ファッション団体代表者インタビュー【vol.2 青山学院服飾愛好会】

「ファッション」を取り扱うサークルや学生団体が20団体所属している「fashion community 1.0」(以下略、fc)の、関東で活動する各団体の代表にインタビューする本企画。

第2回は、青山学院大学を拠点に活動する「青山学院服飾愛好会」(以下略、AFA)の代表を務める松本さんに、fcでの活動と様子について伺った。

青山学院服飾愛好会
2018年設立の学生服飾団体。プロデザイナーと一緒にデザインを練り、工場での服生産まで団体で行っている。ショーだけでなく販売まで行う、従来の学生団体の枠を超えた、「学生メゾン」という新体制が今年から始まる。


ー入学前から、fcの存在について知っていましたか?

自分は、大学入学した時に、服好きの友達が見せてくれたfcのビラを見て知りました。

ー現在、fcに入って活動してきて、メンバーの印象はどうですか?

最初は、皆モデルみたいで、ファッションモンスターみたい!というのが一番の印象です。しかし、関わっていく上で、中身はみんな本当にしっかりしていて、それぞれのファッションに対する視点や思いがしっかりしていて、同世代にこんなに面白い人たちの集まりがあることに驚きました。今は、ファッションに派生して、音楽やメディアなど学校の枠を超えて活躍するみなさんにいつもいい刺激をもらっています。

ー松本さんがAFAに入ったきっかけはなんですか?

元々は、fashion community1.0内の別の団体に所属していました。そこで活動していた際に、AFAに所属している知り合いに声をかけられたんです。そこで、見学に行ってみたところ、まさかの団体の体制が崩れかけていたタイミングだったんです。だけど、その様子をみて、なぜか自分がこのサークルを立ち直さなければダメだ!とどこかで思ったんです。そこですぐにAFAに入ることを決意しました。あとは、逆に、何も整ってないからこそ、伝統にしがみつくことなく、自由にやりたいことができるのではないかというワクワクする気持ちもありました。

ー普段はどんな格好で通学していますか?

あまり自分の服装にこだわってはいないです。肩幅が広めなので、サイズ感がクリアすればそれを着ています。最近は、80-90sの肩幅のあるダブルジャケットを切ることが多いですね。

ーでは、最後に、新入生に向けたメッセージをお願いします!

自信がある人もない人も、たくさん実践して、たとえ失敗したとしても、その際に得た知識や経験を今後の活動の中で生かして、成長するきっかけになればいいと思います。

現在、AFAでは、新規メンバーを募集中!

入会エントリーはこちらから:https://www.readytofashion.jp/articles/recruitments/365621679

 


text :  fashion community1.0編集部

 

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする