ブラックフライデーを「ホワイト」に。FABRIC TOKYOが工場に眠る良生地のオーダースーツを限定発売

 オンライン発のカスタムオーダーファッションレーベル『FABRIC TOKYO』を展開する株式会社FABRIC TOKYOは、2018年11月23日(金)10:00 ~11月26日(月)19:00 、世界的なバーゲンセールの祭典であるブラックフライデーとサイバーマンデーの時期に合わせ、“ReFABRIC” と題し4日間限定で2ピーススーツを特別価格にて販売する。

 

【FABRIC TOKYO とは】

オンライン発のカスタムオーダーファッションレーベル。オリジナル企画の生地を使用してデザインやサイズを自由にカスタムし、自分好みのオーダースーツ・シャツをつくることができる。

また、サイズの採寸データはパーソナルデータとしてクラウド上に保存されるため、1度の来店で採寸を行った後からは自宅に居ながらいつでもどこでも、洋服のカスタムオーダーを楽しむことができる。2018年現在、NASAが宇宙服にも使用し体感温度調整機能を持つ素材など取り入れた「THE TECH」シリーズや、環境や人に配慮した社会性の高い「THE SOCIAL」シリーズなどのオリジナルファブリックの展開を開始。

 

工場に眠る良生地に再び光を!ブラックフライデーを“ホワイト”に。

 

ブラックフライデーの「ブラック」は「小売が黒字化する日」という意味で使われることが多い。今回、FABRIC TOKYOはブラックフライデーに参画するにあたり、

  • 従来のアパレルのブラックフライデーのセールとは一線を画す取り組み
  • 工場と連携し本質的に価値あるものを売ること

この2つの観点から、新しさや革新性を連想する“ホワイト”の言葉を使って、ホワイトマンデーとして発信。

 

今回の「ReFABRIC」は、三甲テキスタイとFABRIC TOKYOが共同して行われる。

三甲テキスタイルには、生地を仕入れる工場、生地を買い取るメーカー、互いのニーズを仕入れ前に把握しあえないアパレル業界の旧態依然とした体制などが原因となり、商品化されずに行き場をなくした高品質の生地が数多く眠っている。

品質が良いのに製品化できない良質な短生地を多数抱える三甲テキスタイル。カスタマイズでそれぞれの体型やライフスタイルにフィットしたオーダースーツを提供するFABRIC TOKYO。

それぞれの強みを活かし、これらの生地を使ったオーダースーツ「ReFABRIC」の販売が実現した。

 

 

全10種類限定販売の“ReFABRIC”、スーツの値段を決めるのは購入者

 

工場で眠る良生地のサンプルを活かして作られる「ReFABRIC」。ブラックフライデーを通じて「洋服の本当の価値に向き合う」機会を提供したいと考えるFABRIC TOKYOは、セールとしての売り出しではなく、製品化の背景にフォーカスする。

いつも適正価格をモットーとしている、オーダースーツであるが、今回の「ReFABRIC」は初の試みとなるため、適正価格が白紙。そのため、洋服の価値に向き合った購入者が金額を設定する仕組みをとっている。

 

また、FABRIC TOKYOは現在新卒の募集も行っている。服の”売り方”と”作り方”を変え、新しい時代をつくり、アパレル業界を改革する。

興味のある学生は確認してみてはいかがだろうか。

 

求人はこちら

【新卒|総合職採用】服の売り方とつくり方を変え、業界を変えていく。

アパレルベンチャーでオーダー商品の採寸・接客

 

【ReFABRIC 詳細】

・販売期間:2018年11月23日(金)10:00 ~ 2018年11月26日(月)19:00

・販売方法:ウェブ抽選制。販売期間中、ウェブサイトにて購入券の抽選にお申込みいただきます。後日当選者にのみ購入券を配布します。

・金額:抽選で購入券を得たお客さまに決定していただきます。

・販売数:10生地、それぞれ2着ずつで全20着の販売を予定。

・特設ページ: https://fabric-tokyo.com/news/detail/white_friday

※全生地に応募は可能だが、1人につき最大1着の購入となる。

※当選発表は2018年11月28日(水)。当選者には購入券をメールにて送付される。

 

・販売期間:2018年11月23日(金)10:00 ~ 同年11月26日(月)19:00 ・販売数:10生地、それぞれ2着ずつで全20着の販売を予定。 記事の中で、冒頭の文章と最後の詳細の文章の2箇所が対象かなと思います。弊社の受注システムの関係上、期間変更となりました。事後報告となり、申し訳ありません。 急ぎではないのですが、修正対応いただけると幸いです。

 

 

TEXT:READY TO FASHION MAG編集部

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする