マーケッターという職業。響きはかっこいいですが、何の仕事をする職種なのかご存知ですか?

マーケッターは特定の市場や企業をマーケティングする職業で、アパレル業界に留まらずいろいろな業界で活躍することのできる職種です。

マーケティングとは市場活動や販売戦略を考案して、企業の宣伝活動を行う活動を指します。

ですが、実際はどのような実務をしているのかよくわかならいというのが正直なところだと思います。

今日はそんなマーケッターの仕事について詳しく解説していきます。

マーケッターとは?

マーケッター

マーケッターとは主に企業の販促・宣伝活動を行う職種です。

企業がターゲットとする顧客層の市場を調査して、自社の強みを発見・構築してから販売戦略を考案していきます。

ブランドイメージと連動させた販売戦略の企画、立案を行い、社内でプレゼンして、決定すればそれを実行に移します。

それにともなった予算管理やその企画の運用、在庫や人員の確保などもマーケッターの業務に含まれます。

実行後には結果を分析して、次の戦略に活かすというサイクルを何度も繰り返します。

最近では実店舗のマーケティングだけでなく、デジタル領域のマーケティングがより重要になってきています。

SNSから新たなトレンドが生まれたり、消費者の意見を得ることもたくさんあります。

そのため、EC店舗での販売戦略やSNS運用などもとても大切です。

マーケッターの仕事内容

仕事

マーケッターの主な仕事内容は「市場調査」と「販売戦略について」です。

実店舗やWEB上の市場を調査して販売戦略を打ち出し、少ない時間とコストで売上を上げることがマーケッターの一番の仕事内容となります。

そのためには売上に直結する企画を打ち出すことが大切です。

市場調査

実店舗でのトレンドリサーチはもちろん、国内外のSNSやWEB上でのファッショントレントや競合他社の調査も行います。

昨今ではSNSによるアプローチは大きな効果を呼ぶことも多く、大きな市場となっています。

トレンドに関わらず、ターゲットとする顧客のフィールドを調査することも大切です。

顧客情報から年齢や性別、地域、購入履歴などを細かく分析して、顧客層のライフスタイルや金銭感覚などを数字やデータの観点から調査して効果的な戦略を打ち出します。

【関連する職種】
マーチャンダイザー(MD)
広報(プレス・PR)
EC担当者

販売戦略

市場調査を行った上で、顧客の目に留まるような販売戦略を考えていきます。

ブランドの売り出し方から商品の見せ方までマーチャンダイザー(MD)広報(プレス・PR)などの関係する職種の人とコミュニケーションをとりながら考案します。

ノベルティの考案やフリーペーパーとして顧客に配る冊子の考案することもあります。

また、販売戦略の広告商品の在庫調整や、人員確保など、一見マーケッターの仕事ではないよう見える裏方的な仕事も行います。

【関連する職種】
マーチャンダイザー(MD)
広報(プレス・PR)
VMD
店長
ディストリビューター

マーケッターに求められるスキル・素質

スキル

マーケッターは華やかに見える職種ですが、数字で判断されるシビアな職種です。

それでも成果出すためにはマーケティングスキルだけでなく、ある程度の他のスキルも必要になります。

具体的はスキルを見ていきましょう。

市場調査のスキル

実店舗や国内外の市場など、無数にある情報の中から有効なものを収集して、まとめていくスキルを指します。

普段からアンテナを張り、いろいろな情報を意識的に集めることを続けることで、それらが自分の引き出しになり、大きなスキルになります。

分析できるスキル

情報を収集するだけでなく、分析する力もマーケッターにとって、とても大切です。

売上向上に導くために「自社」、「顧客」、「競合」を分析する「3C分析」と呼ばれる手法や「プロダクト:製品」、「プライス:価格」、「プレイス:流通」、「プロモーション:販売総促進」から自社の価値を生み出す「4P」というフレームワークを使い分析できるスキルが必要です。

データや数で裏付けされた企画は直感よりも実行に移しやすく、採用されやすいので重要なスキルになります。

コミュニケーション能力

市場調査をし、それを社内会議で発表して共感してもらえるよう、他の人に何かを伝えることのできるコミュニケーション能力が必要です。

そこから販売戦略をたて、実行に移すまでにたくさんの職種の人とコミュニケーションを取りながら行動していくため、コミュニケーション能力は不可欠になります。

マネジメントスキル

決定した販売戦略を実行するためには関係する数々の職種や部署、店舗に指示を出して束ねる必要があります。他職種であってもマネージメント経験があれば採用される確率も高くなるでしょう。

マーケッターになるために必要/有利な資格

資格

マーケッターになるために、必須資格はありませんが、知識がないと採用してもらえることはありません。

そのためには自分の知識を証明する、いくつかの資格を持っていると就職活動や転職活動に便利です。

マーケティング・ビジネス実務検定

アパレル業界に関わらず、各業界共通のマーケティングスキルに対応しています。

マーケティング理論や実務知識、時事問題などの基礎から応用までの知識習得を目指す資格で、A級〜C級までを判定します。

【応募サイト】
マーケティング・ビジネス実務検定

プロモーショナル・マーケター認証資格

プロモーショナル・マーケターに特化した資格です。

特定の市場において、ターゲットが購買にいたるまでの活動の動機付けについてのマーケティングを行うのがプロモーショナル・マーケティングです。

実務試験もあり、プロモーション手法やメディアツール作成、戦略設計や実行計画の立案作成などを行います。

【応募サイト】
プロモーショナル・マーケター認証資格

マーケッターになるためのキャリアプラン

採用条件

昨今ではEC業界に注目が集まり、アパレル業界でもWEBサイトの充実化を計る企業が増えています。

そのため、マーケッターの需要も高まり、アパレル業界以外からの他業種の転職者でも、2年以上マーケッターとして働いている場合は採用されやすい傾向にあります。

未経験や新卒の場合はまず、アパレル業界の何らかの職種で経験を積むことがマーケッターになるための近道になります。

企業によってはマーチャンダイザー(MD)広報(プレス・PR)EC担当者がマーケッターを兼務している場合もあります。

また、マーケッターという名称ではなく「販売促進」や「営業企画」「店舗開発」という名称で求人を募集している企業もあります。

求人情報を細かく確認して、マーケッターの仕事内容ができる求人を探したり、問い合わせたりするのもおすすめです。

現在マーケッターを募集中の企業

マーケッターは売上向上や利益など、数字で成果を計ることができるシビアな仕事ではありますが、その分、他の職種よりも達成感があり、昇給やお給料アップにもなりやすい職種です。

READY TO FASHIONでもマーケッターを募集しているので、是非応募してみてください。

READY TO FASHIONで求人を見る


【参考文献】
「ファッション辞典(第4版)」(大沼淳、萩村昭典、深井晃子 監修、文化出版局、1999)
「増補新版 図解服飾用語辞典」(杉野芳子 編著、ブティック社、2003)
「1秒でわかる!アパレル業界ハンドブック」(佐山周、大枝一郎、東洋経済新報社、2011)
「ファッション業界大研究[第2版]」(ファッション&ソフトマーケティング研究会 編著、産学社、2019)
「ファッション業界大研究【改訂版】」(オフィスウーノ 編、産学社、2008)
「アパレル素材企画 プロフェッショナルガイド」(野末和志、繊研新聞社、2019)
「役に立つアパレル業界の教科書」(久保茂樹、文芸社、2016)


text:morinagi
profile:文化服装学院卒業後、勢い余って中国に就職。帰国後にアパレル系商社で生産管理や企画を経験したのち、現在はフリーランスでアパレル系の仕事をする傍ら、ライターとして活動中。就職活動をするときはいつも就職氷河期だったので、試行錯誤しながら戦ってきました。縫製工場が好きすぎて、見学させてもらうのが趣味です。そのためアパレル産業を工業的視点で解釈する癖があります。三種の神器はMacBook AirとJIKI SL-280と日中英服装技術用語辞典。