【Report】Keio Fashion Creatorが手がける”東京”をテーマにしたファッションショー

服という媒体の可能性を追求し表現し続ける慶応義塾大学公認ファッションサークル「Keio Fashion Creator」が、2017年12月17日(日)にファッションショー「In Tokyo」を代官山の「Hillside Terrace Annex A」にて開催した。

 

Keio Fashion Creatorの関連記事はこちら:
若者カルチャーの中心地「東京」をテーマに|慶應義塾大学/Keio Fashion Creatorが12月17日(日)にファッションショーを開催
【Report】Keio Fashion Creator が贈る一年の集大成ファッションショー〜「先入観」にとらわれず、自分なりの見方を〜
学生がファッションの場において活躍する環境を!慶應義塾大学/Keio Fashion Creatorが12月17日にファッションショーを開催

 

Keio Fashion Creatorとは?

2002年設立の慶応義塾大学公認サークル。
12月のファッションショーを一年間の活動の集大成とし、 大学生という立場からファッションを多角的に捉え、ショーや SNS等を通して発信する。

日本では、学生がファッションの場において活躍することが多くはありません。このことは学生が単に趣味にとどめてしまうだけでなく、 日本のファッションの衰退をも引き起こしているのではないでしょうか。 私たちは思考するだけでなく、それを社会に発信していくことに重要性を感じています。ファッションの現場において学生が活躍するきっかけを作ることもまた、Keio Fashion Creatorの役割だと考えています。

 

本記事では、本ファッションショーの様子をピックアップし紹介する。

 

 

Keio Fashion Creator 2017 ファッションショーのテーマは「In Tokyo」

▼theme: 「In Tokyo」
“美しさ”ではなく”綺麗さ”を病的なまでに追求していく東京の変容に、私たちの意志はどれだけ関与しているだろうか?

様々な欲求の混ざり合いにあらわれる”美しさ”が消されていく都市の中で、服という媒体を通して思想的実験を試みる。

 

2020年の東京オリンピックも相まって、東京はさらに熱を帯びている。高層ビルの建築が進み、新しいショップが続々と出店するなど従来の東京像とはまた違った側面を楽しむことができるようになって来た。

一方、これまで慣れ親しんステレオタイプな東京は健在だ。スカイツリーができてもなお輝き続ける東京タワー、朝の満員電車、高層ビル群など。

これまでの様々な要素が入り混じったカオスな東京と、2020年に向け妙に整頓されてきている東京を学生の視座で俯瞰し、服を媒介とし見事なまでに表現されていた。

 

ファッションショー「In Tokyo」の様子

 

 

以下、一部ルックを紹介する。

 

 

同サークルのメンバーには地方・東京出身が入り混じっている。
「新天地としての東京」「慣れ親しんだ街としての東京」。学生メンバーの見ている東京像が服に投影されていた。

ぜひ、彼らの今後の活動にも注目していただきたい。

 

 

Keio Fashion Creator Official Instagram

 

keio_fashioncreatorー2017 Fashion showーtheme 「in Tokyo」

keio fashion creatorさん(@keio_fashioncreator)が投稿した動画

HP:https://keiofashioncreator.wordpress.com

Instagram:https://www.instagram.com/keio_fashioncreator/

twitter:https://twitter.com/keio_fc

 

Text:READY TO FASHION MAG編集部

Photo: Sho Makishima

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする