学生によるプロジェクト「SUGINO APRON」がグッドデザイン賞を目指しクラウドファンディングに挑戦!

杉野学園ドレスメーカー学院は、画期的な素材や製法を取り入れたオリジナルエプロン「SUGINO APRON(スギノ エプロン)」で、グッドデザイン賞に応募する資金を集めるために、クラウドファウンディングを開始した。

 

関連記事:産学連携プロジェクト「スギノエプロン」とは?ファッションの専門学校 Doreme(ドレメ) ドレスメーカー学院

 

目標金額は20万円に設定されており、リターンには無駄のないノーソーイングの技法や「COTTON M0/N0mer.(コットン モノマー)」という女性の肌にも優しい素材が使用されたエプロンが準備されている。価格は3,000円-50,000円が用意されており、8-9月にかけてリターンが発送される予定。

 

本プロジェクトを開始した理由に、現代ではアイデアやデザインがすぐに模倣され、ブランド力を保つことができなることを回避するためと述べられており、グッドデザイン賞などで受賞し、認知を拡大することで、事実上特許のような地位確立を目指しているそうだ。

 

クラウドファウンディングの期間は、6月下旬まで。是非、学生によるプロジェクトを知り、応援して頂きたい。

プロジェクトURL: https://www.booster-parco.com/project/221

 

 Text: READY TO FASHION MAG 編集部
ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする