若者カルチャーの中心地「東京」をテーマに|慶應義塾大学/Keio Fashion Creatorが12月17日(日)にファッションショーを開催

服という媒体の可能性を追求し表現し続ける慶応義塾大学公認サークル「Keio Fashion Creator 」が2017年12月17日(日)に代官山の「Hillside Terrace Annex A」にて、ファッションショーを行う。

 

去年のショーはこちら:
【Report】Keio Fashion Creator が贈る一年の集大成ファッションショー〜「先入観」にとらわれず、自分なりの見方を〜

 

Keio Fashion Creatorとは?

2002年設立の慶応義塾大学公認サークル。
12月のファッションショーを一年間の活動の集大成とし、 大学生という立場からファッションを多角的に捉え、ショーや SNS等を通して発信する。

日本では、学生がファッションの場において活躍することが多くはありません。このことは学生が単に趣味にとどめてしまうだけでなく、 日本のファッションの衰退をも引き起こしているのではないでしょうか。 私たちは思考するだけでなく、それを社会に発信していくことに重要性を感じています。ファッションの現場において学生が活躍するきっかけを作ることもまた、Keio Fashion Creatorの役割だと考えています。

◆DESIGNER

服飾という媒体を通して団体としての考えを表現します。ESMOD JAPON東京校にて、服飾表現の基礎から学び、作品を制作します。

◆DIRECTOR
ファッションショーは単に服を発表する場ではありません。衣服を纏ったモデル、そのヘアメイク、音響、照明などあらゆる要素が相まって一つの空間が生まれ、初めてショーは成り立ちます。その空間作り全般を演出が担っています。

◆PRESS
当団体の表現を自己完結させるのでなく、団体外の社会に発信していくことを目的とし活動します。具体的には渉外、広報や協賛活動を自ら行うことで、当団体と社会を繋げる役割を担っています。

◆MODEL MANAGER
ショーに出演していただくモデルのハンティグ、衣装フィッティング用のモデル資料作成、ウォーキングレッスンの引率など、当団体とモデルを繋ぐ役職です。

 

去年のショーの画像

 

 

Keio Fashion Creator 2017 Fashion Show のテーマは「In Tokyo」

 

▼theme: 「In Tokyo」
“美しさ”ではなく”綺麗さ”を病的なまでに追求していく東京の変容に、私たちの意志はどれだけ関与しているだろうか?

様々な欲求の混ざり合いにあらわれる”美しさ”が消されていく都市の中で、服という媒体を通して思想的実験を試みる。

 

参加/予約はこちらから

2017年度の発表は、去年に引き続きメンズ、レディースのショーを行うそうだ。

服という媒体の可能性を追求し表現し続け、ショーやSNS等を通して発信している「Keio Fashion Creator」。今回彼らが目を向けたのは、普段自分達が住んでいる街、”東京”。ファッション業界において、ここ”東京”は切っても切り離せない街である。彼らが服という媒体を通して表現する”東京”という都市はある種の、思想であると言えるだろう。彼らの抱く思想=東京とはどのようなものだろうか。是非、ショーに足を運んで彼らの思想にふれていただきたい。

 

▼Reservation :

※1st showは完全招待制となっているため、ご予約はできません。

【2nd】open 15:30 / start 16:00 の予約

【3rd】open 17:30 / start 18:00 の予約

※予約する回によって予約ページが異なります。

※各回内容は同じものです。

 

 

開催概要:

▼date

2017.12.17 (sun)

 

▼timetable

2nd show
open 15:30 start 16:00

3rd show
open 17:30 start 18:00

※完全予約制

※1st showは完全招待制となっているため、ご予約はできません。

 

 

▼price

free

 

▼place

Hillside Terrace Annex A
東京都渋谷区猿楽町29-21 アネックスA棟(代官山駅から徒歩2分)

 

 

HP:https://keiofashioncreator.wordpress.com

Instagram:https://www.instagram.com/keio_fashioncreator/

twitter:https://twitter.com/keio_fc

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする