ファッション雑誌の販売部数ランキング2016、上位を独占した出版社は?

 

一般社団法人日本ABC協会が、2016年下半期(2016年7~12月)の雑誌販売部数を2017年5月10日(水)に発表した。同協会に参加する月刊男性・女性ファッション雑誌(男性・女性ライフデザイン誌)全58誌の販売部数において、 株式会社宝島社が発行する女性ファッション雑誌、 『sweet(スウィート)』(月間平均販売部数291,928部)、 『リンネル』(234,255部)、 『InRed(インレッド)』(178,638部)が1位・2位・3位を独占する結果に。 また5位に40代女性誌『GLOW(グロー)』(169,344部)が入り、 TOP5誌中、同社の4誌がランクイン。

※日本ABC協会が発表する部数は、 発行部数ではなく実際に売れた実売部数で評価している。

 

『sweet』は、 2009年上半期に1位を獲得して以来、 16期中(2009年~2016年)13期1位を獲得し、 その座を不動のものに。『リンネル』は、2010年の創刊以来6位~14位だったが、2016年上半期に急伸長し、2期連続で2位を獲得。「心地よい暮らしと装い」をコンセプトに、 “暮らし系”女子市場を開拓し、 10~60代まで幅広い年齢層の読者の支持を獲得している。

 

 

また、 宝島社が発行する10誌全てのファッション雑誌が、 昨年同期比で販売部数を上回り、 全ファッション雑誌の累計販売部数のうち市場占有率が30.4%で、7年連続で出版社別トップシェアを獲得。紙媒体がデジタルの波に押されていると言われている中、毎年その実売部数を増やすことに成功しているのは、世の中のニーズをしっかりと汲み取り、コンテンツとして提供できるという、媒体の種類に依存しないしっかりとした力があるからではないだろうか。

メディア/編集に関わる仕事は:こちら
Text: READY TO FASHION MAG編集部

 

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする