2018年11月13日(火)、”ファッションデワセダヲカエル”をコンセプトに「早大生のファッションに対する意識の改革」及び「早稲田のファッション街化」の実現を目指し、日々活動している早稲田大学公認サークル出版団体ENJIがファッションショー”re-creation”を早稲田大学大隈記念講堂 大講堂にて開催した。

本記事では、ショーの様子やルックをピックアップして紹介する。

【期間限定キャンペーン】

若者からもっとファッションを楽しむ、『READY TO FASHIONABLE 002』開始!最高10万円の手当てキャンペーンなど


ENJIとは

出版団体ENJIは2009年10月、”ファッションデワセダヲカエル”をコンセプトに発足した学生団体。年に3回発行するフリーペーパーやブログにおける定期的な情報発信を通し、「早大生のファッションに対する意識の改革」及び「早稲田のファッション街化」の実現を目指している。雑誌の編集や撮影・企業への渉外など、全てをサークル内で行う。

去年のショーはこちらから:洋服の原点、生地にフォーカス。早稲田大学/ENJIがファッションショー「kiji」を開催

【今回のファッションショーのテーマは”re-creation”】

ENJIが創設されたときに掲げられたコンセプトは「ファッションデワセダヲカエル」。このコンセプトに込められた意図は「早大生のファッションに対する意識を変えたい」というものでした。そして、創立10年目を迎えたこの時期に差し当たって、私たちはもう一度このコンセプトを振り返りました。数あるカルチャーのうちの1つである「ファッション」を手段とし、学生の意識を刺激し変化させる「きっかけ」を生み出していきたい。そのためにまず、私達自身も更に変化しなければなりません。そんな思いを込め、写真展に始まり、2018年を通じて設定されたテーマ”re-creation”(再構築・再拡大)を、ショーにて完結させます。

“我々のフリーペーパーにおいて、全体を通した統一性がある必要はない。ページをめくれば、いつもそこには別の世界が広がっている。ならば私達がつくるショーにだって、そんなルールはない。このショーを、読め。”(ENJI)

01_summer(2017)
02_autumn/winter(2017)
03_spring(2018)

以下、ショーの様子とルック

 

前回に引き続き、ショー会場の大隈記念講堂には早稲田生を中心に盛り上がっていた。

今回のショーは、紙面で伝えたいこを、また違った形でクリエーションに落とし込み、観ている観客に伝えるものになっていた。

普段のフリーペーパーの活動と並行して、ここまでクオリティの高いファッションショーを行う彼らには驚かされる。

これからの彼らの活動に、ますます目が離せない。

ENJIの活動はこちらから

HP:http://www.enji-wu.com

Instagram:https://www.instagram.com/enji_wu/

twitter:https://twitter.com/enjiwu

text:タナムラリュウスケREADY TO FASHION MAG 編集部)

READY TO FASHION MAG 編集部

850社・14万人/月間が利用するファッション・アパレル業界の求人WEBサービス「READY TO FASHION」を運営する株式会社READY TO FASHIONが、業界での就職・転職活動に役立つ情報を発信するメディア『READY TO FASHION MAG』。業界の最新情報をお届けするコラムや業界で活躍する人へのインタビュー、その他ファッション・アパレル業界の採用情報に関するコンテンツを多数用意。