【アパレル業界職種ガイド】プロダクトマネージャー(生産管理)のお仕事

アパレル業界業種ガイド

プロダクトマネージャー(生産管理)とは、デザイナーが企画したものを実際に商品にする人のことです。

その仕事内容は、生産過程から流通過程まで多岐に渡るため、幅広い知識が必要とされます。

デザイナーやパタンナー、仕入先や納品先など、商品ができる過程で携わる人たちと連携して一つ一つの商品が出来上がるまでの一連の流れを管理します。

あまり表に立つ仕事ではありませんが、影で生産現場を支える大切な役割を担っている職種です。

今回はそんなプロダクトマネージャー(生産管理)について解説していきます。

プロダクトマネージャー(生産管理)とは?

プロダクトマネージャー(生産管理)の主な仕事は商品の納期を管理することです。

企画されてから商品を生産して納品するまでの一連の流れを把握した上で、販売計画に沿って、マーチャンダイザー(MD)と共に入荷スケジュールを確認し細かく管理します。

他にも、商品の品質を保つためにデザイナーやパタンナーと連携してサンプルを確認したり、生地や副資材、商品ラベルを考えることもあります。

生地や副資材の選定は仕入れ価格を左右するため、仕入先の選択がとても大切になります。

時には、値段交渉や納期交渉などをするため精神的な強さも必要です。

プロダクトマネージャー(生産管理)の仕事内容

仕事

プロダクトマネージャー(生産管理)は会社によって仕事範囲が異なる事が多く、どこからどこまでが生産管理の仕事なのかを明確に分けることは難しいです。

企画要素の強い生産管理の場合は、仕様書を書いたりサンプルの発注や確認などをします。生産要素の強い生産管理は、縫製工場の管理から物流の管理をすることもあります。

その会社での一連の流れを把握している事が多く、社内外の各ポジションの人との相談や確認で、たくさんの人と関わりを持ちます。人と話したり、コミュニケーションを取ることが得意は人に向いている仕事といえるでしょう。

納期管理

商品のデザインが決まるとプロダクトマネージャー(生産管理)の仕事が始まります。パタンナーがパターンを作成したあと、サンプルの納期や副資材の調達先の選定とその納期、いつから本生産に入るか、出来上がりはいつになるかなど、始まりから終わりまでの一連の流れを管理し、マーチャンダイザー(MD)と連携しながら最終的な納品日を調整します。

【関連する職種】
・デザイナー
パタンナー
マーチャンダイザー(MD)
・ソーイングスタッフ(縫製作業者)

サンプル管理

サンプルは1つの商品を作るとき、通常3〜4回作成します。
各サンプルによって確認する項目が異なります。
サンプルでは仕様や寸法が指示通り仕上がっているか、指示した生地や副資材が使われているかを確認します。そのため、パターンや仕様を理解し、的確に修正の指示を出せる知識が必要です。

【関連する職種】
・デザイナー
パタンナー
・ソーイングスタッフ(縫製作業者)

生地、副資材の発注

商品を作る際に必要な生地や色展開の確認、ファスナーや芯地、ボタンなどの副資材の選定、発注もプロダクトマネージャー(生産管理)の大切な仕事です。
いつまでにどの位の数量が必要かを把握して手配します。
品質を高く維持しながらなるべくコストを抑えて作るには、品質を見極める知識と経験が必要になります。

縫製仕様書、加工指示書の作成

会社によってはプロダクトマネージャー(生産管理)が縫製仕様書や加工指示書を作成し、管理をする会社もあります。
縫製仕様書とは商品の設計図のことです。縫製仕様書の作成には「Adobe Illustrator」を使っていることが多く、「Adobe Illustrator」の技術を習得していると就職活動の際に有利になります。
加工指示書とは、必要は生地や副資材をまとめた書類のことです。品質の良い商品を作るためのポイントになります。

コスト管理

商品の上代(小売販売価格)を把握し、決められた予算の中で商品を作れるように調整します。
工賃や資材代を出して、1着あたりのコストを算出します。
縫製工場の工賃は納期に関係している事が多いため、仕入先と商談し、納期と予算の折り合いを付けながらコストを決めていきます。

【関連する職種】
マーチャンダイザー(MD)
営業

プロダクトマネージャー(生産管理)に求められるスキル・素質

スキル

仕事内容同様に、会社によって求められるスキルや素質は異なりますが、ここでは一般的なものを紹介します。

コミュニケーション能力

プロダクトマネージャー(生産管理)は、その会社での一連の流れを把握している事が多く、社内外の各ポジションとの相談や確認などでたくさんの人と関わりを持ちます。人と話したり、コミュニケーションを取ることが得意な人に向いている仕事と言えるでしょう。
また、会社と仕入先の間に立ち、双方が納得するよう値段や納期を交渉をする場面も多くあります。交渉が得意であったり、根気強く説得できる能力が求められます。

対応能力・行動力

スムーズに生産が進むよう、常に細心の注意を払いますが、それでも問題が起こることはあります。そんなとき、納期を死守するためにどんな方法があるかを考え、即座に行動に移せる能力が必要です。特に入社してすぐの時期は知識や経験も少ないため、この能力が仕事の良し悪しを左右します。

精神的強さ

納期が遅れてしまうと、あるべき商品がなくなり店頭の欠品を招いてしまいます。
そのため、プロダクトマネージャー(生産管理)は、常に納期を遅らせてはいけないという重圧との戦いになります。そんな中でも重圧に負けずに、最後まで責任を持って商品を管理する精神的な強さが必要になります。

管理能力

生産の全ての流れを管理するため、広い視野で全体を見る必要があります。
自分が納品までの1本の道を把握・管理し、そこにそれぞれの人がそれぞれの場所で関わっているイメージです。関わっている人たちを調整しながら全体を把握する管理能力が必要とされます。

裏方に徹することができる性格

プロダクトマネージャー(生産管理)の仕事はアパレル業界の華やかな表舞台に立つことはほとんどありません。
基本的に、裏方としてだれかをサポートする縁の下の力持ち的な仕事がほとんどです。
それが苦でない性格の人が向いているでしょう。

幅広い知識

仕事の範囲が広いため、専門分野にとらわれないさまざまな知識が必要になります。
その知識は経験から来ているものも多いため、アシスタントからでも良いので、長く続けることで徐々に知識を身に着けていきます。

プロダクトマネージャー(生産管理)になるために必要/有利な資格

資格

プロダクトマネージャー(生産管理)になるために必要となる資格は特別ありません。ですが、取得しておくと有利な資格もあるためその一部を紹介します。

TES繊維製品品質管理士

必須資格ではありませんが、取得していると就職活動や、転職活動にとても便利な資格です。
名刺にも記載できるため、初対面で必要な知識を身につけているということをアピールできます。
「基礎科目3教科」と消費者苦情に関する記述試験「事例」、「論文」の5教科を3年間かけて合格すると資格を取得することができます。

【応募サイト】
TES繊維製品品質管理士

プロダクトマネージャー(生産管理)になるためのキャリアプラン

採用条件

業務内容を見てわかるように、プロダクトマネージャー(生産管理)の仕事は川上から川下に渡り、広く専門知識が必要になります。なので、初めはアシスタントとして何年か働いたあと独り立ちする流れが一般的です。

仕入先が海外工場の場合は、英語や中国語の語学が役立つことも多くあります。

現在プロダクトマネージャー(生産管理)を募集中の求人

プロダクトマネージャー(生産管理)は生産過程の全てを見渡すことのできる職種です。
もし興味があれば、READY TO FASHIONでも掲載されているので、是非応募してみてください。


READY TO FASHIONでは
ファッション・アパレル業界のプロダクトマネージャー(生産管理)の求人を多数掲載中

求人を見る


【参考文献】
「ファッション辞典(第4版)」(大沼淳、萩村昭典、深井晃子 監修、文化出版局、1999)
「増補新版 図解服飾用語辞典」(杉野芳子 編著、ブティック社、2003)
「1秒でわかる!アパレル業界ハンドブック」(佐山周、大枝一郎、東洋経済新報社、2011)
「ファッション業界大研究[第2版]」(ファッション&ソフトマーケティング研究会 編著、産学社、2019)
「ファッション業界大研究【改訂版】」(オフィスウーノ 編、産学社、2008)
「アパレル素材企画 プロフェッショナルガイド」(野末和志、繊研新聞社、2019)
「役に立つアパレル業界の教科書」(久保茂樹、文芸社、2016)

text: READY TO FASHION MAG 編集部

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする