リボーンアートフェスティバル× 伊勢丹×プラスチックトーキョーの3コラボ企画がCLOSSにてスタート

株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区 / 代表取締役社長:家入 一真)は、ファッションに特化したクラウドファンディングサービス「CLOSS」の新プロジェクトとして、Reborn-Art Festival、伊勢丹新宿店、デザイナーズブランド「PLASTICTOKYO」の限定コラボ企画を開始。期間は、2017年7月14日 〜8月12日。

関連記事:IT企業が資金調達&ビジネスサポートで、次世代のファッションブランドを支援。選抜3ブランドが決定!

 

注目のリターンには、コラボTシャツやチュニック、ガウンが用意されている。本企画は、「共創」をテーマに掲げるReborn-Art Festivalに、「PLASTICTOKYO」デザイナーの今崎契助氏が共感し、取り組みが開始。今崎氏は、宮城県石巻市にある東北の伝統的な資材、大漁旗の製作工場を訪れ、使えなくなってしまった大漁旗を譲り受け、伝統的な資材を、現代の感性で洋服に落とし込んだアイテムを製作。この企画で製作されたアイテムは、伊勢丹新宿店本館2F=センターパーク/TOKYO解放区にて7/19(火)〜7/31(月)の間、販売が予定されている。

 

 

【プロジェクト概要】

プロジェクト名:Reborn-Art Fes × ISETAN × PLASTICTOKYO
URL:https://camp-fire.jp/projects/view/34820
期間:2017年7月14日 〜8月12日(23:59終了)

 

「PLASTICTOKYOデザイナー今崎契助について」

1983年京都生まれ。文化服装学院、文化ファッション大学院大学卒業後、2013年春夏シーズンより「PLASTICTOKYO」の活動スタート。2016年春夏シーズンよりランウェイショー形式で発表を開始。第10回DHLデザイナーアワード受賞。2016年第34回毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞受賞。東京のカルチャーを世界に向け翻訳することを志向し、デザインをおこなっている。

参考:【REPORT】プラスチックトーキョーやマラミュートなど、次世代の担い手総勢5名のデザイナーによるシンポジウムの全貌をお届け!-BFGUFW-

 

「Reborn-Art Festivalについて」

2017年夏、石巻・牡鹿地区を中心に行われる「アート」「音楽」「食」を楽しむことのできる新しいお祭りです。2011年、東日本大震災で大きな被害を受けた東北の再生がテーマの一つ。「アート」では、国内外の現代アーティストが地域と触れ合いながら作品をつくり、「食」では有名シェフたちが地元の人と食材と一緒に他では味わえない食を提供し、「音楽」ではさまざまなスタイルの音楽ライブが毎日行われたりと、さまざまな「出会い」を生み出すことで、東北の再生を目指す。

会期  : 2017年7月22日(土)~9月10日(日)(51日間)
会場  : 宮城県石巻市 (市内中心部、牡鹿半島)
URL  : http://www.reborn-art-fes.jp/

 

Text:READY TO FASHION MAG 編集部
ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする