流行とは対に置かれている民族衣装を現代的に表現する|立教大学服飾デザイン研究会(FDL)が7/15(日)にファッションショー「(   )ism 」を開催

立教大学を中心に総合大学生で構成されたファッションショーサークル「服飾デザイン研究会(fashion design lab.)」が2018年07月15日(日)にファッションショー「(   )ism 」を開催する。場所は、立教大学池袋キャンパス内ウィリアムズホールで行われる。

 

昨年開催のファッションショーの様子:
服飾学生じゃないから表現できる世界|服飾デザイン研究会(FDL)がファッションショー「馨(かおり)」を開催。

 

服飾デザイン研究会(FDL)とは

同サークルは、年に2回のファッションショーを開催しており、ショーには服飾学生を中心に東京コレクションで活躍されているデザイナーも来場する。服のデザイン、縫製、会場の演出、音楽、映像、渉外活動の全てを学生で行い、専門学生でもプロのデザイナーでもない学生が、「売るためではない服」をファッションショーで表現する。

また、その歴史は50年以上あり、KEISUKEYOSHIDAのデザイナー吉田圭佑などが在籍していたことで知られている。

 

【過去のショーの画像】

 

Fashion Showのテーマは「(   )ism 」

民族の一員である彼らが纏う衣服の色は
時に摩擦を起こしてはひとつとなり
歴史を繰り返すたびに変化し、時には消滅してきた。
流行とは対に置かれ、過去の遺産として捉えられた民族衣装。
最先端へと引き上げ、彼らが築いた衣服文化(色)を再確認する。

 

参加/予約はこちらから

▼Reservation :

【1st】open 14:00 / start 14:30 の予約

【2nd】open 16:00 / start 16:30 の予約

【3rd】open 18:00 / start 18:30 の予約

 

※予約する回によって予約ページが異なります。

※各回内容は同じものです。

 

 

服飾デザイン研究会は、テーマに基づき、服のデザインから制作、音響、映像、内装、演出、モデル管理など全て自分たちで手がけ、1つのファッションショーを創り出している。専門学生でも、ブランドのデザイナーでもない一般学生たちの個性がアウトプットされた作品は、センセーショナルに見た人の感情に訴えかけるものがあるだろう。

「”売るための服”ではなく”考えを表現するための服” 」

売ることを前提としていない作品を学生のみならず多くの人にぜひ見ていただきたい。

 

 

開催概要:

▼Date : 2018.07.15 Sunday.

 

▼Time :

【1st】open 14:00 / start 14:30

【2nd】open 16:00 / start 16:30

【3rd】open 18:00 / start 18:30

 

▼Place :

@立教大学池袋キャンパス ウィリアムズホール

東京都豊島区西池袋3-34-1

 

▼access:

JR各線・東武東上線・西武池袋線・東京メトロ丸ノ内線/有楽町線/副都心線「池袋駅」下車。西口より徒歩約7分。

 

*ENTER FREE
*完全予約制

 

HP:http://fdl.xsrv.jp
Twitter @FDL_fashionshow
Instagram @rikkyounv.fdl

 

Text :  (READY TO FASHION MAG 編集部)

 

 

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする