【上半期まとめ①】編集部がオススメしたい!渾身のファッションニュース7選

 

2017年も気づけばあっという間に、折り返し地点。本連載では、2017年前半(1-6月)にREADY TO FASHION MAGにて、紹介したニュースや記事の中から、おすすめをピックアップしてお届けします!

3つの構成でお届けする【上半期まとめ】第1弾は、「編集部がオススメしたい!渾身のファッションニュース7選」。各ニュースの導入を以下にまとめて紹介!

 

関連記事:
【上半期まとめ②】他にないオリジナルコンテンツ!連載記事7選
【上半期まとめ③】ファッションサークルや学生の記事7選

 

【PICK UP ①】

ファッション×テクノロジーの学校『Tokyo Fashion-technology Lab(TFL)』 が2017年4月原宿にて開校

まず初めは、こちら!ファッションテックの専門スクール「Tokyo Fashion-technology Lab(TFL)」が2017年、4月に開校したニュース。専門学校では初の試みとなる、「ファッション」と「テクノロジー」を同時に学べるプログラムになっており、今後のファッション業界を支える、ギークの輩出に期待だ。

 

 

【PICK UP ②】

東コレ17A/W、参加51ブランドが公開!HAREやハイクなど17ブランドが初参加|AmazonFWT

ファッション業界のニュースで外せないのが、「Amazon Fashion Week TOKYO 2017 A/W」だ。”英語ばかりでなんだこれ!”という方は是非チェックして頂きたい。国内最大のファッションの見本市のようなもので、最新のファッションがランウェイなどを通じて発表されるイベント。年に2回開催され、次回は2017年10月16日(月)~10月22日(日)の会期を予定している。

 

 

【PICK UP ③】

【REPORT】FRAY I.D(フレイアイディー)が提案するコンシューマー参加型ファッションショーって?

3つ目はこれ!マッシュHDが展開するブランド『FRAY I.D』が「Amazon Fashion Week TOKYO 2017 A/W」にて行ったランウェイショー。”SEE NOW BUY NOW“や、”コンシューマー参加型”など、既存のやり方を踏襲せず、新たな方法を探るべく行われた実験的な試みとなったのではないか。ファッションビジネスに興味のある方は要チェックだ!

 

 

【PICK UP ④】

【ファッション業界を目指す若者に向けて】業界人が見ているレポートを分かりやすく解説。数字から業界の未来を照らす。

続いてはこちら。「アパレル産業の未来 -国内アパレル企業の課題と進むべき道-」というタイトルのレポートが、ファッション業界の間に出回った。そんな業界に踏み込んだ内容を、若者が読んでも分かりやすいように噛み砕いて紹介!

 

 

【PICK UP ⑤】

【新卒・就職info】「ファッション業界と繋がる仕事紹介:2018卒企業のランキングTOP100より」

2018卒企業のランキングTOP100より、ファッションに関わる企業/仕事を紹介!ファッションといっても、具体的にどんな仕事があるのだろう。。。という方はこの記事をチェック!

 

 

【PICK UP ⑥】

胸の大きい女性に特化したブランドの戦略から、ファッション業界で必要なことを考える。

こちらは、上半期で最も閲覧された記事。一見、単純に見える「胸が大きい人向け」という内容から、その裏側にある緻密な戦略を分析。ここから見えてきたのは、ファッション業界で必要なスキルは、センスやおしゃれ以外にあるということ。

 

 

【PICK UP ⑦】

【まとめ】過去、現在そして未来まで、ファッション業界と繋がる”本”おすすめ10選

上半期、編集部渾身の是非読んでもらいたい記事まとめの最後に紹介するのは、ファッション業界と繋がる”本”まとめ!まとめの中の、まとめとなりましたが、紹介したい数十冊の候補の中から、特にオススメの本を選別しています!今年の夏に、読破してみては?

 

Text:READY TO FASHION MAG 編集部
ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする