【Report】レザーの新たな可能性を提示|第97 回東京レザーフェア

⽇本全国の⽪⾰関連企業57 社で構成する協同組合資材連(所在地:東京都台東区、理事⻑:富⽥常⼀)が、⽇本最⼤級の⾰と⽪⾰関連資材のトレードショー「第97 回東京レザーフェア2018-19 A/W Collection 」(以下略:TLF)を2017 年 12 ⽉6⽇(⽔)・7⽇(⽊)の2日間、開催した。

関連記事:「第97回東京レザーフェア」ジェンファン⽒とコラボで、レザーファッションショー&トークショー開催

本記事では、「Jenny Fax(ジェニーファックス)」の⼈気デザイナー、シュエ ジェン ファン⽒によるレザーを使ったオリジナルファッションショーと、トークショーの様子をお届けする。

 

【東京レザーフェアとは】
⽪⾰の需要の拡⼤及び業界の発展を⽬的に「⽪⾰製品素材である⾰及び関連副資材」が秘める可能性や魅⼒を発信する⽇本最⼤のトレードショーとして、毎年2回開催している。

 

第97回東京レザーフェアオリジナルファッションショー

 

今回のファッションショーでは、ジェニーファックスの得意とする「かわいい」を武器に、花柄やパステルカラーなどを使用し明るくポップな世界観を表現。トークショーでは制作をサポートした3企業も「新しい試み」だったとこの数ヶ月を振り返った。

 

ジェンファン氏は、自身のショーを終え、「レザーは縫製が難しく苦労した部分もあったが、ハンドメイドならではの素材の暖かさを表現できた。」と語った。

 

また、トークショーゲストの株式会社READY TO FASHION 取締役/石川義朗より「このプロジェクトをきっかけに若者がレザーの良さを体験する機会を創造し、就職先として皮革関連産業を選択肢に入れてもらいたい。」と若者にメッセージを発信。トークショー最後には、ジェンファン氏からは「自分をきっかけに多くのデザイナーがクリエーションにレザーを取り入れてくれることを願っている。」とレザーの可能性を示した。

 

ものづくり関する求人記事はこちら:
デザイナーアシスタント、生産管理募集|ノーノーイエス株式会社
勤務地は姫路城?!一枚の革を縫わずに折って仕立てたサイフ「所作」の制作|ノーノーイエス株式会社
レディースアパレルブランドtactor インターン募集|MoN design

 

Text:READY TO FASHION MAG編集部

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする