【関西】ファッションをテーマに活動する8つのサークルが合同イベント「OPEN CIRCLE」を開催

関西地域において6 大学、計8つの学生団体によって構成されている「fashion community 1.0」が2018年4月28日(土)に心斎橋の「ORGANIC SPACE」にて、合同イベント「OPEN CIRCLE 2018|関西」を開催する。

イベントでは「fashion community 1.0」に所属する学生団体と来場者が直接コミュニケーションをとることができるブースが設置され、団体に所属する学生のフリーマーケットや、関西圏の複数の古着屋による販売会が行われる。

 

主な対象は、ファッション系の学生団体(サークル)を探している新1年生や2年生だが、ファッションに興味のある方であれば誰でも参加ができるようになっている。

イベントの終盤には、学生団体による合同ファッションショーや、関西のクラブシーンで活動しているDJを招き、来場者や学生団体、出演者同士がコミュニケーションを行える場が用意されている。関西でファッションに興味のある学生は、気軽に参加してみてはどうだろう。

イベントまでの情報は、随時Twitterで更新されている。(Twitter:https://twitter.com/fc10_kansai)

 

イベント参加予約ベージ:https://www.readytofashion.jp/articles/events/68971631

 

【開催概要】

日程:2018年04月28日(土)

時間:open/13:30 start/14:00 close/20:00

開催場所:ORGANIC SPACE
アクセス:大阪市中央区南船場4-7-21 オーガニックビルB1F (心斎橋駅から徒歩3分)

対象:ファッションに興味がある新大学生/専門学生・在学中の学生など 一般の方も来場頂けます。

入場料:学生500円 (ワンドリンク付き) 一般の方1500円(ワンドリンク付き)

参加方法:下記「ご予約はこちらから」より予約が必要

 

 

 

 

【店舗】

aNz

国内外から買い付けた商品は、トレンドを抑えつつも一癖あるレギュラーアイテムや流行に 左右されない一生物のヴィンテージアイテムを展開。 中でも得意な「和」をコンセプトに、日本の古き良き物を今の時代でジャンルレスで提供している。「こだわり」を追求し続け幅広い年齢層の方とリンクしていく。

Twitter:@aNz_osaka

Instagram:@anz0111

LIAN

大阪南堀江に店舗を構える。

「とりあえず行っとこか」そう思ってもらえるお店を目指す関西のオリジナルブランド”MYTH”のオフィス兼ショップ。

Twitter:@lian0115

Instagram:@lian011516

 

【モデル】

 

 

篠原 誠

関西のみならず、活動の幅を全国に広げ活躍するフリーモデル。昨年にはテリー・リチャードソンの撮影のもと、VALENTINOの「Tokyo diary」にて公式のモデルを務めた。さらに、関西のファッション雑誌「カジカジ」では、毎巻モデル出演。その他にも、GSHOCKの広告モデルも務めるなど数多くの実績を残す。

Instagram:@lariat830

 

 

卯川そうう

東京を中心に活動するフリーランスモデル。19歳にして、ヘアデザイン/ファッションなどのクリエイティブに特化した美容専門雑誌「SNIP STYLE」のSNSディレクターを務める。自身のonline shopも運営している。

Instagram:@_wzhengyu_

 

 

小林拓哉
Instagram:@koba052703

蒼井はる

Instagram:@aoi_hori_

【DJ】

EISEN

主に House から Techno までを広くセレクトし、その個性、こだわりある選曲や、丁寧なミックスで数々のパーティーで人々の目を引き付ける。 2016 年からは、関西を中心にTechno,House シーンを盛り上げるべく立ち上げられたパーティー『SiiNE』のレギュラー DJ にも抜擢され活躍の場をさらに広げる。また、2017 年からは若手中心で構成されるテクノパーティ『PORTAL』をオーガナイズし、注目を集める。

Mixcloud:https://www.mixcloud.com/EISEN_shota/

 

 


Yamame.
京都精華大学でDJVJ部という団体に所属。京都にあるクラブメトロで定期的に行われるContaktというパーティーでDJを担当。様々なジャンルを好むが、アンダーグランドなTechnoやHouseを得意とする。


ando

 

※出演者は随時更新していきます

 

会場のORGANIC SPACE

 

 

【fashion community 1.0 とは】

fashion community 1.0は、株式会社READY TO FASHIONが運営しており、「ファッション業界と若者を繋げる」をコンセプトに2014年1月より関東を中心として東京で活動を開始。2017年には活動を関西にまで展開し、現在は関西圏の6大学8団体が所属しており、ファッションに関わるイベントを学生のマネジメントチームが運営している。 本イベントが関西において初開催のイベントとなる。多種多様な「ファッション」を扱う各団体が一つの団体として活動し、新たな試みがなされることにより、社会への発信における一つの大きな遠心力になることを目指すと共に、各団体へ興味関心のある人々や企業との窓口としての役割を担うことで、各団体と社会とを結ぶ架け橋となることを目指している。

公式HP : https://www.readytofashion.jp/mag/fashioncommunity1_0.html

Twitter:@fc10_kansai (随時更新中)

fashion community 1.0の関連記事はこちら:
東京だけじゃない。関西で活動するファッションサークル・学生団体まとめ
【ルック掲載】「wiθ」「kalon」「M2gk」「Sheep」「C4」「neuf」関西6ファッションサークルによる合同ショーをレポート
【Report】テーマは「I-ness」と「文化的な夜」。同志社大学「neuf」がショーを2日連続で開催。
【Report】立命館大学の服飾団体”C4”が「ショクチュウショクブツ」をテーマにファッションショーを開催
関西学院大学のアート団体「Design Group」が「80’s archives」をテーマに展示会を開催
異素材の組み合わせ。関西大学「M2gk」によるファッションショー&フリーマーケット
スローファッションを訴える大阪大学の学生団体「FtoS」が11/4に初のイベントを開催

過去の合同ファッションショーの様子

 

【所属団体】

neuf | 同志社大学

 

 

 

 

 

 

 

1997年に設立された同志社大学の公認服飾団体。ショーを通して多くの人々に驚きと楽しみ、また自分たちの中にある世界観を伝えることを目的にしている。

 

C4 | 立命館大学

 

 

 

 

 

 

 

立命館大学の学生を中心に「つくることが好き」な学生が集まった服飾団体。ファッションショーや展示会を企画し、服を作るだけでなく、オブジェや映像、フライヤーなどの制作も手掛ける。定期的に学内でショーを行なっている。

 

学生団体FtoS | 大阪大学

 

 

 

 

 

 

 

2017年に大阪大学の学生を中心として設立された。ファストファッションにおける、発展途上国の過酷な労働環境、洋服への愛着の薄れ、大量の衣服廃棄などの様々な問題から、「若者のファストファッションからスローファッションへの意識の変革」を目標に掲げる。

 

M2gk | 関西大学

 

 

 

 

 

 

 

現在や過去の様々な事象を取り上げ、それらのことを分析し、ファッションショーを通して一つの哲学を発信することをモットーに活動。年に3~4回のファッションショーを行っている。

 

sheep | 神戸大学

 

 

 

 

 

 

 

衣装、音楽、映像の製作から、年に数回のファッションショー、他大の服飾サークルとの合同ショーを行う。Twitterで随時更新中の学内スナップも必見。

 

kalon | 関西学院大学

 

 

 

 

 

 

 

他大との合同ショーや学祭でのショーが主な活動。ファッションが好きなメンバーが集まる。Kalonは『punk』をテーマにトゲのある作品たちを発表した。

 

Design Group | 関西学院大学

 

 

 

 

 

 

 

50年の歴史を持つ美術団体。アート×ファッションを軸に展示会を主に活動。過去にはゲリラファッションショーも行った。

 

wiθ | 関西学院大学

 

 

 

 

 

 

 

他大との合同ショーを中心に活動。過去には関西圏最大級の学生エンターテイメントイベント、『BEATNIXS』でもショー経験あり。

 

Text : READY TO FASHION MAG 編集部

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする