最初に入社する会社で人生って決まってしまう?

スナック Pierrot メインビジュアル

富士見ヶ丘のとあるスナック。
ここでは不定期にラジオ番組の収録が行われているらしい。

ファッション業界のキャリアについて考えるラジオ「スナック Pierrot」。
第2回目の配信は質問箱に寄せられた質問にお答えします。

「最初で選ぶ会社で人生って決まってしまうものなのですか?」

この質問にお2人はどのように回答したのでしょうか?
皆様からの質問もお待ちしておりますので、以下よりお気軽にご質問ください。

ラジオは以下リンクより聴くことができます。
最初に入社する会社で人生って決まってしまう?


マリ:皆さんこんばんわ。
スナック「Pierrot」からお送りする、キャリアに関する相談のラジオです。

今回も富士見ヶ丘のスナック「Pierrot」より私マリと吉田直哉さんの2人でお送りします。

吉田直哉(以下、吉田):よろしくお願いします。

マリ:ちょっと1回目から期間が空いてしまいましたね。これからも定期的に配信していく予定なんですけど。

吉田:配信するって言っちゃったからね。

マリ:はい。そうなんです。

吉田:ほんとはね。1回収録したんだけど、音の大きさなどなど素人が故にうまくいかず、もう一回録り直そうかということでようやく再収録です。

マリ:はい。ちょっと久しぶりの2回目をお送りさせていただくわけですが、なんかさっきツイッターを見たんですけど吉田さん執筆されてますね?

吉田:されてますねといいますか…はい、あの、
トプセラスタイルというところで、ファッション…あのアパレル・キャリア論にみたいなところについて書かせていただいてます。
そこでもちょっとこのラジオのことを宣伝してですね。

マリ:トプセラスタイルというのはどういうものなんですか?

吉田:ファッション業界の中で販売員さんの方を、より活き活きとというか、そういう人たちを助けたいという想いで、
各ファッションにおけるそれぞれの分野のプロフェッショナルの方達が、知見をブログや連載の中で共有するというメディアです。
私はその中でキャリア論のようなものを書かせていただいているという感じです。

マリ:それ(トプセラ)はツイッターで見れるんですかね?

吉田:もちろんツイッターでもアップはするんですけど、トプセラスタイルで検索すれば誰でも見れると思うので、そちらからご覧いただけると想います。

意外と知らない!?年収アップの方法論

私もそうなんですけど、販売員に限らず見てみると時流をつかみやすいというか、生の声が…

マリ:いろんな方がいらっしゃるんですよね。EC、MD、営業とか。

吉田:そうですね。なので是非みなさんに見ていただきたいな思います。でも月1回ですので。

マリ:ではみなさんはトプセラスタイルと検索していただき、ラジオと共にチェックしていただければと思います。
では、いつも通り今回もみなさんからいただいた質問をもとに進めていく番組ですので、
今日もひとつ質問にお答えしていきたいと思います。

吉田:質問きましたね。

マリ:いっぱいきてました!

吉田:あんまりキャリアに関係ない質問も多いですけど、、、

マリ:そうですね。こちらでは抜粋してキャリアに関する質問にお答えしたいと思います。

吉田:みなさんからの質問も基本ウェルカムですけど、キャリアに関する質問を、特にファッションに関するところが我々の得意分野ですので、トピックとしては選ばれやすいのではないかなと思います。

質問:最初に選ぶ会社で人生って決まってしまうものなのですか?

吉田:はいはいはいはいはい。

マリ:おそらく、こういう質問なので就活されている方とか、

吉田:か、もしくは就職したけど、なかなか自分の中で納得いっていない方かもしれないですね。

マリ:こういう質問が来てるんですけどどうですか?

吉田:やっぱり、ファッション業界に限らずね、
前はリクルートという会社で全業界のいろんな方の転職のお手伝い、相談にのってきたんですけど、
ファッションに限らないと思うんですが、ずばっと一言でこたえるならば、
”明確にこの道に進むのである”と決めている人にとっては、新卒の会社の選び方って、その後のキャリアにもものすごく影響してきます。
でも、”何やっていいかわかんないな”という方にとっては、何回でもやり直しがきくというか。

マリ:うーん

吉田:これ以外とみんな知らないんですけど、新卒の難関企業ってあるじゃないですか。
いわゆる大手企業とか有名企業って、倍率も高くてとか

マリ:皆がまずはいくような!

吉田:そうそうそうそう。
その企業に新卒でうかるよりも、転職の時に中途採用でうけるほうが合格率ってめちゃくちゃ高まるんですよ。

マリ:そういうものなんですか?

吉田:そうそう。自分も振り返ると、新卒でリクルートエージェント、今はリクルートキャリアと言われてますけど、受けてたら多分採用されていないんじゃないかなと思います。

マリ:それほど新卒でというのは難関なんですね。

吉田:難関というよりも、企業側も判断できる材料が、その人自身が話していることとか、あとはまぁ残念ながらまだまだ学歴とかもあるので、見えるもの、知ってるものでしか判断できないので結果的に絞られやすいんですけど、いざ社会に出ると、結局何ができるの?どんな実績残したの?というところを見るので、だんだん学歴とか外的な要因は影響しなくなってくるんですよ。

マリ:そうなんですね。

吉田:だからそういう意味では、「新卒でどうしても行きたかった〜。」「第一志望、人気企業入れなかった〜。終わった〜。」なんて思う必要なくて、そういう会社に入るチャンスなんかいくらでもありますからね。

マリ:それは挽回できるということなんですね。

やりたいことが明確なら慎重に

吉田:できるできる。ただ一方で、やりたいことが明確になっている場合って、そこから自分が目指すキャリアに近づけるかどうかでいくと、やっぱりその実例がほぼない。

マリ:それは結構難しい?

吉田:例えばですよ、う〜んそうだな。
ファッションでいうと、外資・ラグジュアリーブランドのMD、PR、まぁ人気職種と言われてますけどそこに就きたいと思った時に、自分が英語力を持っていない状態で、日本のアパレルの会社・ブランドからそこに近づけるかというとそう言うわけではなくて、まず最低限英語は絶対必要だよとか、英語プラス◯◯が必要だよって見ていくと、最初に選択する会社はものすごい重要になってくるので、明確になっている人にとっての最初の会社選びは後々の人生に影響すると思います。
だからこそ、いろいろな情報を集めて慎重に判断しましょうねっていうことが言えるかもしれないですね。
でも、そんな方、自分の感覚でいうとひと握り。

マリ:そうですよね。

吉田:みんなに、「じゃ将来どんな風になったらハッピー?」って聞くけど、
そこがなんかわからないですね。みたいな人が多いんですよ。
これは学生だけではなくて、転職相談に来る方もそうなんですけどね。
そういう方にとっては最初にいた会社からどうこうということではなく、努力次第でなんとでもなるので。

マリ:はい。

財産はそこで出会う人達

吉田:将来自分がやりたいことが見つかった時のために、それを実現できるだけの何かしらの力をつけておく。
会社の中だけでなく、会社以外も含めて。
という意識で仕事をしていって、その延長線上にもっとこういう経験を広げていきたいなっていうふうな形であれば、それこそ人生には最初の会社の影響なんていうのはあんまりないです。
ただ、強いて言うと、学校でもそうかもしれないですけど、そこに集まる人たち、これはやっぱり財産のひとつなので、どういう人たちとともに働くかという意味での会社選びはすごい大事かもしれないです。影響を及ぼすかもしれないですね。

マリ:それって吉田さんを見てるとそう思っていて、今も新卒で入社したバーニーズジャパンの同期の方とビジネスやったりって多いですよね。

吉田:あるね。はいはい。
これはたまたまなんだけど、バーニーズジャパンに入社した人間、バーニーズジャパンを選んだ人間というのが、
バラエティ豊かで、独立心旺盛な人間が多かったから、切磋琢磨して盛り上がったというのがあるかもしれないし、
先輩たちも含めて、業界で幅広くご活躍している方が多い会社なので、それのおかげで今の自分があるなというのはすごい感じていますけどね。

でも新卒のときに、ファッション業界のヘットハンティングやりたいですとか、スナックのオーナーやりたいですって思って入社したわけじゃないんで。(笑)
延長線上に今があると考えると、そんな新卒の会社でどうこうっていうが自分の人生に大きく影響するなんて重く捉えすぎなくても良いかなと思います。
ただ、自分が意思を持って選んだところは、反面自分に対する責任が伴うので、それを正解にするために必死こくというのは大事かなと思いますけどね。

マリ:そうですね。どこに入社してもやりきるというのは前提としてあって、そこで新しい夢を見つけるのか、目指すキャリアのステップを踏んでいくかとかですよね。

吉田:うんうん。
答えになってますでしょうかね。(笑)

マリ:どうでしょう。(笑)
今回質問をいただいたのが学生の方なのか、そうでないのか、今回のようにいろいろな質問、まぁ主にキャリアについてこの番組で引き続き答えていければなと思っております。

吉田:はい。もし今回質問してくださった方も、消化不良であればまた追加で質問していただいても構いませんので。
取り上げるかはわからないですよ。(笑)

マリ:もしくはスナックに来ていただければ随時お答えできますので。

吉田:そうそうそう。スナックに来ていただければお答えします。
ちょっと宣伝を挟みながら第2回の放送はこんな感じですか?

マリ:引き続き第三回もみなさんのキャリアに関する質問にお答えしていければなと思いますので、質問箱より質問お待ちしております。では本日もありがとうございました。

吉田:ありがとうございました。


ラジオを聴くなら

ラジオは以下リンクより聴くことができます。
最初に入社する会社で人生って決まってしまう?

質問箱にて質問受付中

みなさまからの質問は質問箱より承っております。
気軽にご質問ください。
https://peing.net/ja/naoya0115

最後に

求職者の方、人材紹介をご検討の方は以下よりお問い合わせください
READY TO FASHIONの人材紹介について問い合わせる

ファッション・アパレル業界特化の求人サービス「READY TO FASHION」は以下よりご覧ください
READY TO FASHIONの求人サービスを見る

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする