企業のロゴ写真
Uni-Share
【学生団体】Uni-Share magazine 新年度 新規メンバー募集中のカバー写真

プロフィール/コンタクト情報を共有します。

※エントリー状況は、他ユーザには公開されません

  • プロフィール写真
  • プロフィール写真
  • プロフィール写真
  • プロフィール写真
  • プロフィール写真
  • プロフィール写真
  • プロフィール写真
  • プロフィール写真

応援している人:34人

※応援が多いほど募集は上位に表示されます

何をやるのか

Uni-Shareでは、2020年度新規メンバーを募集しています。

【活動内容】
Uni-Shareはファッションに焦点を当てたフリーマガジンを企画・発行する学生団体です。首都圏の大学、専門学生約40人が在籍し、年二回の発行を目処に活動しています。
新たな魅力的なファッションスタイルを提示することはもちろん、若者が日々感じる葛藤や思いをファッションと共に、誌面を通して表現することを私たちは重要視しています。
それは情報がネット上に溢れている現代において、若者の主張を形に残す必要性があると確証しているからです。
私たちの視点によるファッション、そして私たち自身の思想を共有することで、読者の世界観の拡張を目指します。

【詳細】
・会議は毎週木曜日19:00~21:00(長期休暇期間は時間変更あり)
・テーマ決めをし、話し合いを重ねて制作を行っていく
・基本的に好きな企画に入り、企画を進めていくことができる
・企画とは別に団体として以下3つの局のどれかに入る必要がある
・渉外局…企業と交渉して活動に必要な資金調達をする
・広報局…SNS運営、マガジンの設置等、マガジンの存在を広める
・デザイン局…誌面のデザイン、印刷会社の手配をする(Adobe購入が必須)
・入団費用15000円(年間)

制作会議では学年男女関係なく全員で意見を交換し合える環境を作っています。また、全員の前で自分の意見や思っていること、分からないこと、違うと思うことが自信を持って言えるようにしています。
Uni-Shareに興味を持って頂いた方はもちろん、常に反骨心を忘れずにいる方、簡単に満足しない方、何かを表現して形にしたい方、そして団体というコミュニティである上、周りを見てみんなへの思いやりを忘れない方に是非来てほしいと思います。

マガジン制作を通して、みんなで一つのものを作る楽しさ、自分の考えを表現し形にすることの面白さを味わえて頂ければと思います。

どんな人に来て欲しいか

Uni-Shareでは、2020年度新規メンバーを募集しています。
学年や大学は問わず参加ができるので、興味がある方は是非ご応募ください。
ファッションのみならず、写真やメイク、文章が好きな方など、様々な分野にアンテナを張っている方々の参加をお待ちしております。

対象: 大学生/専門学生 (学年や大学は問わず参加が可能です。)

【新歓イベント詳細】
coming soon...

募集情報
募集地域 東京 /
勤務地住所
勤務時間 毎週木曜日19:00~21:00
勤務期間
試用期間
賃金

社会保険
待遇・福利厚生
企業のカバー写真

メンバー

何をやっているのか/独自のサービス

ファッションで深める、繋げる、広げるセカイ

  • Uni-Share vol.16「鴉」

  • 映画『少女邂逅』タイアップ企画「GIRL'S ENCOUNTER」

私たち学生の考えや感覚を、ファッションを媒体に可視化することを目的としてフリーマガジンを制作しています。
発行は4月・10月の年2回で、リリースに伴いイベント等も行っています。
1冊を通してのコンセプトを考え、ビジュアル・インタビュー企画に分かれ撮影やインタビューを終えた後編集作業を行います。撮影はプロのカメラマン、モデル、スタイリスト、ヘアメイクの方々にオファーし、キャスティングさせて頂いています。また、取材相手もデザイナーやその他多種多様なクリエイターの方々と繋がることで、学生とプロのクリエイターが同じ目線でものづくりを行うことを大切にしています。
刺激的な新しい世界に踏み出し、視野を広げることを大切にしながら「私たちにしかつくれないもの」を制作しています。

ファッション業界での役割

生産者ではなく、継承者であること

  • Uni-Share vol.16「TOKYO」

  • Uni-Share vol.17 誌面一部

Uni-Shareは手に取ってほしい読者層を定めてはいません。また、私達が数々の打ち合わせや撮影、編集を経て完成した1冊が「誰かのためになってほしい」「誰かの役に立つ雑誌になってほしい」とも思ってはいません。
Uni-Shareをどんな人が手に取ってくれるか、読んでどんな感情が湧くか、どんな思いが込み上げるのか、それは人それぞれ異なると思います。
私たちが作ったものが人のためにならなくてもいい。でも、誰かの心に生き続けるマガジンとなってほしいと考えています。Uni-Shareは、ファッションを伝えるマガジンではなく、「ファッションを通して世界を広げていけるマガジン」でありたい。
私叩いは、ファッション誌の生産者ではなく、思いを伝え読者の心へ伝える継承者でありたいと思っています。
消費されないマガジンを目指し、これからも私たちのUni-Shareを作っていきたいと考えています。

会社情報
会社・団体名 Uni-Share
資本金
設立年月 2010年
代表者氏名
従事者数 約50名
本社所在地

プロフィール/コンタクト情報を共有します。

※エントリー状況は、他ユーザには公開されません