リサイクル業界で日本初!ベクトルとマガシークが協業ビジネスモデルを構築

 

IT を活用した古着ファッションの買取や販売を手掛けるベクトルグループとマガシーク株式会社が2017年5月30日(火)に戦略的業務提携を締結した。

 

【マガシーク会員への古着買取サービスと両社各ECサイトで古着販売を開始】

本業務提携によって、2017年6月7日(水)より、マガシーク会員への買取サービス「マガシーク ブランド古着買取サービスsupported by フクウロ」を開始する。また、 7月以降、順次マガシークが運営するアウトレット通販サイト「OUTLET PEAK」やベクトルが運営するブランド古着通販サイト「ベクトルパーク」、 連携先ECモール上で古着の販売を予定している。

 

 

 

 

【買取/販売での協同によって、お互いにメリットが】

ベクトルが、マガシーク会員の不要になった洋服を「マガシークブランド古着買取サービスsupported by フクウロ」を通じて買い取り。買取の査定額は現金もしくはマガシークが運営するサイトで買い物が可能なマガシークポイントで支払われる。マガシークポイントによるお支払いの場合は、査定額の120%相当分のポイントが付与され、マガシークを通じての購入を見込めるという内容になっている。

また、7月より、マガシーク会員より買取した商品をマガシークが運営するアウトレット通販サイト「OUTLET PEAK」やベクトルが運営するブランド古着通販サイト「ベクトルパーク」、 連携先ECモールの販売チャネルに出品。これにより、マガシークとベクトルが、古着の買取と販売において、それぞれのチャネルをより効果的に利用し多くの顧客にリーチができるようになった。

マガシークにとっては、ベクトルの持つ多くの販売チャネルを通じ古着アイテムの購入機会創出を実現し、 顧客コミュニケーションの長期化によるロイヤリティ向上が見込める。 一方でベクトルは、 買取チャネルにマガシークが加わることで、ファッション感度の高いマガシークユーザーから古着の買取を行うことができ、大幅な古着アイテムの買取点数向上が期待されているそうだ。リサイクル業界において、 初めての取り組みとなる本ビジネススキームの今後に注目したい。

 

 

■株式会社ベクトルについて

http://vectorcorp.co.jp/

「ゴミバコのないセカイへ」を企業理念とし、全国に94店舗展開するリサイクルショップ「ベクトル」とブランド古着通販サイトの運営。

 

■マガシーク株式会社について

http://www.magaseek.co.jp/

お客様の「明日が楽しくなる」サービスを目指し、 総合ファッションECサイトを運営。「あなただけのセレクトショップ」をコンセプトにした「MAGASEEK」、 国内最大級アウトレット通販サイト「OUTLET PEAK」、 NTTドコモと共同運営の「d fashion」と、運営するサイトが持つそれぞれの個性を活かしたサイト運営を行っている。

 

text:READY TO FASHION MAG編集部
ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする