【アパレル業界職種ガイド】販売員(ショップスタッフ)のお仕事

アパレル業界職種ガイド

販売員(ショップスタッフ)は店頭に立ち商品を販売する人のこと。ただ売るのではなくブランドのコンセプトやイメージをお客様に伝える役割を担う大切な職種です。

店頭でお洒落な服を着て、笑顔で接客する華やかな姿が印象的ですが、売上や商品の管理など、表からでは見えない体力を使う仕事もたくさんあります。

今回はそんな販売員(ショップスタッフ)について解説していきます。

販売員(ショップスタッフ)とは?

店頭に並ぶ商品はマーチャンダイザー(MD)、デザイナー、パタンナープロダクトマネージャー(生産管理)など、たくさんの人が関わり作り上げた大切はものです。

その商品をブランドやショップの顔としてお客様に販売するのが販売員(ショップスタッフ)の仕事です。

ただ販売するだけでなく、自分が広告塔になりお客様にブランドイメージを伝え、ファンを増やしていくことが大切なため、「この人から服を買いたい」と思ってもらえるような、自分自身のブランディングも怠ることができません。

店舗を運営するためには商品を販売する以外にも、在庫の管理や売り場作り、顧客管理などたくさんの仕事があります。

接客力はもちろん、一日を通しての立ち仕事やバックヤード(商品の在庫などを管理するスペース)での仕事は、想像以上に体を使うため、ある程度の体力も必要です。

販売員(ショップスタッフ)の仕事内容

仕事

私たちがイメージする販売員(ショップスタッフ)の姿は流行でお洒落な服を来て接客、販売する華やかな姿ですが、この仕事は全体の中のほんの一部にしか過ぎません。

バックヤードで在庫を整理、管理したり、来客促進のためにブランドや店舗について発信したりする他の仕事もたくさんあります。

店長、副店長になれば店舗全体の考えた管理業務の割合も増え、スタッフの教育などの仕事も大切な仕事です。

接客

店舗に来てくださったお客様が気持ちよく買い物できるよう、必要なときに笑顔で、自然に声を掛けます。
試着したい人は試着室に案内し、コーディネート提案が必要な人には今季のトレンドを伝えながらコーディネートを紹介します。
お店に来る人が何を必要としているか観察し、それに見合った接客をすることが大切です。
それ以外にもレジ打ちや電話対応も接客に含まれます。

商品管理

店舗に商品が届き、店頭に並べるまでの一連の仕事を指します。
新しく届いた商品は検品したあと、店舗の在庫になります。
在庫は数を把握し、バックヤードに整理して保管します。
この在庫の管理は商品管理とは別で「在庫管理」と言うこともあります。
店頭で商品が売れれば、バックヤードの在庫を店頭に品出しします。
接客に次ぐ販売員(ショップスタッフ)の大切な仕事です。

【関連する職種】
店長

店舗運営・管理

お店に来る人が入りやすい店舗を作るための仕事です。
清掃をしたり、商品にホコリがかかっていないか確認したり、商品をきれいに畳んで陳列し直したりと、常に店舗の清潔感を保ちます。
マーチャンダイザー(MD)が決めた販売計画をもとに、VMD(ヴィジュアルマーチャンダイザー)と連携して、商品が見やすくて手に取りやすい店舗を作ります。
商品のディスプレイや陳列を考え仕事もこれに含まれます。
商品ディスプレイは売上に直結することも多い大切な仕事です。

【関連する職種】
店長
マーチャンダイザー(MD)
VMD

顧客管理・来店促進

SNSで新作入荷やセールの情報を不特定多数の人へ発信して、新しく来てくれる人を増やしたり、メンバー登録やSNSのフォロワーなどで既にブランドを認知している人に向けて再来店を促す仕事です。
再来店してくれるようになれば、その後は顧客になってくれる可能性も高くなるので、こちらも手を抜いてはいけない大切な仕事です。

【関連する職種】
・プレス(PR)

販売員(ショップスタッフ)に求められるスキル・素質

仕事

仕事の範囲が広い販売員(ショップスタッフ)ですが、具体的にはどのようなスキルや素質が必要なのでしょうか?

具体的に紹介していきます。

コミュニケーション能力

一番大切なスキル・素質です。接客では初対面の人にお金を出して商品を購入してもらいます。このときに笑顔で応対する物怖じすることないコミュニケーション能力が必要です。
1つの店舗には販売員(ショップスタッフ)が複数人在籍することが多いため、他の販売員(ショップスタッフ)とのコミュニケーションも必要になります。

洞察力・観察力

例えば、買いたい商品が決まっている人に新商品をおすすめしても、その人は簡単に購入してはくれません。
何か探しているということを察知して、「何かお探しですか?」と声を掛けることが大切です。
お店に来てくれた人が何を求めているか、会話を通して引き出していきます。
そしてその答えにあった情報を提供する必要があります。
店舗に来る人はそれぞれ、目的や理由があります。それを引き出すことのできる洞察力はお店に来てくれた人の満足度を高くし、再来店の機会を作ります。
「空気を読む力」とも言い換えることができます。

自己プロデュース力

お金を出して商品を買うとき、キラキラ輝いているように見える人と、ただ無表情で店舗に立っている人、どちらの人から商品を買いたいでしょうか?
大抵の人が前者を選ぶと思います。販売員(ショップスタッフ)はブランドの顔であるため、「この人から服を買いたい」「この人のコーディネート素敵!」と思ってもらえるような、自己プロデュース能力が必要です。
流行を敏感に察知し、自分に合った服とトレンドを取り入れた着こなしができるファッションセンスも販売員(ショップスタッフ)のスキルに含まれます。

ファッションを好きな気持ち

販売員(ショップスタッフ)に必要なスキルをいくつか上げましたが、どれも絶対に必要なものではありません。働くうちに十分に培っていくことができます。
ですがファッションや洋服が好きな気持ちはファッションの良さを伝えて洋服を販売する上で最も大切です。
そして絶対に必要で働きながら身につけることも難しいでしょう。

販売員(ショップスタッフ)になるために必要/有利な資格

資格

販売員(ショップスタッフ)になるために必須の資格などはありませんが、取得していると有利な資格はあるので紹介します。

下記の資格は、就職活動の際にもちろん効果的ですが、なにより取得するまでのプロセスで得る知識などは実務において役に立ちます。

ファッション販売能力検定

ファッションに特化した資格試験を主催する「日本ファッション教育振興協会」の資格です。
1級〜3級の筆記試験からなり、一番難しい1級では服飾専門過程を2年修了し、3年ほど実務経験を積んだレベルになっています。
必須資格ではありませんが、販売員(ショップスタッフ)の中で一番スタンダードな資格です。

【応募サイト】
ファッション販売能力検定

販売士検定

日本商工会議所が主催している検定で、衣料品に関わらず商品を販売する人が持っていると有利な資格です。
1級〜3級の3種類があり複数科目の筆記試験から成ります。
1級ではマーチャンダイジングやマーケティングの科目もあり、店長クラスの知識を必要とします。
必須科目ではありませんが、持っていると有利な資格です。

【応募サイト】
販売士検定

販売員(ショップスタッフ)になるためのキャリアプラン

採用条件

販売員(ショップスタッフ)は未経験でも採用してもらえる会社はたくさんありますので、自分の熱意や意気込みを伝えることができれば採用してもらえる可能性が高いです。

一度働き始めた会社で販売員(ショップスタッフ)を続けると、副店長や店長、エリアマネージャーなどの道も開けます。

人気のブランドやハイブランドの販売員(ショップスタッフ)になりたい場合は未経験での採用率は低く、服飾系専門学校でファッション販売に精通する学科を卒業していたり、他ブランドや店舗での数年間の販売員(ショップスタッフ)の実務経験があると採用されやすい傾向にあります。

現在販売員(ショップスタッフ)を募集中の企業

販売員(ショップスタッフ)は努力した分だけ自分自身が成長できる職種です。

READY TO FASHIONでは、販売員(ショップスタッフ)の職種も募集しています。興味のある方はエントリーしてみてください。


READY TO FASHIONでは
ファッション・アパレル業界の販売員(ショップスタッフ)の求人を多数掲載中

求人を見る


【参考文献】
「ファッション辞典(第4版)」(大沼淳、萩村昭典、深井晃子 監修、文化出版局、1999)
「増補新版 図解服飾用語辞典」(杉野芳子 編著、ブティック社、2003)
「1秒でわかる!アパレル業界ハンドブック」(佐山周、大枝一郎、東洋経済新報社、2011)
「ファッション業界大研究[第2版]」(ファッション&ソフトマーケティング研究会 編著、産学社、2019)
「ファッション業界大研究【改訂版】」(オフィスウーノ 編、産学社、2008)
「アパレル素材企画 プロフェッショナルガイド」(野末和志、繊研新聞社、2019)
「役に立つアパレル業界の教科書」(久保茂樹、文芸社、2016)

text: READY TO FASHION MAG 編集部

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする