日本初となるファッション特化のCGプロダクション「X Production」設立。デジタルヒューマン「葉山ニーナ」も同時デビュー。

日本初となるファッション特化のCGプロダクション「X Production」設立。デジタルヒューマン「葉山ニーナ」も同時デビュー。

株式会社オムニスが2019年9月30日より日本初のファッションに特化したCGプロダクション「X(Cross) Production」を設立。
第一弾プロジェクトとして、デジタルヒューマン「葉山初菜 (ニーナ)」がデビューした。

日本初となるファッション特化のCGプロダクション『X(Cross) Production』とは、
「3DCGで、ファッションクリエイションをアップデートする」ことをミッションに掲げ、2019年9月30日に設立したファッションに特化したCGプロダクション。
ファッションとCGを融合させたプロダクションとしては国内初となるそうです。

日常に根付いた活用を

CG技術は40年もの間、主にエンタメ領域で「非日常」の世界を表現することに活用されてきたことから、
これからは「日常」に根付いた、毎日の生活に役立つ存在にしていきたいと、生活に欠かせない衣食住の中でも特に「自己表現」することができるファッションに着目。
今後はファッション産業に関わる企画から販売、ユーザー体験までのあらゆる工程をCGと掛け合わせることで生まれるシナジーで、より効率的で便利に楽しいものへこれまで以上の表現可能性を広げることを目指すとのこと。

日本初となるファッション特化のCGプロダクション「X Production」設立。デジタルヒューマン「葉山ニーナ」も同時デビュー。

デジタルヒューマン「葉山ニーナ」デビュー

あわせて発表されたデジタルヒューマン「葉山ニーナ」のデビュー。
以下にて、「葉山ニーナ」の自己紹介をご覧ください。

葉山初菜(ニーナ)
年齢:21歳 1998年5月29日生
趣味:釣り,野球観戦,CGの勉強
特技:空気の匂いで季節を感じること
食べ物:光り物のお寿司,メロンソーダ

本人から一言:初めまして、葉山初菜です。ニーナって呼んでください!
いろんなタイプの洋服を着ることが大好きなので、今後はブランドやカテゴリー、値段にこだわらず、わたし自身が好きだと思ったものを自由に着ていきたいと思ってます♡

葉山初菜(ニーナ) インスタグラム

「葉山ニーナ」…「ニーナ」は、デビューと同時に定額ファッションレンタルサービス「SUSTINA」のトップも飾り、すでにファッションモデルとしての活動もスタートしており、今後はヴァーチャルインフルエンサーとしての自身のSNSアカウントからの発信だけでなく、ファッションブランドのモデル、動画、雑誌など枠にはまらない活動をしていく予定。
今後のニーナの活躍をお楽しみに。

SUSTINAとは

クローゼットを丸ごと借りるような体験ができる、定額制のファッションレンタルサービス。
初月に10点レンタル、毎月3点無料交換可。
月額¥4,900(税別)
SUSTINA

デジタルヒューマンとは

3DCGで描かれた、実在する人物やフォトリアルなキャラクター。
未来に向けて幅広い活用が見込まれ研究開発されている分野。
中でも自らの意志を持って発信するヴァーチャルインフルエンサーは、インスタグラムフォロワー数160万人を越えるMiquelaや「BALMAIN」のモデルにも起用されたShudu、国内ではインスタフォロワー数14万人を超えるimmaなど増え始め注目されていますが、国内にはまだ数体しかおらず黎明期と言われています。


株式会社オムニスの募集情報(求人・イベント情報)はREADY TO FASHIONでもご覧いただけます。
株式会社オムニスの募集情報

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする