DENIM ACT NIGHT(デニムアクトナイト) 若手クリエーターインタビュー002|KEISUKEYOSHIDA

2018年3月31日(土)にデニムを通じてコミュニケーションの創造を図るイベント『DENIM ACT NIGHT』が渋谷space EDGEにて開催される。

関連記事はこちら:
デニムを通じてコミュニケーションの創造を図るイベント『DENIM ACT NIGHT(デニムアクトナイト)』が渋谷で開催決定!

本連載では『DENIM ACT NIGHT』で出展する若手クリエーターに、ファッション・デニムに対する考え、本イベントから生まれたプロダクトへの想いや今後の展望などをインタビュー形式にてお送りする。

第2回目は、東京コレクションにも参加している「KEISUKEYOSHIDA」のデザイナー吉田圭佑さん。

 

関連記事はこちら:
DENIM ACT NIGHT(デニムアクトナイト) 若手クリエーターインタビュー001|DAИ
DENIM ACT NIGHT(デニムアクトナイト) 若手クリエーターインタビュー002|KEISUKEYOSHIDA

 

KEISUKEYOSHIDA

1991年東京都生まれ。立教大学文学部卒業。ここのがっこう、エスモードジャポンを経て2015年より「明るいのか暗いのかわからない日常の空気感と、そこにいる彼らの感情と装い。」をコンセプトに「KEISUKEYOSHIDA」を開始。’16S/Sより東京コレクションに参加。

 

ーご自身のブランドについてご説明お願いします。

毎年2回、TOKYO FASHION WEEKでコレクションを発表しています。「明るいのか暗いのかわからない日常の空気感と、そこにいる彼らの感情と装い。」を軸にしており、シーズン毎に、その時々の新鮮な気持ちに向き合いながら、異なるクリエーションをしています。

 

ー今回のプロダクトが生まれた経緯についてご説明お願いします。

ブランド始めた時からディレクション業に関心がありました。「KEISUKEYOSHIDA」はとてもインディペンデントなブランドです。リアルクローズでラック構成まで考慮した別ラインのコレクションを作りたいのですが、自分で2ブランド構えるには予算的・時間的にも現実味が薄いところがあり、リアルクローズの意識を強く持ったコレクションを作ることにはとても興味がありましたね。

そして、メーカーや大手ブランドの高い製品クオリティーや、培ったノウハウを用いて、他ブランドを自分なりに解釈して作ることにも挑戦してみたかったです。また、「デニム」という観点も面白いと思いましたね。生地としての認知度が高く、専用工場も多くある。デニムの高い認知、優れた生産背景などを、プロダクト的にデザインしてコレクションを作りました。

 

ーデニムへの思いや、デニムに関する思い出などありますか?

Gジャンをよく着ますね。自分のプロフィール写真もカルバン・クラインのUSヴィンテージのGジャンです。また、今回のコラボレーションを通じて、現在のデニム加工技術は進化が進んでいるということを実感しました。コラボレーションによって生まれたケミカルウォッシュなど、非常に綺麗。デニムは加工や染色を用いて見た目の印象に軽さを出すだけで、商品の印象がガラッと変わるので面白い素材だと思います。

 

ー今回製作したプロダクトへの思いをお聞かせください。

全てのプロダクトに共通していますが、価格感に対してクオリティが凄く高い。ウェアボブソンさんは、確立されたブランドで、知識や経験など、改めてそのすごさを実感しましたね。プロダクトに対しては、型数は多くないですが、コーディネートを想定し「KEISUKEYOSHIDA × WHEIR BOBSON」のカプセルコレクションを作る意識をもって臨みました。また、リーバイスのメンズのGジャンを女性がダボっと着用するように、デニムは性別・年代を問わずにコーディネートに取り入れやすいアイテムなので、今回のコラボレーションでは、ユニセックスで提案できる商品も組み込みました。ワイドパンツやジャケットは自分も着たいと思えるデザインにしましたね。

 

ー今後の展望をお聞かせください。

今後も、今回のようなプロジェクトワークは継続していきたいです。「KEISUKEYOSHIDA」でのクリエーションの意識はシーズンを重ねる毎に高くなり、だんだんとモード化していて、その反面、カジュアルからはどんどん遠ざかってきていると感じています。もともとはカジュアルウェアとしてスタートしたブランドなので、モードとカジュアルどちらのクリエーションも自分のブランドとして取り組んでいきたいんですが、先ほども話したように、2ブランド展開の現実味は薄い。でも、今回のように技術や知識のある老舗ブランドさんと協業することで、自身のクリエーションの幅を広げていきたいです。

 

ーありがとうございました。

 

【DENIM ACT NIGHT 開催概要】

 

開催日:2018年03月31日(土)

開催時間:OPEN/14:00 – START/15:00(CLOSE/20:00)

※途中入場可

※混雑の場合、入場制限あり

 

場所:space EDGE (東京都渋谷区渋谷3-26-17 野村ビル1F) JR渋谷駅新南口より徒歩2分

料金:前売券2800円 / 学生チケット2000円 / 入場のみ500円 (ライブエリアへの入場不可)

チケットは当日券もございます。混雑時は前売り券をお持ちの方を優先的にご案内させていただきます。

学生チケットは学生証をご提示ください。

すでに前売り券をお買い求めの方は、学生証を提示で800円を当日キャッシュバックいたします。

 

 

チケット購入はこちらから:

Yahoo! パスマーケット→ https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01pm0nzehd1g.html

Peatix→ http://denimactnight201803.peatix.com

 

 

【出展ブランド × 若手クリエーター】

・EDWIN(エドウィン) × DAИ(ダン)

・Dracaena(ドラセナ)× くらちなつき

・Lee(リー)× くらちなつき

・Moname(モナーム)× Mr.Cool(ミスタークール)

・RED CARD(レッドカード) × M THING

・WHEIR BOBSON(ウェアボブソン) × KEISUKEYOSHIDA(ケイスケヨシダ)

 

【出演アーティスト】

・CICADA minimal set

・JABBA DA FOOTBALL CLUB

・Maika Loubté

・TOKYO HEALTH CLUB

・Rei(Newspeak)

・UCARY & THE VALENTINE

 

Text : READY TO FASHION MAG 編集部
ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする