ファッション団体代表インタビュー【vol.1 慶應義塾大学 Keio Fashion Creator】

「ファッション」を取り扱うサークルや学生団体が20団体所属している「fashion community1.0」(以下略、fc)の、関東で活動する各団体の代表にインタビューする本企画。

第1回は、慶應義塾大学を拠点に活動する「Keio Fahion Creator」(以下略、KFC)の代表を務める源川さんに、fcの活動や様子について伺った。

Keio Fashion Creator
2002年設立の学生服飾団体。ファッション専門学校ESMOD JAPONと提携して服作りを行う。毎年12月に開催されるショーには、毎年500名を超える観客が来場する。


ーfcの存在については入学前から知っていましたか?

大学に入学する時期に、友達とファッションサークルを探していたので、そこで見つけて知りました。

ー現在、fcに入って活動してきて、メンバーの印象はどうですか?

それぞれ大学や専門学校などで異なる分野を学びながらも、『服が好き』という共通の土台があります。服に対する想いを熱く語る人や服マニアでコレクションしている人など、それぞれ向き合い方が違いますが、とにかくみんな個性が強くて、面白い人たちの集まりですね。

ー源川さんがKFCに入ったきっかけは何ですか?

私は、大学でファッションとは全く異なる分野を学んでいて、だからこそ、サークルは自分の好きなことをやろうと思っていました。もともと、高校の頃からファッションショーをする部活に入っていたので、入学前から、ファッション団体を探していました。

ー普段は、どんな格好で通学していますか?

通学時間が長いので正直、動きやすさを重視することが多いです。でも、服は季節の色をイメージして選んでいます。季節にあった色の服を着ると、なんとなく心地よく感じるんです。

ー最後に、サークルで悩んでいる新入生にメッセージを!

KFCに集まる人は、本当に多様です。それぞれ服への価値観も異なりますし、空気感も違います。一度その違いを体感するだけでも、面白いと思うので、ぜひ遊びにきてください!大学生は、出会いが沢山あります。良い友人に出会い、有意義な時間を過ごすことを大切にしてください!

 

現在、KFCでは、新規メンバーを募集中!

入会エントリーはこちらから:https://www.readytofashion.jp/articles/recruitments/1858300108


text : fashion community1.0編集部

 

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする