2017年10月22日、space EDGEにてファッションやカルチャーを通じてコミュニティーの創造を図る『OPEN PARTY 005』を開催された。本記事では、クリエーターやフォトグラファー、若者(学生)が集まったイベントの様子を紹介。

関連記事:音楽×ブランドの展示/即売会『OPEN PARTY 005』がSHIBUYA FASHION WEEK最終日に開催

[hr]

【ENTRANCE|エントランス】

ファッションマガジンUni-Share が、リリースイベントとなる写真展『残響』を同会場で開催。

place:space EDGE(渋谷)

exhibition:Uni-Share

【EXHIBITION|展示】

ファッションブランドやクリエーター、アーティストによる、展示/即売会が行われ、来場者とのコミュニケーションを行う。

exhibition:

・PERMINUTE(パーミニット)

・jean genie & hungry freaks, daddy(ジーンジニーアンドハングリーフリークスダディ)

・ALL YOURS CO.,LTD(株式会社オールユアーズ)

・Mr.Cool(ミスタークール)

・小林 真梨子(mariko kobayashi)

・Uni-Share(ユニシェア)

・m thing

・YUDAI HAYAKAWA

・RYO MAKITA

【@See Now Tokyo|シーナウトウキョウ】

2Fには、展示会を見てすぐにWEB 上で予約購入ができるファッションEC サイト『@See Now Tokyo』のキュレーションの元、新進気鋭ブランドが出展。

exhibition:

・TALKING ABOUT THE ABSTRACTION(トーキング アバウト ジ アブストラクション)

・GalaabenD(ガラアーベント)

・MofM (マンオブムーズ)

【DJ|音楽】

モデルとしても注目される東京のイットガール、水原佑果(ANGELYUKA)などによるプレイで会場を盛り上げる。

DJ:

・ANGELYUKA(水原 佑果)

・YonYon

・Manaha Hosoda

・Kotsu

・baggiojt

[hr]

【OPEN PARTYとは?】

ファッションによるコミュニケーションを生み出し業界を盛り上げることを目的とし、「ファッションブランドやクリエーターによる展示/即売会」×「会場に華を添えるアーティストや、DJ陣によるプレイ」により、ファッションと音楽を体感できるイベント。広義的にファッションと捉え、クリエーターやフォトグラファー、若者(学生)などが集まり、次のファッションを生み出して行く場。

主催:株式会社READY TO FASHION

共催:@SeeNowTokyo (株式会社THEAR)

協力:渋谷ファッションウイーク実行委員会

提供:グランドキリン

photo by:hayakawa yudai

READY TO FASHION MAG 編集部

850社・14万人/月間が利用するファッション・アパレル業界の求人WEBサービス「READY TO FASHION」を運営する株式会社READY TO FASHIONが、業界での就職・転職活動に役立つ情報を発信するメディア『READY TO FASHION MAG』。業界の最新情報をお届けするコラムや業界で活躍する人へのインタビュー、その他ファッション・アパレル業界の採用情報に関するコンテンツを多数用意。