【Report】青山服飾愛好会が団体初となるファッションショーを開催!テーマは”Gender-less”

2018年11月3日(火)、青山学院大学の学生を中心に構成されている学生団体、青山服飾愛好会が青山学院大学の一室にて”Gender-less”をテーマにファッションショーを開催した。

本記事では、ショーの様子やルックをピックアップして紹介する。

 

【期間限定キャンペーン】

若者からもっとファッションを楽しむ、『READY TO FASHIONABLE 002』開始!最高10万円の手当てキャンペーンなど

 


 

【ファッションショーのテーマは”Gender-less”】

私たちが身に纏っている洋服は

時に批判され、時に罵声を浴びてきた

社会的差別をものともせず

男らしさ女らしさより

自分らしさを貫いてきた

自分たちの心を尊重し

性差に遮られず利己主義を表現した

ファッションを追求する。

(以上、青山服飾愛好会より)

 

 

以下、ショーの様子とルック


今回が彼らの団体が創立して初めてのファッションショーだった。

メンズは、シャツのボタンを開けて肌の露出が多いルックが多く、反対に女性は露出の少ないルックが多く、テーマである”Gender-less”を感じさせるものだった。

まだ第1回目のショーということで、これからの彼らの飛躍に期待したい。

次のショーが今回のショーを経て、どのような進化を遂げるのか、楽しみだ。

 

 

text:タナムラリュウスケREADY TO FASHION MAG 編集部)

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする