【レポート】トゥモローランド内定者の入社理由と、先輩社員の自由なキャリアの切り開き方

トゥモローランド内定者の入社理由と、先輩社員の自由なキャリアの切り開き方

自ら挑戦していける環境があるという「トゥモローランド」。
2019年9月4日に開催された「READY TO FASHION OFFLINE」では「メディア部(販売促進)の仕事について、内定者と聞く!」をテーマに、メディア部の先輩社員と内定者2名が登壇。
トゥモローランドでのキャリアアップの方法や制度、魅力についてお話いただいた。
(2019年9月4日にREADY TO FASHHIONが主催したREADY TO FASHIONの内容を編集・要約した上で構成しています)


パネルディスカッション登壇企業・登壇者

株式会社トゥモローランド
西井 寛子 様 メディア部(販売促進)
龍崎 皓誉 様 新卒採用内定者
伊藤 桃香 様 新卒採用内定者


入社を決めた理由「人がすごくいいな、と思って。」

司会
まずは内定者の2人に就活についての話を聞いていきたいと思います。いろいろな企業がある中で、どうしてトゥモローランドを選んだのですか?

龍崎
僕が入社を決めた理由の1つは「人」。やっぱりそれが大きかったです。
去年の9月ごろから「ゴールデングース」というブランドでアルバイトをしていたのですが、それが初めてのアパレルのアルバイトで。
何をするにも緊張してしまって、計算機を持つ手も震えていました。不安に思っていたんですけど、変なプライドがあって先輩社員にも言えなくて、1人で悩んでいる状態でした。
そしたら先輩社員がその気持ちを汲み取ってくれて、「少しでも不安に思っていたら言ってね」、「不安に思うってことはそれだけ真面目に考えてくれている証拠だから、別に悪いことじゃないからね」と伝えてくれて。
それを聞いてすごく安心しました。
また、他店舗の方と交流する機会があって、その時も同じように声をかけてくれて。
この会社の人たちって、お客様だけでなく、スタッフにも優しい声をかけてくれるんだなと感じました。
そんな先輩たちのようになりたい、そう思って入社を決めました。

トゥモローランド内定者の入社理由と、先輩社員の自由なキャリアの切り開き方

伊藤
私もすごく人がいいなと思って。
正直、最後の最後まで入社を迷っていました。
正式に決めるまでに懇親会や面談に参加して、入社すること自体というより、社会人になることに対する不安や悩みがあったのですが、それを全て聞き入れてくださって、私の人生について真剣に考えてくださる、私の意見を尊重してくださる、そんな姿勢にすごく感動しました。
それから、学生の私からするちトゥモローランドは大人なイメージがして、今まで洋服を買ったことがなかったんです。
でも、今好きな服のジャンルを突き詰めるのも良いけれど、もっといろんな世界を見てみたいなと。
選考を受けに来る子達も本当におしゃれな人が多くて、ここにいたらもっと自分を高められるんじゃないかな、そう思って入社を決めました。

司会
私も、実は学生の時にトゥモローランドのお店に行ったことがなくて、自分より大人なテイストのものが多いなと感じていたのですが、
逆に言うと大人になっても長く着られるし、自分がお洋服に合わせて大人になることもステップアップすることもできるなと。
同じように考えている方はたくさんいらっしゃいますし、今の服のテイストと合うかなと心配されている方は、安心してください。

入社4年目、念願叶って販売促進部に

司会
それでは西井さんのお話を聞いていきたいと思います。入社5年目ということですが、今までの経歴からお願いします。

トゥモローランド内定者の入社理由と、先輩社員の自由なキャリアの切り開き方

西井
私は関西の方で選考を受けたので、最初はトゥモローランド京都店という路面店に配属となりました。
4年間そこで働き、昨年4月、念願叶ってメディア部に移動となりました。
上京してからは、1年間トゥモローランドルミネの店舗とメディア部を兼任し、おととい店舗を卒業して完全に本社へ異動となりました。

販売促進については、ざっくりとしたイメージを持たれている方が多いと思います。
私も、初めは具体的に何をやっているか分からず、ただ販促の仕事ってかっこよさそうと思っていて(笑)。
元々SNSが好きで、発信することに興味はあったのですが、働き始めてからトゥモローランドの魅力を伝えていきたいと思い、より販促に興味を持つようになりました。

具体的な仕事内容としては、トゥモローランドの販売促進はプレス部とメディア部に分かれており、プレス部は雑誌とのタイアップや衣装の貸し出し、メディア部はSNSやHP、雑誌などの制作を行っています。
私は、店舗で働いていた時から、ショップブログを書かせていただいたり、SNSを担当させていただいたりしていたのですが、そういったようなお客様に店舗へ足を運んでもらうための工夫と一緒です。
今は、販促物を店舗の方と決めたり、バイヤーやマーチャンダイジングの方と決めていったりとか、そういうことをしています。
トゥモローランドの販促の特徴として感じるのは、自社が出すものに対して全部自分たちでブランディングができることです。お店の前で流れている映像、あれをサイネージと呼ぶのですが、そういったサイネージも自社で作っているんです。

司会
ありがとうございます。今お話にもありましたけれど、販売促進の仕事の根本的なところはショップスタッフと一緒です。
販売促進は、商品をいろんなお客様に見ていただくための手法を考えていく部署ですが、その目的が「お客様のため」という点で変わりありません。

トゥモローランド内定者の入社理由と、先輩社員の自由なキャリアの切り開き方

店舗と販促、どちらの仕事も「お客様のため」

司会
それでは、今回のテーマは「メディア部(販売促進)の仕事について、内定者と聞く!」ということなので、次は、内定者の2人に疑問に思っている点を聞いてもらいたいと思います。

龍崎
はい。結構販売の業務も長くされていたかと思うのですが、販売と本社の業務を兼任して、大変だったことと良かったことは何ですか?

西井
大変だったことは、単純にキャパオーバーになりそうということでしたね。
本社と店舗、どっちもやっていると、業務量が多くてそれを整理する時間がなくて。
最初、本社の業務を覚えなきゃいけないうちは、本社と店舗の切り替えが難しいと感じることが多かったです。
お客様に接している仕事と、店舗に対してのバックアップを行う仕事、そのギャップが大きくて。
それで、最初は悩んでいたのですが、結局PRの仕事もその先にお客様がいるということに気づいてからは、店舗やお客様のことを考えながら仕事ができるようになりました。

販促の仕事をするとセンスが磨かれる?

西井
良かったことは、今まで知らなかったことを知れるということです。
私は、元々ポスターやDMを自分で作るスキルを持っていたわけではなくて、字体の名前も明朝体しか分かりませんでした(笑)。
そこから、どんなバランスにすれば良く見えるか、どんなデザインにすればお客様が喜んでくれるか、そういった仕事をするようになって、どんどんセンスが磨かれている気がしています(笑)。

司会
トゥモローランドでは、元々専門知識がないとそういう仕事に携われないということは全くなくて、専門的なことはプロの方に依頼をするので、私たちはディレクションをやっていくという形になります。
突き詰めていくうちに、この紙質がいいとか、この字体がいいとか、マニアックになっていくのですが、それもやりがいの1つと言えるのではないでしょうか?

西井
そうですね。この紙が可愛いとか、お洋服を選ぶようにコーディネートしています。ファッションが好きな人は、楽しい思う仕事だと思います。

トゥモローランド内定者の入社理由と、先輩社員の自由なキャリアの切り開き方

自分自身で道を切り開いていく、自由なキャリア制度が魅力

司会
それでは次の質問に参りましょう。

伊藤
はい。販売促進は人気の仕事だと思うのですが、実際に、どんな場面で、どんなアピールをしていましたか?

西井
トゥモローランドの場合は、何年目になったらこれに応募できるとか、そういうルールがないんです。
なので、私は新卒の時から「販売促進に興味があります」と伝えていました。
あと、本社の方が店舗に来るたびに「販促やりたいんですけど誰にいったらいいんですかね」と聞いたり、店長との面談でも、「将来は販促に行きたいです」とお話ししました。そうすると、店長や教育係の人が、京都店でできることをやってレベルアップしていこうと考えてくれて、京都店のブログやSNSを任せてもらうことになりました。
そういった店舗の販促を行なって、その実績を本社の方に伝えて、自分のPRをしていました(笑)。

司会
本社のメンバーはエリアに関係なく、よく店舗を巡回しています。本社の人と関係が近いから、そういうところで希望を伝えていくことがキャリアにつながる可能性があります。
キャリア制度でいうと、「トゥモローランド」には何年目にこの仕事、という制度がありません。なので、ご自身次第で色々なことができる環境となっています。
また、年に2回、全社員に対してチャレンジしたいことや興味のあることをヒアリングする制度も用意されていて。自分から伝えに行けなくても、そういった機会に伝えることもできますし、話を聞いて私たちから声をかけることもあります。

アパレル系の仕事をしたい方って、表現することが好きな場合が多いのではないでしょうか。
なので、自分自身がしたいことを自ら切り開いていく、そういうことがしたい方には、やりがいのある会社なのではないかと思います。


株式会社トゥモローランド

”すべてはお客さまのために”をコンセプトに、セレクトショップ「TOMORROWLAND」「SUPER A MARKET」「Edition」「CABaN」などを展開。
また、「DRIES VAN NOTEN」「ACNE」など世界中で活躍するデザイナーとパートナーシップを組み、ベーシックで洗練されたファッションを日本へ発信している

株式会社トゥモローランドの募集情報(求人・イベント情報)はREADY TO FASHIONでもご覧いただけます。
株式会社トゥモローランドの募集情報

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする