カバーの写真

プロフィール/コンタクト情報を共有します。

※エントリー状況は、他ユーザには公開されません

イベント詳細

ファッションショーを開催します

身の周りのありふれた馨。
人によって馨の感じ方は様々で、その中にはには数多の記憶が混在する。
実体のない「馨」を各々の解釈で、服という媒体によって
視覚的に漂わせる。

ショーへの参加は完全予約制になっておりますのでお忘れのないようお気をつけください。
当日は3部に分けてファッションショーを行います。内容は全て同じですので、ご都合の合います時間帯にご参加ください。

こちらのイベントページは、3rdになります。

【イベント概要】
テーマ:馨

ショーコンセプト:遠くに佇む微かな記憶
         馨は記憶の糸を手探り寄せ
         新たな形を紡ぎ出す
         嗅覚から視覚へ
         馨を纏い、貴方へ漂う

日時:7月16日(日)open18:00 start18:30


場所:立教大学ウィリアムズホール4階


入場無料、要予約

『参加する』のボタンより予約をすることができます。

こんな人に来て欲しい!

どなたでもご来場おまちしております


服飾系、美容系の専門学校に通っている学生さんやファッションサークルにか言っている学生さんはもちろん、ファッション業界の方達や企業の方々に来ていただきたいです。
服が好きなかた、そうでない方なども、もし自分たちのファッションショーを気になっていただけたのなら是非ご参加ください。

イベント情報
イベント名 ファッションショー「馨」3rd
開催日時 2017/07/16 18:00 ~ 2017/07/16 19:30
開催場所

立教大学ウィリアムズホール4階

企業のカバー写真
何をやっているのか/独自のサービス

学生によってファッションショーを運営しています

都内の大学生、専門学生によって構成されています。


50年以上の歴史があり、過去にはKEISUKEYOSHIDAの吉田圭佑さんや

NORIKONAKAZATOの中里周子さんなど、現在デザイナーとして活動している方も在籍していました。

自分たちはテーマに基づき、

服のデザインから制作、音響、映像、内装、演出、モデル管理

など全て自分たちで手がけ1つのファッションショーを創り出します。

専門学生でも、ブランドのデザイナーでもない。

「売るための服ではない」を念頭に置き、ファッションショーを提案する

社会に目を向け、感じ、考え、創り出す。ファッションショーの全ての要素で

1つの世界観を創造することに専念している。

ファッション業界での役割

学生によってファッションショーを運営しています

都内の大学生、専門学生によって構成されています。


50年以上の歴史があり、過去にはKEISUKEYOSHIDAの吉田圭佑さんや

NORIKONAKAZATOの中里周子さんなど、現在デザイナーとして活動している方も在籍していました。

自分たちはテーマに基づき、

服のデザインから制作、音響、映像、内装、演出、モデル管理

など全て自分たちで手がけ1つのファッションショーを創り出します。

専門学生でも、ブランドのデザイナーでもない。

「売るための服ではない」を念頭に置き、ファッションショーを提案する。

社会に目を向け、感じ、考え、創り出す。ファッションショーの全ての要素で

1つの世界観を創造することに専念しています。

会社情報
会社・団体名 服飾デザイン研究会/FDL
資本金
設立年月 1959年
代表者氏名 山本應士
従事者数 50人
本社所在地

参加すると企業と繋がることができます。

※エントリー状況は、他ユーザには公開されません