テーマは「I-ness」、服による究極の自己表現の追求。同志社大学「neuf」がショーを開催

 

2017年11月26日(日)に同志社大学の服飾団体「neuf」が、同大学の学園祭「EVE祭」にてファッションショーを開催する。

 

neufとは】

1997年に設立された同志社大学の服飾団体。1年に4度開催される学内でのファッションショーが主な活動。

メンバー全員が服の製作に携わる。そのほかにも、モデル、ヘアメイク、広報、フライヤーデザインなどを含めたトータルプロデュースを行っている。目的はショーを通して多くの人々に驚きと楽しみ、また自分達の中にある世界観を伝えることだ。今年の9月には、neufの主催により、関西の服飾6団体による「関西服飾団体合同ショー2017」が行われた。

 

 

 

昨年のEVE祭の様子

 

 

 

 

ショーのテーマは「I-ness

 

1年で最大規模となる同ショーのテーマは「I-ness」。様々なものが溢れる現代において、究極の自己表現を追求したいという想いから決められた今テーマ。大衆にから求められるイメージに囚われない様々な”私らしさ”を表現。「赤」「青」「モノクロ」をメインカラーとした3チームに分かれ、テーマに沿った作品を製作する。

 

「テーマに柔軟性があるため、クリエイターそれぞれの想いがより尊重された作品になっていると思う。赤青モノクロの3色の世界観にも注目してもらいたい」と代表の岡田は話してくれた。

 

なお、11/27日(月)には「文化的な夜」というテーマによるショーも行われる。さまざまな文化を製作した服を通して感じられるものになっているそうだ。毎年、大盛況を見せるEVE祭でのファッションショー。neufの世界観が表現された空間で、作り上げられた服にどんな想いが込められているのかを感じながら鑑賞したい。

 

イベントへの予約はこちら:https://www.readytofashion.jp/articles/events/826985669

 

【開催概要】

ファッションショー「I-ness

会期:2017年11月26(日)

時間:開場:12:30 開演:13:00 閉演:13:20

場所:同志社大学寒梅館アトリウム

 

ファッションショー「文化的な夜」

会期:2017年11月27日(月)

時間:開演:17:40 閉演:17:55

場所:今出川キャンパス 明徳館前ランダムステージ

 

アクセス:京都市上京区今出川通り烏丸東入号

 

HP: http://neuf.wp.xdomain.jp

Twitter:  @neuf_9

Instagram: @neuf__9

 

Text: D.Miyauchi (READY TO FASHION MAG編集部)
ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする