【生産管理】土屋鞄製造所|ランドセルチームのリーダー募集!|東京/西新井のカバー写真

プロフィール/コンタクト情報を共有します。

※エントリー状況は、他ユーザには公開されません

何をやるのか

【土屋鞄製造所について】
1965年、小さなランドセル工房として創業。
現在は皮革製品を中心に、メイドインジャパンのランドセル、財布、バッグ、ステーショナリーなどを展開。
製品の企画・製造から販売まで一貫して、ものづくりに取り組んでいます。昔も今も、「丈夫で美しくシンプルなランドセルづくり」を大切に。子どもたちの6年間にしっかり寄り添うランドセルをつくり続けています。
そして世代を超えてメイドインジャパンの技術をつないでいくことも、土屋鞄製造所の信条です。

▽ 土屋鞄のランドセルサイト
https://www.tsuchiya-randoseru.jp


【仕事内容】
お客様に寄り添った土屋鞄のものづくりの背景には、生産管理チームの活躍が欠かせません。
特に土屋のランドセルは300以上のパーツと150以上の製造工程を必要とします。
ひとつの製品ができる上がるまでの緻密な計画と、計画的な生産のための安定した部材調達が大変重要となります。

■業務詳細(ご経験に応じて変動)
・自社企画部門と調整しながら製造計画を立案
・自社製造部門や外部パートナーの納期管理
・組織体制の改善、最適化
・製造部門との連携(業務精査)
など

■組織について
 生産管理のチームはランドセルと一般鞄に分かれており、今回の募集はランドセルチームでのリーダーポジションを想定しております。
 アルバイト社員を含め20名の大きなチームです。

<このポジションの魅力>
自社で一貫してものづくりを行っている会社ですので、製造や企画と一緒に動き、自社ブランドを創っていく面白さがあります。
また、日々発生する様々なイレギュラーな場面に対しても迅速に対応しつつ、現在の土屋鞄のものづくりがより効率的に進むよう改善していくところにも携わっていただきます。

どんな人に来て欲しいか

【必須スキル】
■サンプル作成から量産まで一貫して担当されてきた方
■後輩育成経験
■年間計画立案と納期管理のご経験
■自社もしくはクライアントの企画部門に対し生産管理としての見解で提案をされてきた方

※アパレル出身の生産管理経験者も多数活躍中です。
 革製品未経験であっても仕事をする中で覚えていって頂ければ問題ありません。

【歓迎条件】
■量産体制の構築経験
■社内外問わず現場に足を運び作り手と関係構築されてきた方
■複数のパーツを要する製品の生産管理経験
■納期管理・原価管理・部材調達など幅広く携わられていた方

【求める人物像】
こんな方にお勧めです!
■状況に応じて柔軟に対応できる方
■ものづくりに近い位置で生産管理のキャリアを積みたい方
■製造現場へのリスペクトがある方
■ブランドをつくっていくことに興味がある方
■マネジメントのキャリアを築きたい方

募集情報
募集地域 東京都 /
勤務地住所 東京都足立区西新井7-15-5 西新井本社
勤務時間

<勤務時間>
所定労働時間8時間/日(標準勤務時間9:00~18:00)
フレックス勤務(コアタイムなし/7:00~22:00)
リモート勤務可(100%リモート勤務は業務上不可)


<休日休暇>
年間休日:116日以上
※自社カレンダーによる。2022年度は118日。

・土日祝
・年末年始休暇
・特別休暇
・慶弔休暇
・産前産後休暇
・育児休暇
・介護休暇 等

勤務期間 期間なし
試用期間 3ヶ月以内
賃金

<給与>
想定年収420~550万円(年俸制)
【内訳】 想定年収が450万円の場合…月額固定給:約35万円(内、固定残業代10時間分約2.7万円を含む)
【備考】
①固定残業代は10時間分を含み、超過分は別途支給。
②上記金額はあくまで目安であり、正式な金額は内定後にご本人の希望や経歴/スキルに基づき決定いたします。


<その他>
・昇給年1回(年2回の評価により決定します)
・賞与無し(業績により支給する場合あり)
・通勤手当(規定あり)

社会保険 健康保険 / 厚生年金 / 雇用保険 / 労災保険 /
待遇・福利厚生 土日祝日休み / 交通費支給 / 社内制度あり / 昇給あり / 急募求人 / 服装自由 / 業界を学べる / 教育制度あり / 学歴不問 / 高校生不可 / 試用期間あり / 屋内の受動喫煙対策 /

確定拠出型年金制度 / 社販制度 / リモート小児科相談 / 産婦人科相談 / リロクラブ加入 / 住宅補助 / 引っ越し費用負担(入社後に転居を伴う異動が発生した場合) / 健康促進制度

企業のカバー写真
何をやっているのか/独自のサービス

人の手のあたたかさの中で、うまれて、生きる鞄を。

  • メイドインジャパンを世界中の人に伝えたい。

  • 「ものづくりの志」を胸に、「世界に通じるブランド」を目指しています。

1965年の創業時は、小さなランドセル工房だった土屋鞄製造所。今では、製品の企画から販売まで一貫して、ものづくりに取り組んでいます。昔も今も、「丈夫で美しくシンプルなランドセルづくり」を大切に。子どもたちの6年間にしっかり寄り添うランドセルをつくり続けています。また、子どもたちの心の中に、愛された記憶が残ることを願って、人生で一度きりのランドセル選びのお手伝いもしています。

2000年ごろからは、大人向け革製品の製造も開始。日本の感性と職人による丁寧な仕立てを大切に。10年以上愛される定番アイテムから季節の限定品まで、良質な革素材を生かしたオリジナルの革鞄・革小物を展開しています。

▽ 土屋鞄のランドセルサイト
https://www.tsuchiya-randoseru.jp

▽ 大人向け革製品サイト
https://www.tsuchiya-kaban.jp

また、世代を超えてメイドインジャパンの技術をつないでいくことも、土屋鞄製造所の信条。「ものづくりが好き」という若手のエネルギーも、「ずっと、これだけをやってきた」という熟練のまっすぐなパワーも大切にしながら、日々製品を製造しています。

ファッション業界での役割

人の手のあたたかさの中で、うまれて、生きる鞄を。

  • 完成の「そのさき」を考えたものづくりが、土屋鞄の原点。

  • 各部門のスタッフが同じ想いを持って製品をつくり、お客さまへお届けしています。

土屋鞄は「鞄」に思い出が宿ることを、いつも考えています。
そのためには丈夫でなくてはならない 。
時が経っても持ち主に似合うデザインでなくてはならない。

鞄としてただ機能するだけでなく、
ずっと、思い出のうつわとして、お客さまの傍らにいられるもの 。

そして使っていくうちに

相棒のような
家族のような
親友のような
あなたにとって、普通で、欠かせない存在になれたなら。

そう願いながら、一つひとつを丁寧に、人の手で。
良質な革素材と手仕事に、
思いを込めてつくっています。

▽ Instagram 
https://www.instagram.com/tsuchiya_randoseru/
https://www.instagram.com/tsuchiya_kaban

▽ Twitter 
https://twitter.com/tsuchiya_kaban

会社情報
会社・団体名 株式会社土屋鞄製造所
資本金 7,000万円
設立年月 1965 年
代表者氏名 土屋成範
従事者数 554名(2019年4月現在)
本社所在地 〒123-0841 東京都足立区西新井7-15-5

プロフィール/コンタクト情報を共有します。

※エントリー状況は、他ユーザには公開されません