【連載】 “写ルンです”で切り取るファッショニスタの視点vol.9 : YUKIBEB


視覚から得る情報というのは格段に昔に比べて多くなっている。

それはSNSの影響が大きいだろう。特にその中でも若者の生活に影響や刺激を与えているのが「ファッショニスタ」である。

 

そんな彼らの「日常」というものはどんなものなのだろうか・・・。

私たちは彼らに27枚撮りの“写ルンです”を渡し、日常の3シーンを撮ってもらった。そこから見える彼らの世界とは。SNS上でみる世界とはまた違う彼らにきっと出会うはず。

 

Vol.9はDJとして活躍しているYUKIBEB。

彼女の日常を、“写ルンです”の視点で覗いてみようと思う。

 

関連記事:【連載】
“写ルンです”で切り取るファッショニスタの視点vol.1: 清水文太
“写ルンです”で切り取るファッショニスタの視点vol.2: 瀧澤香菜
“写ルンです”で切り取るファッショニスタの視点vol.3: Sai
“写ルンです”で切り取るファッショニスタの視点vol.4: キム・スギョン
“写ルンです”で切り取るファッショニスタの視点vol.5:rina
“写ルンです”で切り取るファッショニスタの視点vol.6:河北桃子            
“写ルンです”で切り取るファッショニスタの視点vol.7:らて
“写ルンです”で切り取るファッショニスタの視点vol.8:Nanami

 

scene 1 : Hip-Hop x お寺 in 北鎌倉

10月末の雨の日、東京とはガラリと違った雰囲気の北鎌倉。

お寺でDJ、しかもジャンルはHip-Hop。

普通では考えられない、非現実的なイベント。

当日は雨が強く夕方くらいから外はもう既に真っ暗。

お寺に到着するとみんな傘を持ちながら踊っている。

だけど音楽は聴こえない。

私の出番になり、選曲をし始める。

懐かしいのと新しいのを混ぜながら、自分なりのHip-Hopセットを披露。

同じ世代の子が多かったみたいで、リリックを口ずさんでいた。

その瞬間はその場にいた人が一体した気がした。

初のお寺でのDJは最高な思い出となった。

寺社×HipHop×ファッション?新感覚日本文化イベント「煩悩(Born Now)」が10/28に開催

 

 

scene 2 : Vibe&attract at solfa 中目黒

私としおりのイベントvibe&attractの第二回目を中目黒のsolfaで開催。

2017年よりスタートしたvibes重視のchill party。

「vibe&attract」とは「感じて引き寄せる」という意味。

第一回目はSoulection所属のThe Whooliganをゲストに招き、

スペシャルゲストとして「American Idol」に出演したAvalon Youngが登場。

第二回目は同じくSoulection所属のROMderfulと

Flow-FiのレーベルオーナーAywyが来日!

ラウンジは今注目のインターナショナルクルーTokyo Vitaminが登場し、

音楽好きで自由に生きている若者がたくさん集まった!

外国人と日本人のお客さんが半々で新しい音楽と出会いに満ちた夜となった。

 

 

scene 3 :休みの日 w/ girl friends

友達との時間は大切なもの。

最近一番仲良しのManaのLaforetでの展示会。

とてもめでたい!

彼女のブランド「no panties」はみんなにおすすめしたいくらい大好き。

自分でデザインしてプリントまで自分で行っている彼女。

国内だけじゃなくて国外でもヒットしているくらいの高いクオリティー。

まだ知り合って一年もしていないのに色々なことで共感できる大切な友達。

きっと私たちの出会いは運命的なものなんだなーって信じている。

そしてManaの友達のRococoのブランド「Marero」の展示会にも、

彼女は海からインスパイヤーされジュエリーをhandmadeしている。

ゴールドとシルバーの可愛いジュエリーがたくさん!

私は一目惚れして二つチョーカーを注文。

もうそろそろ届くはずだからとても楽しみ!

やっぱり似た者同士は集まるものだなーと思う今日この頃。

素敵な出会いに感謝!

 

 

in da club ✨

YUKIBEBさん(@yukibeb)がシェアした投稿 –


Text&Photo: YUKIBEB
Planning & editing:Akari.KREADY TO FASHION MAG 編集部)
ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする