【連載】「お気に入りと出会う Vol.4 渡辺直美」デート服はあえてギャップを見せたい

ビヨンセのモノマネや、最近ではインスタグラムフォロワー日本一としても女性から高い支持を集める、お笑い芸人の渡辺直美さん。グラマラスな体型ならではの洋服の選び方や、自身がプロデュースする『PUNYUS(プニュズ)』での服づくりのこだわりについて語っていただきました。

 

あきらめずに着たい服を着る

 

とりあえずゴムかどうかをチェックしますね。身体がちぎれそうになるくらいキツイと大変なので、伸びる服かどうかは大事なポイントです。あとは、とにかく自分が着たい服を着るようにしています。若い頃はいろんなお店に行っても「どうせ私は入んないんだろうな」って思ってたけど、一度足を踏み入れてみたら「あれ?この服着れるじゃん」とか「こういう系統もいいかも」って洋服を選ぶ幅がすごく広がったんですよね。それ以来、あきらめずにいろんなお店やいろんなジャンルの洋服を見るようにしてますね。

 

デート服はあえてギャップを見せたい

ピンク色や紫色がすごい好きです。ピンクのTシャツにブルーのスカート、とか、結構派手派手な感じで組み合わせるのが好きなんです。洋服が派手だと、髪の毛やメイクが浮いちゃうので、そこもちゃんと合わせますね。全身真っ白いコーディネートにするのも結構好きかも。洋服だったらワンピースやセットアップも好きです。ただ、ジーンズを履くと股擦れ起こして股のところに穴があいちゃうので避けてます(笑)。

逆に、男の人とデートに行くときはあえて黒い服を着ていったりしますね。「直美ってこんな一面あるんだ」って男の人をキュンとさせようと思って。だから、万が一男の人と二人っきりになったときのことを考えて、黒のワンピースと白の下着は持ってます(笑)。

着心地と見た目、セクシーさとかわいらしさにこだわった服づくり

立っているときは着心地よくても、座ったらなんだか着心地が悪いなっていう服はやっぱり形がよくない。特に、私たちみたいに太っている人たちは、洋服の型によって着心地が随分変わるんです。

私がプロデュースする『PUNYUS(プニュズ)』のスタッフは、私以外みんなガリガリなので、太っている人の気持ちがわからない。だから、最初のサンプルは私が2人分入るんじゃないかって思うくらいデカイのをつくってきたりするときがあるんです。でも、太っている人の肩幅は痩せている人と一緒で、腕が太いから肩がでかく見えるだけ。だから、Tシャツやシャツをつくるときは肩幅は一緒で袖を太くするとか、着心地と見た目にこだわりますね。太っている人がただ大きい服を着ていると、もっと太って見えちゃうから、隠したいところを隠せたり、胸や鎖骨をあえて出してセクシーさとかわいらしさをアピールできたりする服づくりを意識しています。

お気に入りは家で洗わずクリーニングへ

洋服が好きでも汚しちゃうこともあるし、大好きな洋服だとたくさん着るからやっぱりほつれちゃうこともあるので、定期的にクリーニングに出しますね。日常用の服なら洗濯機でガンガン洗っちゃいますけどね。丈感が気に入ったTシャツを家で洗ったら、丈が短くなっちゃってガッカリしたことが何回かあったので、家で洗えるTシャツであっても好きなものはクリーニングに出すようにしています。

Text:お気に入りをもっと着たくなるライフスタイルマガジン「Lenet MAGAZINE

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする