ミレニアルズクリエーターによる新ブランドTSUNAGUと新メディア FLAT. 同時ローンチパーティーを開催!

 

社団法人TSUNAGUが、 ミレニアルズクリエーターによる新感覚ファッションブランド「 TSUNAGU 」とウェブメディアマガジン「FLAT.」の同時ローンチを記念して、 8月31日(金)、青山SPOONBILLにてパーティを開催する。
クラウドファンディングCAMPFIREを利用したTSUNAGUアイテムの受注の開始や試着会、 ゲストにファッションエディターの軍地彩弓氏を迎えたトークショーやツダミアのライブなど、 豪華な内容となっている。

 

関連記事:
話題沸騰中のサービス「CLOSS」のアシスタントディレクター募集

 

【 TSUNAGU&FLAT. Launch Party概要 】

日時:8/31(金) 18:00-21:00

場所:SPOONBILL南青山本店 (住所:東京都港区南青山4丁目23-9)

参加費:無料(ドリンク・軽食あり)

※ 先着100名にSPOONBILLのお花プレゼント

イベントサイトURL:https://tsunaguparty.peatix.com/view

 

【TSUNAGUとは】

“ひとと、 自然と、 わたしをつなぐファッション “がコンセプトの、 ミレニアル世代クリエイターによるエシカルファッションブランド。 伝統技術とコラボして商品開発を行う。

・伝統技術やオーガニック素材を使用した上質な洋服を受注生産で

・原価も工場もすべて見せる透明性

・購入者が選べる3つの価格

をテーマに、 日本初の価格提案型モデルを取り入れ、 高価な伝統技術商品を手に取りやすい価格に設定し、 顧客層を拡大させる。

第一弾のコラボは徳島の最高級本藍染め・海部藍(あまべあい)染め。 相場15,000円の本藍染めTシャツが、 5,000円代から購入が可能。

HP: https://www.tsunagu-fashion.com/

 

【FLAT. とは】

「”エシカル”や”サステナブル”をもっとおしゃれに、 もっと身近に。」を目標に、啓蒙や問題提起よりも一歩手前の、 ”かわいい”や”心地よい”、 ”かっこいい”をキーワードに、 世界中に存在するエシカル・サステナブルなアートやクリエイティブを紹介する、 ミレニアル世代の等身大のウェブメディア。「ふらっと」のぞいて行くことができる。

 

 

【参加クリエイター】

・FLAT.

ウェブメディアマガジン FLAT.を中心に、 ファッション、 音楽、 アートなどさまざまなジャンルで活躍する若手クリエイターチーム。

 

・H.O.P.E.

東京都・目黒区の駒場野公園近くにある東京都立国際高校に通う高校3年生のチーム「H.O.P.E.」。 「Help Open people’s Eyes」の頭文字を取って付けられた名前には、 「現実を見よう」という素敵な意味が込められている。 国際教育プログラム「SAGE JAPAN CUP」でエシカルをテーマにしたビジネスモデルで優勝、 8月に南アフリカのダーバンで開催された「SAGE WORLD CUP」で日本チーム初の「SAGE 国際賞」を受賞。

※SAGE JAPAN CUP(Student for Advancement of the Global Entrepreneurship)とは、高校生数名によって編成されるチームが、大学生とともに協議しながら、身近な社会問題を解決するための社会貢献事業を考案する大会のこと。

 

・本藍染矢野工場

「天然灰汁発酵建てによる本藍染」という江戸時代から伝わる伝統技法を用いて全ての製品を染めている、 日本が誇る代表的な藍染め工場。

 

・株式会社トータス

1897年創業。 肌着は「第二の皮膚」と考え、 時代に流されずに天然繊維一筋に肌着の生産を続けており、 有用微生物群EM機能繊維や海部藍染めなど各種健康衣料品の開発にも積極的に取り組んでいる。

 

・徳島県立城西高等学校 植物活用科 阿波藍専攻班

草花や阿波藍の栽培、 バイオテクノロジーを通した「交流から学ぶ緑活用術」をモットーに学習。 植物を取り入れた快適な生活空間の創造と文化の伝承に力を入れ、 地域との交流を積極的に行っている。 進路実現に向け、 様々な分野で活躍できる将来のスペシャリストを育成。 TSUNAGUの商品の染色に関しては、 川西先生が担当。

 

・in Between Blues

空海藍をテーマに青で繋がる故郷の魅力をLocal&Globalに発信する海辺の藍染スタジオ&Cafe。 徳島の伝統文化藍染や弘法大師空海が築いた四国八十八箇所遍路、 そしてサーフィンや音楽がもつ魅力を最大限に生かした、 プロダクトやワークショップを提供。

 

text: READY TO FASHION MAG編集部

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする