アパレル大手ワールド、ファッション特化のITソリューションを行う「ファステック」を設立

株式会社ワールドとフューチャー株式会社は、2017年9月27日に資本業務提携契約を締結し、同年の10月2日に株式会社ファステック・アンド・ソリューションズ(略:ファステック)を設立した。

約60年、培った「現場」のノウハウと、ITコンサルティングに強いフューチャーグループが連携を行うことで、ファッション業界に対して価値をもたらすサービスを提供していく狙いだ。

 

【設立の経緯】

成熟化が進んでいると言われる国内ファッション産業において、スマートフォンやSNSなどの普及により消費者の購買行動が多様化する中、既成の枠組みを超えた新たなビジネスチャンスが生まれる兆しが見られている。

関連記事:【レポ|1/3】ファッション業界を変えるスタートアップ3社が語る、「いま業界に必要なイノベーションと人材」

しかし、ファッション固有の独自性を理解したビジネスサービスは非常に少ない状況にあり、特に、組織的な業務運営と効率的なオペレーション、それを支えるITソリューションへのニーズは非常に強いことが背景にある。

 

 

社名であるファステック・アンド・ソリューションズには、ワールドが培ってきたファッション業界(“FASHION”)の経験と蓄積を背景に、フューチャーの強みであるITコンサルティング(“TECH”)を軸に、様々な問題解決・仕組みを提供(”& SOLUTIONS“)し、クライアント企業と共にファッション産業の新たな価値創造に貢献していきたい、という想いが込められている。

 

Text: READY TO FASHION MAG 編集部
ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする