【レポート】「登壇:トゥモローランド」業界イチの花形、知られざるバイヤーの仕事。

2018年2月10日(土)に開催された19卒向け就活イベント『READY TO FASHION OFF LINE 002』。本イベント内で行われた、業界で活躍する様々な職種の登壇者によるパネルディスカッションの様子をレポートしていく。

関連記事:【レポート】ファッション業界と繋がる19新卒向け合同説明会『READY TO FASHION OFF LINE 002』

ファッション業界イチの花形職業といえば、世界中を飛び回り買い付けを行う「バイヤー」だろう。業界に進みたい学生に憧れの職種を聞くと、その名が挙がってくることも少なくない。しかし、花形と言われる裏には知られざる苦労がつきもの。パネルディスカッションパート3では、株式会社トゥモローランド バイヤー室所属の田辺 雄一郎さん、山野邉 彩美さんをお招きし、知られざるバイヤーの仕事についてお伺いした。

関連記事:

【レポート】「登壇:シップス/ベイクルーズ」スター販売員の真髄とは?

【レポート】好きを仕事に!ファッション業界の人事から若者への言葉。

【レポート】「ファッション×スタートアップ」を牽引する3社のCEOが語る、業界の最前線。

【レポート】「登壇:エイ・ネット」デザイナーに今、求められていること。

 

 

トゥモローランドに入ってバイヤーになるまで

「山野邉さんの場合」

 

就職活動の軸は「好きなことを仕事にする」ということ。ファッション業界に絞って就活を進めていく中で、人の面でトゥモローランドに惹かれたそう。「最終選考の時、創業者の佐々木が面接中にハンバーガーを食べていたんですよ。それがすごくおかしくて(笑)」というエピソードには、会場の学生もついつい笑顔に。

入社し販売員として商品に触れるうちに、実際に自分で商品を選んでお店に並べてみたいという気持ちが強くなっていった山野邉さん。「バイイングに興味がある」と常に口に出しているとある日突然、佐々木氏から「食事をしないか」と連絡が入る。行ってみると、バイヤー陣まで揃っているという不思議な展開に。その後「翌月からバイイング同行してみる?」と言われ、そこからバイヤーとしてのキャリアが始まった。

現在はトゥモローランドの雑貨メインのバイイング、スーパーエーマーケットの販売兼バイイングを行う。ゆくゆくは今の業務を束ね、チームのトップとして一つのことを成し遂げる、トゥモローランド初のディレクターになるのが夢。

 

田辺さんの場合

 

トゥモローランドに決めた理由は、他とは違っていると思ったから。就活生にも会社の弱点を見せてくるので、正直で信頼できる会社だなと感じたそう。

ファッション業界の中で花形だということでバイヤーを志望。トゥモローランドには「明日からパリこない?」というマジックワードがあり、「やりたい」と言い続けてきた田辺さんにもそのチャンスが舞い込んできた。「もちろんやりたいと言いながら普段頑張らない人はダメです。日々の業務を頑張りつつ、やりたいという姿勢を見せ続けるのが大切。」

 

 

バイヤーの仕事の流れとは?

山野邉さんの場合

 

買い付けシーズンでない時は、バイヤー、ディストリビューター、店頭販売の3つを兼任。午前中に行うディストリビューターとしての業務は、トゥモローランド全店にどの品をどれだけの数分配するかを決める大切な仕事だ。午後は買い付けのミーティングをしたり、店頭で接客をしたり、兼務が多いトゥモローランドならではの幅広い仕事に携わっている。

主な買い付けシーズンは1月、3月、6月、9月の年4回。パリ、ミラノ、ニューヨークや国内を飛び回る。バイイングする際の決め手は、「ものづくりに対する姿勢」なんだとか。トゥモローランドの根底にはものづくりを大切にする精神があるので、買い付けも同様にものづくりの上で大切にしているマインドに共感した上で行う。

株式会社トゥモローランドへの応募:【関東】TOMORROWLANDでの販売スタッフ・商品管理担当(アルバイト)

 

 

田辺さんの場合

 

買い付けシーズンではない時期は店頭での販売の他、国内の店舗にて商品の勉強会を行ったり、イベントの計画などを行う。

買い付けは年に2回。1月と6月にフィレンツェ、ミラノ、パリ、ニューヨークなど世界を転々としてランウェイや展示会に出席する。買い付けでは、トレンドに寄った似ているものを作るブランドが多い中で、「自分のブランドはこうなんです」という思いがしっかり伝わってくるブランドに魅力を感じるそう。

 

 

仕事のやりがいや大変なこと

 

兼務が多いトゥモローランドでは、一人が何役もこなすのは当たりまえ。入社3年目にしてバイヤーとディストリビューター、そして販売員の3つを掛け持ちしている山野邉さんは、時間が足りないこともあり大変だと感じるそう。

そして「体力勝負」というのもバイヤーの基本。ヨーロッパの石畳を踏みしめながら、一日6、7件ぎゅうぎゅうに詰まった展示会のアポイントをこなしていくには、それ相応の体力と精神力が必要だ。「たくさんお酒を飲んだりご飯を食べたり、夜が深いこともしばしばなので、そういう意味でも体力は必要かもしれない(笑)」と田辺さん。

それでもバイヤーとしてのやりがいは、何にも変えられない。お客様が自分で買い付けてきたものを手に取って買ってくださった時は最高に嬉しいのだとか。

 

 

 

学生時代にやっていた方が良いこと

二人とも共通して主張していたのは、「やりたいことは全部やるべし」ということ。会社員になると思うように自分の時間が作れないので、時間があるうちは自分のやりたいこと、興味があることには全て挑戦する。田辺さんは英語が好きだったので卒業後一年間、海外に行ったそう。「バイヤーをやる上で英語ができなきゃいけないという認識はあるかもしれないけど、意外とそんなことはなくて喋れない方ももちろんいるし、それでも仕事は成り立っています。でも、喋れるに越したことはないですよ!」

そしてバイヤーはとにかく様々な人と会う職種なので、その時に話の引き出しが多いとコミュニケーションの幅が広がりとても役に立つ。だから学生で時間があるうちにたくさんの人と会って話をすることも、決して無駄なことではない。

 

 

これからファッション業界を担う学生に伝えたいこと

今の若い人たちは「情報収集能力」も「情報処理能力」も高いのが特徴。しかし、大切なのはそれを誰かに伝える能力。「何か秘めてるんだけど静かなんだよなぁという人も多い。」と語る田辺さんは、「今自分が何をやりたいのかというのを取り考えて実行に移してもらいたい。」と満員の客席に向かって力強く伝えた。

そして「ユーモアと好奇心」を持つこと。お二人のように、自分の思っていること、やりたいことを口に出すことが「夢を叶える第一歩」なのだ。 自分で自分の道を切り開く最大のチャンスは今この瞬間にある。

花形職業と言われるバイヤー。しかし決して華やかなだけではなく、一年のうち2ヶ月ほどを占める過酷な出張スケジュールや、感覚だけでは終わらせられない数字との戦いなど、忍耐、頭脳、精神力も問われる大変な仕事だ。センスが良ければ就けるという簡単なものではなく、声と成果をあげ続けた者だけが手にすることができる。この花形に挑戦したい学生は、今から声をあげても早すぎることはないだろう。

株式会社トゥモローランドへの応募:TOMORROWLAND 2019 新卒採用エントリー

 

【登壇者プロフィール】

株式会社トゥモローランド バイヤー室所属 田辺 雄一郎 (新卒入社7年目) 山野邉 彩美 (新卒入社3年目)

バイヤーとして海外・国内での商品買付を担当。“4大コレクション”が開催される時期には、パリ・ミラノ・ニューヨークをメインにショーや展示会周りへ。商品を買い付けるだけでなく、自身も店頭での販売に携わり、お客さまがどのようなアイテムを求めているのか、また自分が買付けた商品がどのように売れていくのかを日々マーケティングしている。

 

Text:READY TO FASHION MAG 編集部

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする