【2022年卒】私たちと一緒に土屋鞄の「これから」をつくっていく方を募集します。のカバー写真

プロフィール/コンタクト情報を共有します。

※エントリー状況は、他ユーザには公開されません

  • プロフィール写真
  • プロフィール写真

応援している人:2人

※応援が多いほど募集は上位に表示されます

何をやるのか

<総合職>
・店舗スタッフ
・カスタマーサポート
・広報
・プランナー、ディレクター
・生産製造管理
・人事(採用・研修)
・人事(労務)
・経理
・総務
・店舗運営
・海外事業
・事業推進
・新規事業
・社内SE
・マーケター
など

<デザイナー職>
・WEBデザイナー
・グラフィックデザイナー
・ライター
・フォトグラファー
・店舗空間ディレクター
・マーケター
・ECデザイン構築
・製造
など

どんな人に来て欲しいか

<背景>
土屋鞄製造所は今年54年目を迎える、老舗鞄メーカーです。
今そんな弊社へ、大手車メーカーのマーケターをはじめ、様々な面白い人材が集まってきています!
ファミリーカンパニーから、パブリックカンパニーへと世界へ向けた変貌を遂げて行くためには、次世代の若い価値観が必要です。
メイドインジャパンを世界中の人に伝えるため、最新のデジタルシステムを取り入れた販促活動や製品管理に取り組むなど、時代の先を見据えながら、常に新しいチャレンジを続けています。


<採用担当メッセージ>
50歳以上のベテラン職人、店舗スタッフ、新卒で入社をしたデザイナー、デジタルやテクノロジーで、ものづくりを伝えることを考える人、様々な職種、世代の人たちが集まって土屋鞄というブランドをつくっています。今まで積み上げてきたものづくりの技術・品質、お客さまへの思いを守りながら、新しいことにもチャレンジをしていこうと考えていて、大人になってもわくわくできるそんなものづくりの会社です。

「土屋鞄の一員となり、一緒にブランドをつくっていきたい」そんな真っすぐな方のご応募、心よりお待ちしていますね。


<応募フロー>
①エントリー頂けましたら、メッセージより、マイページ登録用のURLをお送りします。
②マイページ登録
③説明会参加
④履歴書提出(デザイナー職はポートフォリオ提出)
⑤選考

募集情報
募集地域 東京 / 大阪 / 名古屋 / 京都 / 福岡 / 札幌 / 横浜 / 北海道・東北 / 関東 / 北陸・甲信越 / 東海 / 近畿 / 中国・四国 / 九州・沖縄 /
勤務地住所 東京都千代田区外神田6-8-3
勤務時間 7:00~22:00の間で実働8時間 (配属先により変動)
勤務期間 期間なし
試用期間
賃金

年棒制:基本給(高卒226,000円/大卒245,000円)
+固定残業代(10時間)
+諸手当
※残業10時間超過分は別途支給
※製造スタッフの場合、固定残業代は含まない
※会社の業績により別途業績賞与が支払われる場合がある
昇給:年1回

社会保険 健康保険 / 厚生年金 / 雇用保険 / 労災保険 /
待遇・福利厚生 土日祝日休み / 交通費支給 / 社内制度あり / 教育制度あり / 住居手当あり /

交通費支給(上限10万円/月)
住宅補助/引っ越し費用負担(入社後に転居を伴う異動が発生した場合)
チャイルドプラン制度
産前産後休暇制度
育児休暇制度
時短勤務制度
副業可

企業のカバー写真
何をやっているのか/独自のサービス

人の手のあたたかさの中で、うまれて、生きる鞄を。

  • メイドインジャパンを世界中の人に伝えたい。

  • 「ものづくりの志」を胸に、「世界に通じるブランド」を目指しています。

1965年の創業時は、小さなランドセル工房だった土屋鞄製造所。今では、製品の企画から販売まで一貫して、ものづくりに取り組んでいます。昔も今も、「丈夫で美しくシンプルなランドセルづくり」を大切に。子どもたちの6年間にしっかり寄り添うランドセルをつくり続けています。また、子どもたちの心の中に、愛された記憶が残ることを願って、人生で一度きりのランドセル選びのお手伝いもしています。

2000年ごろからは、大人向け革製品の製造も開始。日本の感性と職人による丁寧な仕立てを大切に。10年以上愛される定番アイテムから季節の限定品まで、良質な革素材を生かしたオリジナルの革鞄・革小物を展開しています。

▽ 土屋鞄のランドセルサイト
https://www.tsuchiya-randoseru.jp

▽ 大人向け革製品サイト
https://www.tsuchiya-kaban.jp

また、世代を超えてメイドインジャパンの技術をつないでいくことも、土屋鞄製造所の信条。「ものづくりが好き」という若手のエネルギーも、「ずっと、これだけをやってきた」という熟練のまっすぐなパワーも大切にしながら、日々製品を製造しています。

ファッション業界での役割

人の手のあたたかさの中で、うまれて、生きる鞄を。

  • 完成の「そのさき」を考えたものづくりが、土屋鞄の原点。

  • 各部門のスタッフが同じ想いを持って製品をつくり、お客さまへお届けしています。

土屋鞄は「鞄」に思い出が宿ることを、いつも考えています。
そのためには丈夫でなくてはならない 。
時が経っても持ち主に似合うデザインでなくてはならない。

鞄としてただ機能するだけでなく、
ずっと、思い出のうつわとして、お客さまの傍らにいられるもの 。

そして使っていくうちに

相棒のような
家族のような
親友のような
あなたにとって、普通で、欠かせない存在になれたなら。

そう願いながら、一つひとつを丁寧に、人の手で。
良質な革素材と手仕事に、
思いを込めてつくっています。

▽ Instagram 
https://www.instagram.com/tsuchiya_randoseru/
https://www.instagram.com/tsuchiya_kaban

▽ Twitter 
https://twitter.com/tsuchiya_kaban

会社情報
会社・団体名 株式会社土屋鞄製造所
資本金 7,000万円
設立年月 1965 年
代表者氏名 土屋成範
従事者数 554名(2019年4月現在)
本社所在地 〒123-0841 東京都足立区西新井7-15-5

プロフィール/コンタクト情報を共有します。

※エントリー状況は、他ユーザには公開されません