1ヶ月で店舗販売員を通販(EC)担当者へ?ファッション業界が注目するデジタルスキルアップ研修

WHITE株式会社が、販売/通販業界に特化したデジタルスキルアップ研修サービスを開始する。

優れたWEB担当の採用が採用できない、デジタルやマーケティングに詳しい人材が社内に少ない。そもそも、店舗スタッフ含め会社全体で人員が足りていない。こうした業界が悩まされている問題を、研修により社内のメンバーを強化することで解決する。すでに、導入事例としては、土屋鞄製造所で、店舗販売職から異動したスタッフに向けてec担当者育成コースを実施し、受講生が本社での活躍している。

 

関連記事:EC(オンラインショップ)」についての意識調査 ファッション編」20代の購買行動とは?

 

【研修サービスの内容】

 

 

「基礎編」

販売事業者にとって必須のデジタル基礎知識、現場でよく使用されるExcel関数、Google Analytics、専門用語などを学習。

 

「応用編」

実際に使用している通販システムやメールマガジンシステムを用いて実践練習を行い、実務活用できる知識やスキルに絞り学習〜習得させることで短期間でのec担当を育成することができる。研修は集合研修形式にて提供しており、ec担当育成のような初級者向け以外に、データ分析担当育成講座、WEB広告担当育成講座、グロースハッカー育成講座など応用カリキュラムを揃える。

 

先日通販サイトZOZOTOWNが消費者の身体のデータを採寸し、データをネットショッピングに活用できる「ZOZOSUITS」のサービスを開始したことは、ご存知であろう。大手通販サイトがサービスを向上していく流れから、オンラインサイトで買い物をする消費者層は、今後市場において大きな伸び率を持っていることが想定される。それに伴い、オンラインサイトの運営は各ブランドにとって重要な仕事に。

関連記事:

【アルバイト】ECサイト運営スタッフ募集|株式会社ブティックスター 株式会社ブティックスター

【インターン】”コレクションをみてすぐ予約”できるサービスの運営をお手伝いいただける方を募集

 

実店舗とは違った技術を必要とするオンラインサイトの運営には、人材確保も容易なことではないだろう。今回のように、社内の人材を開発するというサービスは、そうした時代の流れに対応できるとともに、働き方を模索する既存のスタッフにとっても、今後の新たな選択肢を獲得するチャンスになるだろう。

 

デジタルスキルアップ研修公式HP:http://dskill-up.com

 

 

Text:Naoko Inoue(READY TO FASHION編集部

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする