店長

ファッション・アパレル業界に就職・転職を検討しているそこのあなた。

「履歴書の資格の欄に何を書いていいかわからない…」「どういう資格が書かれていればいいんだろう…?」。

そんなお悩みを解消するために、持っていると就職・転職活動に有利な資格を職種ごとにわけて紹介していきます。

この記事では、店長や販売員に就職・転職活動する際におすすめの資格をそれぞれ解説していきます。

早速みていきましょう!

ファッション販売能力検定

ファッションに特化した資格試験を企画・運営する一般財団法人日本ファッション教育振興協会が主催する資格です。

1級から3級の筆記試験からなり、最高難易度の1級では、服飾専門過程を2年修了したのち、3年ほど実務経験を積んだレベルが求められます。

店長や販売員(ショップスタッフ)のなかで、もっともスタンダードな資格なので持っていると良いでしょう。

【応募サイト】
http://www.fashion-edu.jp/sh/sh.html

ファッションビジネス能力検定

ファッション販売能力検定同様に、一般財団法人日本ファッション教育振興協会が主催する資格です。

1級から3級の3種類があり、ファッション・アパレル業界のマーケティング戦略からファッションビジネス基礎・応用など、幅広い知識が求められます。

ファッション情報の収集・分析などの能力を示せるため、販売員(ショップスタッフ )以後のキャリア形成においても有益な資格になります。

【応募サイト】
http://www.fashion-edu.jp/bis/bis.html

販売士

販売士は、日本商工会議所による検定資格で、リテールマーケティング検定とも言います。

衣料品など分野問わず流通・小売業に関する知識・技能を測る資格であり、1級から3級に分かれています。

その後のキャリア形成においても、販売員経験は不可欠です。現場の感覚・知識・技能なくして、適切な市場分析や商品企画などは難しいかと思います。

流通・小売業に関する知識を確かなものにすれば本部職に就いてからも有益なので、販売士資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

1級に関しては経営レベルの知識が必要になるため、販売員(ショップスタッフ )、店長を経験したのちに企業経営に関わりたいと考えている人は1級取得を目指すのもいいでしょう。

【応募サイト】
https://www.kentei.ne.jp/retailsales

接客サービスマナー検定

接客サービスマナー検定は、その名の通り接客サービスの能力を判定する検定資格です。

基礎的なビジネスマナーからサービスマナー能力、クレーム応対など、接客に関わる全般的な知識・技能が問われます。

1・準1・2・3級に分かれており、準1級以上は筆記試験にあわせて実技試験も試験科目に含まれます。

EC領域の発達により、店舗のあり方や販売員のサービスのクオリティなどは、これまで以上に重視されはじめています。

今一度、自身の接客マナーのレベルの確認・向上のために、受験してみてはいかがでしょうか。

【応募サイト】
https://www.setsuken.net/

サービス接遇検定

サービス接遇検定は、サービス業務に対する心構えや態度・振る舞い、対人心理の理解、応対の技術などが審査される検定です。

1・準1・2・3級にわかれており、筆記試験が主な試験科目になります。準1級のみ面接試験のみ、1級は筆記試験ののち、2次試験で面接試験が行われます。

サービスマインドの育成が目的として設定されており、接客・応対の現場での知識・技能がみられます。

上記の接客サービスマナー検定同様に、自身の接客サービスレベルの確認・向上のために受験することをおすすめします。

【応募サイト】
https://jitsumu-kentei.jp/SV/index

ファッション色彩能力検定

ファッション色彩能力検定には1〜3級があり、商品ディスプレイづくりや接客応対時にいかせる能力や知識をはかります。

販売員での経験が大いに役立つ資格なので、業界内でのキャリアアップを考えている方は取得も検討してもいいかもしれません。

また、公式テキストも販売されているため、資格取得のために活用するといいでしょう。

【応募サイト】
http://www.fashion-edu.jp/cl/cl.html

カラーコーディネーター検定

カラーコーディネーター検定は、東京商工会議所が主催する仕事に役立つ実践的な色彩の知識をはかる検定資格です。

1級から3級までの3段階に分かれており、1級は更に3分野に分かれています。

ファッション販売において、接客・応対時のスタイリングのアドバイスなどで有効な知識・技能が身につくのでおすすめです。

【応募サイト】
https://www.kentei.org/color/

色彩検定

色彩検定とは、色に関する幅広い知識や技能をはかる検定試験です。

ファッション色彩能力検定と類似に資格にはなりますが、ファッション・アパレル業界に限らない幅広い分野にも応用がきく資格になります。

業界外からの転職を検討している方、業界外への転職も考えている方などは、こちらも取得しておくと後々のキャリアに効果的でしょう。

【応募サイト】
https://www.aft.or.jp/

さいごに

店長・販売員への就職・転職する際に有利な資格を紹介しました。

ファッション・アパレル業界でのキャリア形成のなかで、店長・販売員で培った知識・技能は不可欠です。

販売現場での知見がのちのち重要になってくるので、その知識・技能をより確かなものとするために、資格の取得をおすすめします。

もちろん、資格の取得以上に実務でのスキルが重要です。ただ、資格はその能力をわかりやすく示すための指標としてとても有益なものでもあります。

資格を取得するために得た知識は、実務経験の密度を高めてくれるので、資格取得を目指すことは必ずやその後のキャリアステップを助けてくれるでしょう。

READY TO FASHIONでは店長・販売員の求人を多数掲載しております。

ぜひ応募してみてください!

ファッション・アパレル業界の店長・販売員の求人一覧


text:READY TO FASHION MAG編集部