお店を目指します。

アパレル店長ってどんな仕事?

アパレル店長の仕事はデスクワークやバックヤード(商品の在庫管理や事務作業を行うスペース)での作業も多くあります。アパレル店長はアパレル販売同様に、接客もこなさなければならないため、日々の勤務は想像以上に時間に追われる分、やりがいを強く感じられる職種と言えるでしょう。

アパレル店長になるためには?

アパレル店長になるにはアパレル販売としての経験を積む必要があります。アパレル販売からアパレル店長になるには他の人よりも良い売上を上げていたり、前向きであったりと周りに評価してもらえる要素があるとアパレル店長への道も早くなります。短い人だと2〜3年で副店長や店長になることもあります。