株式会社土屋鞄製造所のロゴ写真

株式会社土屋鞄製造所

https://tsuchiya-kaban.work/pages/new...

何をやっているのか/独自のサービス

「ものづくりの志」を胸に、 日本を代表する鞄ブランドへ。

1965年に、ランドセルづくりから始まった土屋鞄製造所。子どもたちの6年間の成長を支える丈夫さと、長く愛せる、シンプルで品のある佇まいを大切に。創業時から受け継がれている、確かな技術と豊富な知識を大人向けの鞄に生かして、一つひとつを丁寧につくっています。

土屋鞄の職人は、80代のベテランから20代の若手まで実にさまざま。ベテランからは、ものづくりに対する熱い思いや確立した技術を。若手からは、めまぐるしく変化する時代や環境に対応する柔軟さを。互いの良さを受け入れ刺激し合うことで、切磋琢磨しながらものづくりと向き合っています。

▽ 土屋鞄のランドセル
https://www.tsuchiya-randoseru.jp

▽ 大人向け革製品
https://www.tsuchiya-kaban.jp

▽grirose
https://grirose.jp/

  • 世界に伝えたいのは日本の「丁寧」という価値観

  • 性別を問わずに好きな色を選べるよう生まれたランドセル「RECO」

ファッション業界での役割

時を越えて愛される価値をつくる

ものを大切に使い続けること。
それは、新しいものを手に入れるより大変なこと。
汚れを拭いたり、修理したり、
けれど、その時間にこそ、きっと意味がある。
ものづくりに関わった全ての人、
ものをつくるために恩恵を受けた自然、
ものを使う自分自身の生き方すら
大切にすることだと私たちは思うのです。

職人の技、選びぬかれた素材、
製品の細部にまで思いを宿らせ、
使い手の生活に寄り添う特別な存在を、
時を越えて愛される価値をつくりたい。

その使命を胸に、私たちが伝えていきたい
「丁寧」という価値観があります。
ものだけでなく、人の縁や恩を大切にすること。
一瞬、一日の中に、小さな喜びを見い出し、重ねていくこと、
万物に愛情や思いやりを持つことは、
日本人が本来、大切にしてきたことだから。

そんな価値観を世界に広められたら
人はもっとお互いを尊重し、優しくなれる。
人と自然の間にある、たくさんの課題に貢献できるはず。

ものづくりを通じて、日本の「丁寧」を世界へ。
自分を、相手を、世の中を、愛する人が一人でも増えますように。

掲載求人 一覧を表示

公開中の動画

会社情報

  • 会社・団体名 株式会社土屋鞄製造所
  • 資本金 7,000万円
  • 設立年月 1965 年
  • 代表者氏名 土屋成範
  • 従業員数 615名(2022年8月現在)
  • 本社所在地 〒123-0841 東京都足立区西新井7-15-5
  • 業種 小売・リテール / メーカー / EC / 通販 /