インフルエンサーのセレクトショップ?韓国ファッション/コスメを販売できるECサイト「クローゼット」

 

椎木里佳 率いる株式会社AMFが、 韓国のglam commerce社との業務提携を締結し、 日韓およびASEAN諸国向けファッション・コスメ・インフルエンサーECビジネスを推進することを発表した。 第一弾として、 日本における韓国ファッション・コスメECサイト「kloset (クローゼット)」を本日7月3日にオープンする。

 

関連記事:
『ADINA MUSE(アディナミューズ)』インスタグラマーの吉竹美聡と金子麻貴を起用 

インフルエンサー×アパレル企業によるファッションブランドが盛り上がりをみせる。

 

【 kloset とは 】 

10代/20代女性に人気の韓国ソウル市の東大門ファッションおよびコスメをデータベース化し、 「セレクター」と呼ばれる各国のインフルエンサーが自由に商品を選んでkloset内にある自分のセレクトショップで販売できるサービスのこと。開始時は、 AMF代表取締役の椎木里佳、 韓国でも人気モデルのこんどうようぢ、 AKB48の元メンバーである市川美織、 SKE48の元メンバーである平松可奈子、 ポップティーン専属モデルの鶴嶋乃愛など、 ファッション分野で活躍しているインフルエンサーが多数参加し、 今後も各国のインフルエンサーが随時参加予定。

 

 

『kloset』に組み込まれているGlam Commerceのドロップシッピングアプリは、 10,000を越えるアパレル問屋が並ぶ韓国 東大門の大量のデータから若い女性向けアパレルの商品のみをリスト化。 インフルエンサーはその中から好きな商品をクリックするだけで、 すぐに商品サンプルが手元に届くため、自撮り画像を撮影してInstagramなどのSNSを通じて拡散、集客することが可能。そこから更に気軽に『kloset』内にある自分のセレクトショップで即時販売できるようになるため、スポンサーの依頼ではなく、インフルエンサー個人が本当に気に入った商品を発信できるようになる。また商品サイクルが早く、 在庫管理が難しい東大門のアパレルの流通問題の解決にも繋がりうる。

※ドロップシッピング:消費者がWebサイトを通じて商品を購入した際、商品の発送を、閲覧/購入に利用したWebサイトではなく、商品の製造元や卸元が直接行う取引方法のこと。

 

 

顧客が『kloset』を通じて購入した商品は、韓国のGlam Commerceの集中倉庫から即時に手続き・発送されるため、3~4日程度で日本の顧客に届けることができる。配送料は700円~(税別)を予定し、コスト面、スピード面において若者のニーズを満たす。

 

【サイト詳細】
■オンラインモール名:『kloset』
■オープン日:2018年7月3日
■URL:https://kloset.tokyo/

 

text: READY TO FASHION MAG編集部

 

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする