サスティナブルにデニムを楽しむ『DENIM ACT NIGHT(デニムアクトナイト)』第2弾が渋谷O-Nest & 7th Floorで開催決定!

2018年9月9日(日)、 デニムを通じてコミュニケーションの創造を図るイベント『DENIM ACT NIGHT 002』が渋谷O-Nest & 7th Floorにて開催される。

関連記事:

デニムを通じてコミュニケーションの創造を図るイベント『DENIM ACT NIGHT(デニムアクトナイト)』が渋谷で開催決定!

DENIM ACT NIGHT(デニムアクトナイト) 若手クリエーターインタビュー002|KEISUKEYOSHIDA

DENIM ACT NIGHT(デニムアクトナイト) アーティストインタビュー004|JABBA DA FOOTBALL CLUB

その他第一回の内容、インタビュー記事はこちら

 

【DENIM ACT NIGHTとは?】
「DENIM ACT NIGHT(デニムアクトナイト)」は若者がデニムの魅力を発見・再確認することを目的とし、

❶「デニムブランドと気鋭デザイナーによるコラボレーション/商品の先行予約会」

❷「体験型のワークショップやデニム・ファッション関連企業の出展ブース」

❸「若者から支持を集めるミュージシャンによるアクト」

❹「損生地や損品などを中心としたサスティナブル素材を使用した学生リメイクコンテスト」

といった要素を混ぜ合わせた、デニム・ファッション・音楽を体感できるイベント。デニムを介してコミュニケーションを活発化することで、デニムの魅力を最大限に引き出す場を創出する。

 

第2回目となる今回は、前回好評の「WHEIR Bobson (ウェアボブソン)」×「KEISUKEYOSHIDA (ケイスケヨシダ )」と、若者から人気沸騰中の新進ブランド「kudos (クードス)」「EDWIN (エドウィン)」がコラボ。新たなデニムプロダクトを生み出す。

 

KEISUKEYOSHIDA

kudos

 

 

これらのコラボレーション作品は、本イベントで先行予約会が実施される。イベント終了後は9月19日より伊勢丹新宿本館2階=グローバルクローゼット/ジーニングで予約を受け付けることが可能。(※生産数に制限あり)

 

 

新たな取り組みとして、協力メーカーの製品や布生地を使用し、学生自身が欲しいデニムを学生が考案・製作する「STUDENT DENIM REMAKE」を実施。学生の製品に対して、イベント当日に来場者投票コンテンツを実施し優秀賞を決定するとともに、「CHRISTIAN DADA (クリスチャンダダ)」デザイナーの森川氏、「Levi’s (リーバイス)」などが審査員を務める賞を設ける。賞の結果は、9月19日より伊勢丹新宿店本館2階=グローバルクローゼット/ジーニングで発表され、一部販売される。そのほかの作品も同時に一部販売される。

 

協力メーカーのブースでは、残布を使用したチャーム、缶バッチのリメイク体験などのワークショップや、特別価格での販売会などが行われるほか、楽しみながらサスティナブルな企画に参加できるブースが用意される。

 


 

〈ブースでのサスティナブルな企画・募集内容〉

各ブランドから手軽に体験できるサスティナブルで楽しいワークショップ、ブースが出展。本物の生地、プロの技、ブランドの魅力に触れる絶好の機会。

 

EDWIN:

EDWINデニムの残布を使用して缶バッチをつくろう!

※無料 ※数に限りあり

 

Dracaena:

東京を拠点に活動するサインペインター「Unile Signs」。有名デパートやセレクトショップの店舗の看板や文字のデザインを手掛ける。ドラセナの新店舗でも作品を見ることが出来る。本人によるライブペインティングや描き方のレクチャーもある。

 

Levi’s:

リーバイス®デニムの残布を使用したオリジナルチャームを作ろう!

リーバイス®のテーラーが、直接作り方をレクチャー。

※無料 ※数に限りあり

 

スペシャル企画

着なくなった「Levi’s® 」の商品を回収プロジェクト。回収した商品は、表現者とリーバイス®のテーラーのコラボレーション企画であり、
収益を国際赤十字赤新月社連盟・日本赤十字社・エイズ予防団体へ寄付される社会貢献活動でもある。

 

Laundry:

特別販売会&オリジナルプリントカスタマイズ!

少しの傷やほつれなどで、店頭には出すことができない商品が、特別価格で提供される。また、購入した商品を、ミマキブースで、好きなプリント素材を選びカスタマイズも可能だ。

※数に限りあり ※返品、交換不可

また、新ライン「039LAUNDRY」によるユーズドデニムを粉砕し糸に混ぜ込んだ“DENIM MIX Tシャツ”も販売される。

 

Mimaki:

プリント体験でオリジナルバッグを作ろう!

高技術でグローバルな市場を拡大しているプリント会社「㈱ミマキエンジニアリング」による、プリント体験ブース。当日来場者に配られるトートバッグをプリントして自由にカスタマイズ。トートバッグの他に、デニム生地のコースターも用意される。

※無料 ※数に限りあり

 

Yanuk:

スペシャル企画

着なくなったデニムをブランドに問わず回収。デニムを持参した来場者から抽選で1名に、ヤヌークデザイナーが作成するリメイクデニムがプレゼントされる。

特別サンプルSALE

会場の限定のサンプルSALEを実施。なかなか手が届かないヤヌークのデニムを、来場者限定での特別価格で提供される。

 


 

ミュージックアクトは、若い世代から高い支持を集める「chelmico」「あっこゴリラ」「JABBA DA FOOTBALL CLUB」などの出演が決定。

 

chelmico

あっこゴリラ

JABBA DA FOOTBALL CLUB

 

本イベントは「株式会社 READY TO FASHION」と「株式会社 三越伊勢丹」の共同主催で開催される。

 

【開催概要】 

開催日:2018年09月09日(日)

開催時間:OPEN/START 16:00 – CLOSE 21:30

※途中入場可
※混雑の場合、入場制限あり

場所:渋谷O-NEST / Live&Bar SHIBUYA 7th floor  (東京都渋谷区円山町2-3)JR渋谷駅より徒歩9分

当日受付場所:Live&Bar SHIBUYA 7th floor

 

料金:2000円 (WEB予約で500円引き)
チケットは当日券もございます。混雑時は予約された方を優先的にご案内させていただきます。

別途ドリンク代 600円

事前WEB予約ページ:

https://www.readytofashion.jp/articles/events/1432140219

 

 

ミュージックアクトタイムテーブル

 

【ブランド × 気鋭デザイナー】

・EDWIN(エドウィン) × kudos(クードス)

・WHEIR BOBSON(ウェアボブソン) × KEISUKEYOSHIDA(ケイスケヨシダ)

 

 

【気鋭デザイナー】

KEISUKEYOSHIDA(ケイスケ ヨシダ) 

1991年東京都生まれ。立教大学文学部卒業。ここのがっこう、エスモードジャポンを経て2015年より「明るいのか暗いのかわからない日常の空気感と、そこにいる彼らの感情と装い。」をコンセプトに「KEISUKEYOSHIDA」を開始。’16S/Sより東京コレクションに参加。

公式URL:http://keisukeyoshida.com/

 

kudos(クードス)  

工藤司がデザイナーを務めるファッションブランド。早稲田大学卒業、アントワープ王立芸術学院中退。その後パリのパターン学校に通いながら「JACQUEMUS(ジャックムス)」や「J.W. ANDERSON(ジェー.ダブリュー. アンダーソン)」でデザインアシスタントを勤めた。また「Y/PROJECT(ワイ/プロジェクト)」ではパターンアシスタントも担当。ルック撮影からスタイリングまでを自ら行うことで、ルックに彼独自の世界観を落とし込み、2017秋冬のデビューからまもない間に、業界内外から多くの支持を集める。

 

 

【STUDENT DENIM REMAKE】

9月9日:投票の実施

9月19日:結果発表

発表場所:伊勢丹新宿店本館2階=グローバルクローゼット/ジーニング

優秀賞:投票の結果及び伊勢丹・株式会社 READY TO FASHIONの審査により決定。受賞者には来年3月に伊勢丹で自身のクリエーションの発表をすることができる権利が授与される。

CHRISTIAN DADA 森川賞:「CHRISTIAN DADA」デザイナーの森川氏が選んだ作品に授与される。

Crafted with Tailor Shop Award:リーバイ・ストラウスジャパン(株)によって選ばれ、同社で運営するプロジェクト「Crafted with Tailor Shop」に参加できる権利が授与される。

協力学校・団体:ESMOD JAPON 東京校 / 杉野学園 / Keio Fashion Creator / Fashion Design Lab. / Kai’s  Collection /

 

「The Art Project crafted with Tailor Shop」とは
「デニムをキャンバスと考えると なにが生まれるだろう?」
いま一番目が離せない表現者たちとLevi’s®との 前例のない実験がはじまります。
表現者の想いやアイデアをサポートするのは「世界で一本だけをカスタマイズできる」Levi’s® TAILOR SHOPのマスターテーラーたち。
作品はLimited Collectionとして日本と韓国の限定ショップで販売。
すべての収益は 国際赤十字赤新月社連盟・日本赤十字社・エイズ予防団体へ寄付されます。

韓国の伝統的な技法によるパッチーワーク“ポジャギ”は、
きれいでカラフルな古着を使って作ります。
リサイクルは生きるための知恵だけではなく、服をつなぎ合わせることで、
さらに幸運をもたらすという意味もあります。
今回、ポジャギ作家のLee Kyung Ok(李 京玉)とのコラボレーションにより、
リーバイス®の古着が、ポジャギの技法によりデニムのバックに生まれ変わる予定です。

DENIM ACT NIGHT では、このプロジェクトに使用するリーバイス®デニムの回収を行っています。

 

【参加企業・ブランド】

 

【ミュージックアクト】

chelmico

RachelとMamikoからなるガールズラップユニット。2016年に「chelmico」、2017年に「EP」をリリース。等身大リリックの面白さ、ラップスキルと滑らかなフロウ、そして自由気ままなキャラクターが評価を受け、8月8日にワーナーミュージック・ジャパンアンボルデからアルバム「POWER」でメジャーデビュー!

公式Twitter:https://twitter.com/chelmico_offi

 

JABBA DA FOOTBALL CLUB

2014年NOLOVとBAOBAB MCが悪ふざけではじめたラップユニット。ASHTRAYとROVINが加入後、正式に活動を開始する。 2015年、1st Album「QUEST」を枚数限定で発売。 都市部の若い世代を中心に話題となり、即完売。「BAY CAMP」など各種フェスに出演したり、tofubeatsの出演する渋谷VISIONの人気イベント「TRACK MAKER」にも出演するなど、ジャンル・昼夜問わず、ロックしている。同世代のバンド「DYGL」や「Yogee New Waves」とは、活動初期から共演。2014年に行った初の自主企画には、「suchmos」「Ykiki Beat」「YOUR ROMANCE」など現在活躍するバンドらが出演。2017年3月に、2nd Album「OFF THE WALL」発売。リード曲”STAY GOLD, LIFE GOES ON”がカルトヒット。同年に行われた全国ツアーでは、初のワンマンライブを下北沢BASEMENT BARにて満員御礼の中実施、O-NESTで実施されたアフターパーティーには「chelmico」や「MGF」など、同世代の注目株の多数参加。 Spotify2017年注目の新人に選ばれるなど、これから目が離せないクルー。 2018年3月、豪華な客演も多く招いた、新たな領域を感じさせるEPをリリース!

公式Twitter:https://twitter.com/j_b_f_c

 

あっこゴリラ

ラップ・トラックメイクを自身が行い、また元々ドラマーという異色な経歴から自由に生み出されるラップスタイルは、唯一無二の形を提示している。2017年11月発売の2nd EP「GREEN QUEEN」収録曲「ゲリラ × 向井太一」がSpotifyのTVCMに抜擢され、インディーズとしては異例の100万再生を突破。2018年4月には「ゲリラゴーワンマンツアー」を開催、ソニーよりメジャーデビュー曲「余裕」をリリース。

公式サイト:http://akkogorilla.yellow-artists.jp

公式Twitter:https://twitter.com/akko_happy_b

 

AAAMYYY

長野県出身のSSW/トラックメイカー。CAを目指しカナダに留学、帰国後22歳から音楽制作を始める。2017年からソロとしてAAAMYYY(エイ ミー)名義で活動を開始。ロックバンド”Tempalay”のサポートをはじめ、”KANDYTOWN”のメンバー”呂布”のゲストボーカル、ラジオ MC、モデル、DAOKOのアルバム『THANK YOU BLUE』へ 楽曲提供など幅広く活動し注目を集める中、2017年に突如自主リリースされ即完売した4曲入りカセットテープ「WEEKEND EP」に、2018年2月リリースの4曲入りテープ第2弾「MABOROSI EP」を加えた計8曲の「MABOROSI WEEKEND」を全国配信リリース。

公式Twitter:https://twitter.com/amy0aaamyyy

 

YonYon

ソウル生まれ東京育ちというバックグラウンドを持ち、DJ、プロモーター、音楽プロデューサー、ラジオDJとしてマルチに活動するクリエイター。2011年にDJとしてのキャリアをスタート。Future Beats、Hip Hop、UK Bass、House、Technoまでジャンルを越え直感的にミックスするスタイルが世界中から評価され、日本のみならず東アジア、アメリカ、ヨーロッパなど国内外にまで活動の幅を拡大中。一方で、その類稀な清涼感のある歌声を生かし、シンガー、ラッパーとして国内外のアーティストの楽曲にフィーチャリングで参加。R&B、HIP HOPのグルーヴをベースに、幼い頃から聴いていたJ-POP/K-POPのメロディーを取り入れ、多くの革新的な作品を生み出している。日韓を繋ぐキーパーソンとして[THE LINK]プロジェクトの立ち上げや、またラジオでは同年代のアーティストを紹介する役目を担うなど、新世代代表として活躍中。

公式サイト:https://www.yonyon-musiq.com

 

 

【若者 × DJアクト】

Kotsu (CYK/UNTITLED)

1995年千葉県市川市生まれ。ハウス・ミュージックの同世代コレクティブ『CYK』のメンバーとしてCIRCUS、WWWβ、Contactでオーガナイズ。クルーでは大阪や京都、韓国などでもギグを敢行した。

多様化しつつあるあらゆるカルチャーをフラットに再定義しつつDJ、グラフィックデザイン、ZINE、パーティーのオーガナイズなどでアウトプットを行なっている。

また、BEAMSでのインストアでのDJやUNDERCOVER×Sacaiのパーティーにも出演するなどファッションシーンとの関わりも大きい。

ダンスとロックが融和したマッドチェスター・ムーブメントがルーツでありつつも、特定のジャンルに縛られずに横断していく。

Soundcloud:https://soundcloud.com/kosuke-takemura
Instagram:https://www.instagram.com/kotsu0830/
BLOG:kotsu0830.blog.houyhnhnm.jp

 

Kanami

DAN


 

 

主催:株式会社READY TO FASHION / 株式会社 三越伊勢丹

協力:株式会社クリエイティブマンプロダクション / カイハラ株式会社

協賛:株式会社green gables /株式会社KSプランニング / 株式会社エドウィン / 株式会社カイタックインターナショナル / キシユニバース株式会社 / 株式会社ゲストリスト / リーバイ・ストラウスジャパン株式会社 / 株式会社ミマキエンジニアリング

お問い合わせ先:伊勢丹新宿店本館2階=グローバルクローゼット/ジーニング  電話番号 03-3352-1111 (大代表)

 

text: READY TO FASHION MAG編集部

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする