女子だけだから創れるファッションショー。東京家政大学EVE『虜 TORIKO』が10月28、29日に開催

2017年10月28日(土)、29日(日)に東京家政大学のファッションサークル「EVE 2017」が、ファッションショー「虜 TORIKO」を同大学の学園祭「緑苑祭」にて開催する。

 

EVEとは

2003年に発足した、毎年東京家政大学の学園祭、緑苑祭にてファッションショーを開催する学生有志団体である。日頃の学修で身につけた技術や、学生らしい創造力を披露する場となっている。服飾美術学科からのバックアップも受けて行われている。メンバーは在学中の1~3年生の学生のみ。デザイナー、縫製、演出、モデル等、役職は全て在学生で構成され、今年度は294名が所属。

関連記事:【REPORT】東京家政大学EVE2016「纏ふ~matou~」全5セクションのルックを公開!

 

 

ファッションショーのテーマは『虜 TORIKO』

今年度のショーのテーマは「虜」。「心を奪われ離れられなくなる思い」という感情に着目し、その要素を6つの異なるセクションで展開。テーマを衣服で表現することで、観に来る人のそれぞれの生活の中で、自分にとって大切なものは何か、心を奪われるものは何かを思い起こしてもらいたい。
また、女子大生の視点から見える『虜』とはどのようなものなのか。服のそれぞれのテーマとともに服飾を学ぶ学生の手の込んだ服にも注目だ。

 

ファッションショーのロゴについて

 

本来「虜」という漢字の「男」の部分は腕を表現する象形文字が当てはめられていたという説がある。ショーのキャッチフレーズである「沢山のものを手に入れても、また虜になる」と言うことと、「心を奪われたものを力尽くで奪う」という本来の意味を掛け合わせ、この漢字に変化している。

「女性にとっての『虜』とはどういうものなのか。女性らしい感性と細かいところまでこだわっている服を見て感じてもらい、服の虜になってもらいたいと思う。」と同団のメンバーは語った。

 

【開催概要】

日にち:10月28日(土)、10月29日(日)
1st   11:15-11:45  (開場11:00)
2nd  13:45-14:15(開場13:00)
3rd   15:00-15:30(開場14:45)
※当日各公演の1時間前に整理券を配布します。
Twitter:  twitter.com/TKU_EVE
Instagram: instagram.com/tku_eve/
Access:東京家政大学 120周年記念館1階多目的ホール

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする