自社メディアのディレクター募集!<日本テレビグループ|株式会社ウィークデー>のカバー写真

プロフィール/コンタクト情報を共有します。

※エントリー状況は、他ユーザには公開されません

応援している人:0人

※応援が多いほど募集は上位に表示されます

何をやるのか

■会社/事業部について
・株式会社ウィークデー
WEBファッションメディアを軸に運営している、日本テレビグループの企業です。
近年ではデジタル分野でマーケティングからクリエイティブ制作、モデル・タレントのマネジメントまで、幅広い事業を手がけています。
・運営メディア
Droptokyo(2007年〜)https://droptokyo.com/
The Fashion Post(2012年〜)https://fashionpost.jp/

■業務内容
自社メディア『Droptokyo』と『The Fashion Post』の、タイアップコンテンツ制作やサイト運用など、クリエイティブセクションの進行管理を担当していただきます。

・クライアントの開拓、案件獲得
・営業提案
・企画提案、プロジェクト全体の進行管理
・クライアントとのやり取り
・キャスティング
・モデルとの衣装合わせ
・撮影の手配や当日の立会い
・SNSアカウントの管理、レポート作成
・一部コンテンツの編集作業  etc...

どんな人に来て欲しいか


■必須経験
・広告のセールス、プランニングの実務経験2年以上
・WEB広告についての基礎知識

■歓迎経験
・マネジメント経験
・英語力
・Microsoft Office(Word、Excel、PowerPoint)
・ファッションリテラシー
・編集知識
※記事タイアップも多いため、編集知識があると提案の際に説得力が出て、クライアントからの信頼度も上がります

■求める人物像
・人とのコミュニケーションや交渉が得意な人
・自分なりのビジョンを持ち、目標達成のために責任を持って取り組める人
・ファッションが好きな人

■補足情報
企画提案から公開後のレポート作成まで一貫して取りまとめるので、関わる人物はクライアントだけでなく社内メンバー、外部パートナー、さらには出演するモデル・タレントと幅広いです。どれだけ細やかに連携できるかが重要になるので、交渉力などのコミュニケーションスキルが欠かせません。

当然ながらファッションを愛する気持ちは必須。ですが、ファッション業界のことだけを考えていても視野が狭まり、ワンパターンな提案しかできません。より多くの人に関心を持ってもらう企画を生むには、幅広い業界の知識を柔軟に活かして考えられる力が求められます。

事業部内は20代の若手が多く、日々試行錯誤しながら業務に励んでいます。チームワークの良さも魅力のひとつです。チームと連携しながら、メンバーの成長を自分のことのように喜べる人を歓迎します。

募集情報
募集地域 東京 /
勤務地住所 東京都港区南青山
勤務時間 9:00〜18:00(休憩1時間) ※就業規則記載の勤務時間 ※就業形態は、フレックス(コアタイムなし)または裁量労働制
勤務期間 1年以上
試用期間 半年以内
賃金

経験を考慮の上、話し合いにて決定します。

社会保険 健康保険 / 厚生年金 / 雇用保険 / 労災保険 /
待遇・福利厚生 土日祝日休み / 交通費支給 / 社内制度あり / 昇給あり / 急募求人 / 語学を生かす / 業界を学べる /

土日祝、慶弔休暇、年次有給休暇、年末年始休暇

企業のカバー写真
何をやっているのか/独自のサービス

ファッション・アパレル業界に特化した人材紹介事業

  • ファッションビジネスマッチングアプリ

弊社はファッション業界特化の求人プラットフォーム「READY TO FASHION」を開発・運営するスタートアップ企業です。

本アカウントは、弊社にて提供する “人材紹介/エージェントサービス専用” のアカウントとなります。

※人材紹介とは、弊社専任のキャリアコンサルタントと面談を行っていただき、ご経歴やご希望の条件をお伺いした上で、求人をご案内するサービスです。ご応募頂いた当該求人以外にも、条件にマッチする求人を多数ご提案可能です。
※自己応募いただいた方につきましては、サイト上の記載内容を基に書類選考させていただき、通過者にのみこちらからご連絡させていただきます。

ファッション業界での役割

ファッションは人で加速する。

アパレル不況が叫ばれている日本では、地方のテキスタイルメーカーや縫製工場、デザイナー、販売員などファッションに携わる、多くの人の生活が厳しくなってきています。人をワクワクさせ、生活を豊かにするはずのファッションが、それを創り出している人の生活を苦しめるような、皮肉なことが起こっています。

グローバル企業、特にファストファッションによる影響や、旧態依然の経営システムなど様々な要因があると言われていますが、こんな業界を変えることが出来るのは、"人"しかいないと思っています。

また、10年後、そして20年後、AIや機械化が進んでいくと、必要となるのは人々の感性を刺激するこの業界だと信じています。

参考記事:業界人が見ているレポートを分かりやすく解説。数字から業界の未来を照らす。
https://www.readytofashion.jp/mag/news/report_for_young/

会社も業界も世の中も、詰まる所、"人"によって全てが決まってくると考えます。

この業界がアジア・全世界に対して産業として勝負していけるような人材をREADY TO FASHIONを通じて、輩出、マッチングをしていきます。

会社情報
会社・団体名 READY TO FASHION 公式アカウント
資本金 3010万円
設立年月 2016年11月
代表者氏名 髙野 聡司
従事者数 15人(インターン・アルバイトを含む)
本社所在地 東京都渋谷区代官山町14-24 ワイエム代官山 5F

プロフィール/コンタクト情報を共有します。

※エントリー状況は、他ユーザには公開されません