【Report|関西】関西で活動するサークル・学生団体が開催した合同イベント「#FASHION MARKET NIGHT」をレポート。

様々なカテゴリーの「ファッション」を取り扱う各大学のサークルや学生団体が20団体所属している「fashion community 1.0」のうち、関西で活動する団体が2019年9月21日にMOXY Osaka Honmachiで合同イベント「#FASHION MARKET NIGHT」を開催した。本記事では、イベントの様子やルックを紹介する。


【#FASHION MARKET NIGHTとは】

fashion community 1.0に所属する学生団体が「新たな自分の発見」という共通のコンセプトと、テーマを統一した合同ファッションショーやフリーマーケット、ワークショップなどの幅広いコンテンツを通じ、参加者に「様々な柄、色の服から自分に見合う新たな服を発見する機会、服のもつ新たな可能性を見出す機会」を提供するイベントだ。

本イベントでは、テーマを統一した合同ファッションショーやフリーマーケット、ワークショップに加え、SHINやsus4cusのブランドブースやDJ、レッドブルの無料配布など多くのコンテンツにより会場は熱気に包まれた。当日は、関西圏に住むファッション好きの若者を中心に、関東を含む遠方からも多くの若者が来場した。来場者はさまざまな交流を通してファッションのコミュニティーを広げていった。

 

【関連記事】

【関西】「新たな自分の発見」をテーマに関西で活動するサークル・学生団体が、合同イベント「#FASHION MARKET NIGHT」を開催!(イベント概要)

【関西】「新たな自分の発見」をテーマに関西で活動するサークル・学生団体が、合同イベント「#FASHION MARKET NIGHT」を開催!ー団体・サークル特集ver.ー

【関西】「新たな自分の発見」をテーマに関西で活動するサークル・学生団体が、合同イベント「#FASHION MARKET NIGHT」を開催!ーコンテンツ特集ver.ー

 

 

 

【ファッションショー】

neuf
今回は、過去のアーカイブをメインに『白とシルバー』で統一したルックに注目が集まった。同じカラーリングで統一感を演出しているが、それぞれの作品に込められたクリエイターの想いはどれも全く異なっていた。

HP:https://www.readytofashion.jp/companies/195736980

Twitter:https://twitter.com/neuf_9?s=17

Instagram:https://www.instagram.com/neuf__9/

 

M2gk

『デニム×白』というテーマを6人の部員が各々に表現した。シンプルなデニムと白色の組み合わせをM2gk部員がどう魅せるかに注目が集まった。

HP:https://www.readytofashion.jp/companies/1196445530

Twitter:https://twitter.com/M2gK_press?s=17

Instagram:https://www.instagram.com/m2gk_ku/

 

twinkle

テーマは、『我他彼此(ガタピシ)』だ。この意味は、“物事を対立関係で見ること”。
衣装の白と黒の境目を1体ずつ違う場所で区切ることによって個々のアイデンティティを表現していた。そこには、“対立関係で人を見ることなく、他人の個性を個性と認める必要性”という意味が込められていた。

Twitter:https://twitter.com/twinKle_kwu?s=17
Instagram:https://www.instagram.com/twinkle_kwu

 

【フリーマーケット】

参加団体に所属する学生が、各々のお気に入りのアイテムを出店した。出品総数は100点を超え、ブースでは多くの来場者が各服飾団体と交流しながら、自分だけの逸品を探していた。

 

【ワークショップ】

ここでは、廃材を利用したオリジナルソックスの制作が行われた。使用された素材はすべて各団体や古着屋などから収集したもので、手軽にサステナブルファッションを体験できた。

 

【アートワーク、アクセサリー展示/販売】

ここでは、絵画やインスタレーションなどアート作品の展示に加え、ピアスやリングなどのアクセサリーや服のリメイク品、服のペイント作品の販売が行われた。

 

【atelier raman(バッグ)現地製作/販売】

関西を中心にイベントを開催しているバッグ職人Ramanが来場者に合わせて、トートバッグをカスタマイズし、目の前で仕上げられた。atelier ramanはバッグを中心に洋服や雑貨まで、ハンドメイドで仕立てている。温もりを感じながらエッジの効いたデザインで持つ人の個性を引き出すのが特徴だ。

Onlineshop:https://atelier-raman.shop-pro.jp/
Twitter:https://twitter.com/atelier_raman?s=17
Instagram:https://www.instagram.com/atelier_raman

 

【SHIN by Shin Hashimoto限定ポップアップショップ】

当イベントでは、DJも務めたSHINが自身の展開するオリジナルブランド”SHIN by Shin Hashimoto”の限定ポップアップを開催した。どのアイテムもSHINらしさが表現された物ばかりで多くの来場者が足を止める場所となった。

HP:http://erahs-inu.com/
Twitter:https://twitter.com/uni_share
Instagram:https://www.instagram.com/uni_share/

 

DJ

今回のイベントでは、クラブイベントなどで活動する4人の人気DJがプレイ。

彼らのファッショナブルな装いにも注目が集まる中、それぞれの異なるDJスタイルで会場を大いに盛り上げてくれた。

ando

 

KYLE

 

SHIN

 

Pillow talk

 

【来場者SNAP】
【fashion community 1.0 とは】

fashion community 1.0は、株式会社READY TO FASHIONが運営しており、「ファッション業界と若者を繋げる」をコンセプトに2014年1月より関東を中心として東京で活動を開始。2017年には活動を関西にまで展開し、現在は関西圏の6大学6団体が所属しており、ファッションに関わるイベントを学生のマネジメントチームが運営している。 多種多様な「ファッション」を扱う各団体が一つの団体として活動し、新たな試みがなされることにより、社会への発信における一つの大きな遠心力になることを目指すと共に、各団体へ興味関心のある人々や企業との窓口としての役割を担うことで、各団体と社会とを結ぶ架け橋となることを目指している。

公式HP:https://www.readytofashion.jp/mag/fashioncommunity1_0.html

 

今回のイベントでは、関西のみならず、関東など遠方からの来場者も多くみられた。

当イベントでは、コンセプトである「新たな自分の発見」を多彩なコンテンツを通し、感じることができた。
また、来場者の多くは新たな出会いやコミュニケーションを生み、来場者同士で新しい価値観、考えを共有するイベントとなった。
これからもfashion community1.0は、関西のファッションシーンを盛り上げていく中心となるようなイベントを企画・運営していく。

次は是非、あなたも足を運んでみてはいかがだろうか。

 

text:READY TO FASHION MAG編集部

photo:t.k.radPUYO

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする