ファッション業界で転職するのに必要なスキルは? 「企画・生産」編 

株式会社READY TO FASHIONでは、昨年12月から中途採用の求人の取り扱いもスタートしました。

 

そこで本連載では、「ファッション業界でこの職業に転職したいけど、必要なスキルって何だろう…」という疑問をそれぞれ職種に分けて取り上げていこうと思います。

 

第3回となる今回は企画・生産編です!

 

では、早速見ていきましょう。

 

【関連記事】

ファッション業界で転職するのに必要なスキルは? 「MD・バイヤー」編

ファッション業界で転職するのに必要なスキルは? 「ディレクター・ブランド長」編

 

 

企画・生産長とは?

まずは企画からご説明します。

 

企画に就いている人は、トレンドや市場の動きから商品を企画、またその商品の販売戦略の立案などの仕事をしています。

 

商品の企画はただデザインの良し悪しだけを求めるのではなく、他企業の商品の調査やマーケティングなども行った上で企画を進めなければなりません。

 

業界について、かなりの知識が求められる職業でしょう。

 

次は生産についてです。

 

生産は、服を量産するために効率のよい仕組みをつくり出し、その流れを管理する仕事です。

 

生産工場と企業を結ぶパイプの役割を担っています。

 

MDが提出した戦略をもとに、商品がいつ、どのくらい必要になるか予測し、計画を立て、どの工場に製造を依頼するか選択します。

 

コストを抑えた資材の調達や、売れ行きのよい商品の増産など製造に関わる業務を担当することもあります。

 

予算管理をしている他の部署との連携も仕事の一環です。

 

では、求められてくるスキルはどのようなものがあるのでしょうか?

 

 

企画・生産に求められるスキル

特別この資格がなければこの職に就くことができないというものは、ファッション業界の企画・生産にはないです。

 

ただ、どちらも企業内で重要なポジションなので、それなりのスキル・能力は求められます。

 

早速いくつか上げて見たので、実際に見て行きましょう。

 

企画だと、その商品をどのように販売していくのかといった販売計画を、商品の完成前には立てておかなければなりません。

 

また生産であるのであれば、先ほども記述しましたが、MDが提出した戦略をもとに、商品がいつ、どのくらい必要になるか予測し、計画を立て、どの工場に製造を依頼するか選択します。

 

これらを見ていただくと分かるように、どちらの職も計画能力が必要となってきます。

 

もうこの能力に関しては、この職に限らず、アパレル・ファッション業界、更に言うならばどの業界にも通じる必要な能力なのではないでしょうか?

 

アパレルの企画部門では、企画の際に他部署との連携は必須となってきます。

 

生産の場合は、工場に対して、いつまでに出来るのか、またいくらで出来るのかを交渉する必要があります。

 

その交渉次第で、かかる費用も変わってくるでしょう。

 

これは主に生産に求められてくる能力です。

 

工場からの納品の管理、商品の在庫管理、また、その商品の品質をチェックしなければいけません。

 

この仕事量で、管理能力がないと苦労するでしょう。

 


 

いかがだったでしょうか?

 

今回はファッション業界の縁の下の力持ちと呼ばれる2つの職種に関して見て行きました。

 

この記事を読んで、「うわぁ俺には無理だ…」「私人とコミュニケーションを苦手だしな…」と思って諦めている人も中にはいるかもしれません。

 

確かに簡単にすぐ就ける職業ではないですが、業界内で確実にキャリア形成を行い、少ないチャンスをモノにしていただきたいです。

 

READY TO FASHIONでは、ファッション業界の様々なアルバイト・インターン・新卒・中途の求人を取り扱っています。

 

またファッション業界の人で働く人、直で繋がることのできる、ファッション特化のマッチングサービス「fatch」もリリースされます。

 

こちらの下記URLから是非チェックしてください。

 

READY TO FASHIONの求人はこちら:https://www.readytofashion.jp/articles/recruitments

新サービス「fatch」の詳細はこちら:https://www.readytofashion.jp/lp/fatch

 

text:READY TO FASHION MAG編集部

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする