リネットとベイクルーズが異業種でコラボ!〜ファッションも「体験」を売る時代への先駆けの第一歩を踏み出す〜

 


2016年12月1日〜25日にかけて、業界初のネット完結型宅配クリーニング リネットを運営する株式会社ホワイトプラスと、ファッションだけでなく、フード、家具・インテリア、フィットネスなどライフスタイルに関わる様々な事業を運営する株式会社ベイクルーズが、コラボレーションキャンペーン「LOVE MORE FASHION〜好きなファッションをもっと好きになろう〜」を実施し、2017年2月23日にそのキャンペーン結果の報告会*が行われた。

*キャンペーン結果の報告会では、ベイクルーズの取締役 森秀人氏と雑誌GINZAの編集長の中島敏子氏によるトークセッションも行われた。気になる対談の内容やイベントの様子は近日中に配信予定。

 

【キャンペーン概要/実績】

・店頭でのキャンペーン

「LOVE MORE FASHION CARE」
内容:期間中にベイクルーズの対象店舗やECにて、ニットもしくはアウターをお買い上げのお客様へリネットのケアチケットをプレゼントした。
実績:チケット配布枚数 22,735枚

 

・インスタグラムでのキャンペーン

「LOVE MORE FASHION SELECT」
内容:ベイクルーズ各ブランドが投稿したコーディネートに「いいね」を押してキャンペーンに参加。抽選で10名に1万円分のベイクルーズのショッピングチケットとリネットのケアチケット1,500円分をプレゼントした。
「LOVE MORE FASHION SNAP」
内容:LOVE MORE FASHIONをテーマに「#lovemorefashion」のハッシュタグをつけて投稿してキャンペーンに参加。優秀賞には10万円のショッピングチケットと1万円のケアチケットをプレゼントした。
実績:リーチ数 85万リーチ
   エンゲージメント 65,513件

 

今回のキャンペーンでは、「洋服を大切に着たい、そのための最適なケアをしたい」というお客様の潜在ニーズに応えることにより、売り上げにも貢献することができ、異業種のコラボレーションキャンペーンではあったが、成功を収めた。

 

【クリーニング業界の革命を起こしたリネットとは?】

リネットは、ネットで完結する新しいクリーニングサービスだ。インターネットで24時間いつでも予約が可能、日本全国集配してくれる。実店舗を持たず、インターネットで完結させることにより、店舗運営にかかるコストを宅配の利便性やクリーニング品質強化へと転換。インターネット時代の新しいクリーニングを目指している。

 

筆者もリネットのサービスを利用したことがある。インターネットで完結するクリーニングサービスは前例がなく、少々の不安があったが、クリーニングされた服が戻ってきたときに、その考えは180度覆された。受け取りの時間も指定できるなどの高い利便性はもちろんだが、なによりもクリーニングの仕上がりの良さが一番嬉しかったことを覚えている。また、清潔感のある箱で丁寧に返却され、顔を合わせずとも大切に扱ってくれたのだということが感じ取ることができた。

 

昨年末に行われた同キャンペーンは、「お気に入りの洋服を長く使ってほしい」という両社の思いによって実施されたものだが、実際に接客された人は店頭で気に入った洋服のアフターケアまで気にかけてもらえたら、よりいっそう大切にしようという気持ちも芽生えたのではないだろうか。

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする