【Webマーケター】土屋鞄製造所|マネージャー候補を募集!|東京(神田)勤務のカバー写真

プロフィール/コンタクト情報を共有します。

※エントリー状況は、他ユーザには公開されません

何をやるのか

【土屋鞄製造所について】
1965年創業。土屋鞄製造所 (TSUCHIYA KABAN) は、皮革製品を中心に、メイドインジャパンのランドセル、財布、バッグ、ステーショナリーなどを展開。
鞄としてただ機能するだけでなく、ずっと、思い出のうつわとして、使う人の傍らにいられるものを製造。職人の手仕事、さらに、その技術を世代を超えてつなぎ、メイドインジャパンの品質を高めていくことも信条。若い世代の職人も育てている。

現在は、東京、横浜、名古屋、京都、神戸、福岡などに直営店を出店し、2015年には、軽井沢に店舗併設のランドセル工房「土屋鞄製造所 軽井澤工房」をオープンいたしました。


【仕事内容】
土屋鞄の大人向け鞄事業およびランドセル事業の売上拡大に向けて、WEBマーケティング領域全体の戦略設計~施策実行のディレクションまでお任せします。

<具体的な業務内容>
・WEBマーケティング全体の戦略立案(広告運用は除く)
・各種集客施策の企画、実行、効果検証
・CVR向上のための施策立案、実行、効果検証
・KPI設計
・デザイナー、エンジニアと連携したWebサイトの改善

どんな人に来て欲しいか

【必須スキル】
・広告代理店もしくは事業会社でのデジタルマーケティング実務経験5年以上
・マーケティング戦略の立案、実行経験
・データ分析に基づくPDCA経験
・WEB広告、SEO、SNS、DM、オウンドメディアなど集客チャネル全般の知識
・社外や他部署との調整、ファシリテーション能力
・プロジェクトマネージャーとして施策を遂行した経験


【歓迎条件】
・マネジメント経験
・WEB制作ディレクション経験
・WEBサイト運営経験


【求める人物像】
・新しい技術やツール、取り組みへの関心が高い方
・職域にとらわれず、困難な課題に対して解決策を積極的に模索できる方
・土屋鞄のブランドや製品に対して愛着や共感を持っていただける方

募集情報
募集地域 東京都 /
勤務地住所 東京都千代田区外神田 6-8-3
勤務時間

<勤務時間>
フレックスタイム制
※コアタイムなし(7時~22時のあいだで実働8時間)


<休日休暇>
年間休日:116日以上(※自社カレンダーによる)

・土日祝
・年末年始休暇
・特別休暇
・慶弔休暇
・産前産後休暇
・育児休暇
・介護休暇 等

勤務期間 期間なし
試用期間 3ヶ月以内
賃金

<給与>
想定年収:4,500,000円 ~ 6,000,000円 (年俸制)
※上記の金額には固定残業手当(10時間分)が含まれています。
※10時間超過分は別途全額支給
※正式な金額は、内定後にご本人の希望や経歴/スキルに基づき決定いたします。


<その他>
・昇給年1回(年2回の評価により決定します)
・賞与無し(業績により支給する場合あり)
・通勤手当(規定あり)

社会保険 健康保険 / 厚生年金 / 雇用保険 / 労災保険 /
待遇・福利厚生 土日祝日休み / 交通費支給 / 社内制度あり / 昇給あり / 急募求人 / 語学を生かす / 服装自由 / 業界を学べる / 教育制度あり / 学歴不問 / 高校生不可 / 試用期間あり / 住居手当あり / 屋内の受動喫煙対策 /

社販制度 / リモートワーク制度 / リモート小児科相談 / 産婦人科相談 / リロクラブ加入 等

企業のカバー写真
何をやっているのか/独自のサービス

人の手のあたたかさの中で、うまれて、生きる鞄を。

  • メイドインジャパンを世界中の人に伝えたい。

  • 「ものづくりの志」を胸に、「世界に通じるブランド」を目指しています。

1965年の創業時は、小さなランドセル工房だった土屋鞄製造所。今では、製品の企画から販売まで一貫して、ものづくりに取り組んでいます。昔も今も、「丈夫で美しくシンプルなランドセルづくり」を大切に。子どもたちの6年間にしっかり寄り添うランドセルをつくり続けています。また、子どもたちの心の中に、愛された記憶が残ることを願って、人生で一度きりのランドセル選びのお手伝いもしています。

2000年ごろからは、大人向け革製品の製造も開始。日本の感性と職人による丁寧な仕立てを大切に。10年以上愛される定番アイテムから季節の限定品まで、良質な革素材を生かしたオリジナルの革鞄・革小物を展開しています。

▽ 土屋鞄のランドセルサイト
https://www.tsuchiya-randoseru.jp

▽ 大人向け革製品サイト
https://www.tsuchiya-kaban.jp

また、世代を超えてメイドインジャパンの技術をつないでいくことも、土屋鞄製造所の信条。「ものづくりが好き」という若手のエネルギーも、「ずっと、これだけをやってきた」という熟練のまっすぐなパワーも大切にしながら、日々製品を製造しています。

ファッション業界での役割

人の手のあたたかさの中で、うまれて、生きる鞄を。

  • 完成の「そのさき」を考えたものづくりが、土屋鞄の原点。

  • 各部門のスタッフが同じ想いを持って製品をつくり、お客さまへお届けしています。

土屋鞄は「鞄」に思い出が宿ることを、いつも考えています。
そのためには丈夫でなくてはならない 。
時が経っても持ち主に似合うデザインでなくてはならない。

鞄としてただ機能するだけでなく、
ずっと、思い出のうつわとして、お客さまの傍らにいられるもの 。

そして使っていくうちに

相棒のような
家族のような
親友のような
あなたにとって、普通で、欠かせない存在になれたなら。

そう願いながら、一つひとつを丁寧に、人の手で。
良質な革素材と手仕事に、
思いを込めてつくっています。

▽ Instagram 
https://www.instagram.com/tsuchiya_randoseru/
https://www.instagram.com/tsuchiya_kaban

▽ Twitter 
https://twitter.com/tsuchiya_kaban

会社情報
会社・団体名 株式会社土屋鞄製造所
資本金 7,000万円
設立年月 1965 年
代表者氏名 土屋成範
従事者数 554名(2019年4月現在)
本社所在地 〒123-0841 東京都足立区西新井7-15-5

プロフィール/コンタクト情報を共有します。

※エントリー状況は、他ユーザには公開されません