株式会社Branditのロゴ写真

株式会社Brandit

https://brandit.co.jp/

何をやっているのか/独自のサービス

D2Cソリューション事業 / D2Cブランド事業

①ECシステム「BRANDIT system」の開発・提供

「BRANDIT system」は、カート機能だけでなく、別々のツールで管理していた【受注】【原価】【各チャネル別手数料】【販売開始日】【配送データ】【出荷売上】などの項目を一元管理できるアパレル向けのECプラットフォームです。これにより、アイテム毎の“損益分岐点”をカラー/サイズ別や販売チャネル別で詳細表示できます。全員が担当領域に関わらず共通の指標をもてるため、分析から戦略にいたるまでをデータに基づき可視化させ、売上至上の考えから利益重視へシフトしたPDCAサイクルを実現します。


②自社ブランド「TRUNC88」の運営

約23万人のフォロワーを有するインスタグラマー "佐野 真依子” が自身初のクリエイティブディレクターを務めるブランドです。サングラス、バッグ、アクセサリー、リメイクデニム、家具、雑貨などシンプルで普遍的な、上質なプロダクトを提供します。

  • 生産からロジまで「BRANDIT system」

  • 自社D2Cブランド「TRUNC88」

ファッション業界での役割

ファッション業界のDXを推進する

「Make Next Branding by Fashion Tech.」をビジョンに掲げ、D2CブランドやD2Cソリューション事業を通してファッション業界のDXを推進します。

<BRANDIT systemが実現できるポイント>
・販売チャネル毎の在庫管理が可能
・商品生産原価の損益分岐点を自動算出
・販売チャネル別の手数料を加味した粗利の自動算出
・販売日数からの在庫消化状況を可視化
・消化進捗状況に裏付けされたSKU単位での追加生産が可能
・来季(期)商品計画へのデータ活用
※全てアイテム毎に詳細表示ができます。

◆BRANDIT systemについて、以下のメディアにご紹介いただきました
ECのミカタ:アパレルECに革命を起こすECシステムになるのか「BRANDIT system」の機能に迫る
https://ecnomikata.com/original_news/27154/

WWD JAPAN:D2C専用のECシステムを開発 ファッションECの実力者が語る「D2Cブランド成功のルール」
https://www.wwdjapan.com/articles/1090408

  • 「BRANDIT system」の管理画面

  • 2020年に1億円の第三者割当増資を実施

掲載求人 一覧を表示

会社情報

  • 会社・団体名 株式会社Brandit
  • 資本金 171,750,000円(資本剰余金含む)
  • 設立年月 2019年9月5日
  • 代表者氏名 鍛治 良紀
  • 従業員数 11名(業務委託含む)
  • 本社所在地 東京都渋谷区鉢山町13-12 Ms REIKO72 3F