豊島株式会社のロゴ写真

豊島株式会社

https://www.toyoshima.co.jp/

何をやっているのか/独自のサービス

繊維を扱う専門商社から消費者の衣食住を支える「ライフスタイル商社」へ

世界各地から原料・糸・生地の買付け・販売や、最終製品の企画から生産管理、納品まで一連のプロセスを手掛けファッション産業のあらゆる過程において総合的に事業を展開しています。また、持続可能なライフスタイルを提案する企業としてさまざまなサステナブル素材や機能素材の開発と提供、そしてテックベンチャーへの投資やスマートウェアの開発を推進しています。

●織物部門(生機・テキスタイル)
世界各地の紡績会社(糸屋)や繊維メーカーから糸を買い付け、オリジナル生地の開発、
生産、販売を世界中のお客様に行います。

●製品部門
アパレルメーカーの企画やデザインをもとに、主に海外で服を生産し、
納品までを行います。また、直接小売店と商談を交わし、
服の企画やデザイン・生産・納品までを一貫して行う場合もあります。

  • 製品部門 商談の様子

  • 女性社員発 自社ブランド「Hogara」

ファッション業界での役割

繊維業を基盤に、消費者の衣食住を支える「ライフスタイル商社」へ

豊島の創業は1841年。創業181年以上の実績がある、繊維のトレーディングをメインに扱う専門商社です。被服の素材となる原糸や生地の輸入から、みなさんがよくご存知のブランドの最終製品の企画・製作まで。アパレルを中心に、繊維に関わる「川上から川下まで」に一貫して携わっています。

当社の強みはこの伝統によって培われてきた組織力と、幅広い取扱商品のある総合力。これらを武器に、繊維製品の枠を越え消費者の衣食住を支える「ライフスタイル商社」へ変革を遂げています。

当社の社員達は、まさに繊維のスペシャリスト集団です。「仕事を全うする執着心」「責任感」「団結力」「顧客志向」などを強く持ち、日本全国はもちろん、海外をも舞台に、それぞれのミッションにチャレンジを続けています。

近年では新たな市場を求めて素材部門と製品部門が協力して、新しいマーケットの開拓に向けた展示会なども開催。時代のニーズに合わせた、新しい動きも活発になってきました。
社員同士はお互いが仲間であり、よきライバル。刺激しあい切磋琢磨しながら、一人ひとりが成長を続け、繊維のプロフェッショナルとして育っていくことができる環境があります。

豊島だからこそ成し得ることができる、素材から製品までを取り扱える強みを活かして。さらには、伝統と革新、最精鋭の個人力と組織力の融合。まだまだ成長を続ける当社の未来をつくっていきます。

  • 環境に配慮した素材づくり

  • 繊維のスペシャリストとしてお客様へ提案

掲載求人 一覧を表示

会社情報

  • 会社・団体名 豊島株式会社
  • 資本金 30億円
  • 設立年月 1918年6月27日
  • 代表者氏名 代表取締役社長 / 豊島 半七
  • 従業員数 576 (男322・女254) 名 (2021年6月現在)
  • 本社所在地 〒101-0033 東京都千代田区神田岩本町2番1号